teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


椎の実会 平成30年2月例会のご案内

 投稿者:伽藍 章高  投稿日:2018年 1月18日(木)20時28分34秒
返信・引用
  平成30年2月例会を下記により開催しますので、お知らせします。
         記
 日時:平成30年2月15日(木)  午後12時30分  受付開始
                    午後  1時~5時   自由対局

  場所:三田キャンパス 南校舎3階「萬来舎」 個室
 会費:1,200円 コーヒー・紅茶ケーキ付、又はビ-ル・つまみ付き
懇親会:午後5時~7時 サロンで懇親会 参加任意 飲食代一人2,500円位
    午後7時~9時 ラウンジで更なる自由対局も可
参加を希望される方は、会場準備の都合上1月8日までに、このメ―ルに
返信して頂くか、以下にご連絡下さい。
石橋健正   Tel:03-3412-3290   E-mail: kensei-i@m07.itscom.net
なお、3月以降は、3月17日(土)、4月10日(火)の開催となります。
                                                        以上
 
 

第23回椎の実会例会のご報告

 投稿者:石橋健正  投稿日:2018年 1月17日(水)22時09分8秒
返信・引用
  強い寒気が一転緩む青天のもと、去る16日(火)の例会には総勢33名(山下会長、加藤事務局長、大山会友の臨席、2名の新会員を含む)の仲間が三田の萬来舎に集い、新年を寿ぎ、手談を楽しみました。藤森会長のご挨拶に続き、大山会友より3月17日(土)延世大学との交流戦およびパーティー、2月10日(土)岩田(紗絵加)さんのプロ祝賀会のご案内がありました。どうぞ奮ってご参加ください。またどんぐり会との交流会を延世大学との交流戦と同日、同会場(一角をお借りする)で、とする案が浮上し検討に入りました(決まり次第別途ご案内いたします)。
さて、丸2年の節目に当たり、発起人として常に会を支えて下さる氣賀康夫さん(60年経卒)にご登場願います。氣賀という姓はかなり珍しく、印象に残りますが(由来は浜名湖畔の氣賀村とか。今は市に吸収されて無い)、我々の世代では氣賀健三先生(経済学部名誉教授。経済政策専攻)を連想する向きも多いのではないか。健三先生は紛れもなく叔父にあたる。氣賀さんを語るに3つの顔ありですね。1つは塾の囲碁界における顔。2008年囲碁三田会を立ち上げた功労者の1人。地域的、横断的な愛好者の輪が着々と広がっている。今一つは囲碁界で知られる「理論の氣賀」。井口貝石(囲碁を分解)のペンネームで数々の論文を発表、好評を博した。代表作は「ゼロの発見」、「正しい寄せの計算法」。興味のある方はどうぞ直接氣賀さんにお尋ねください。
3つ目はマジシャン。慶応高校時代から始めた腕前はプロ級と専らの噂。東京アマチュアマジシャンズクラブの会長を務める。目下の関心事はAIの進化。「囲碁との関連で云うと、人間の研究とAIの研究が互いに補い合って棋理の探究に貢献する時代になったと思います。AIの棋力向上はとてつもない速さですが、AIの研究をすることにより、人間の棋力は確実に向上していくものと思います。ゲームの理論上では必勝法(あらゆる局面における最善手)は必ず存在します。ただ複数存在する必勝法の組み合わせは気の遠くなるようなボリュームであり、AIといえどもいつたどり着くのか予想できません。仮に必勝法が発見されると、勝負結果は常に黒X(整数)目の勝ちとなります」と明快に語られる。昨年亡くなられた杉内(雅男)九段が生前のインタビューに答えて曰く「AIは予想もつかない手を打ち、研究に値します。しかしAIと打ちたいとは思いません。やはり人間同士の手談に限ります」と。杉内先生に倣い、今年も大いに手談を楽しもうではありませんか。

今後の例会のスケジュールは2月15日(木)、3月17日(土)(当初の13日を変更。どんぐり会との交流会を予定。別途参加を募ります)、4月10日(火)となっております。よろしくお繰り合わせのほどお願い申し上げます。
 

どんぐり会1月例会報告

 投稿者:春原聰博  投稿日:2018年 1月15日(月)20時59分34秒
返信・引用
  成人式は1月15日と思っているある世代以上の人間にとってはまことに

違和感があることながら、ハッピーマンデー制度導入により、成人式は1月

の第二月曜日になってしまった。そのおかげで、今年の成人式は1月8日。

翌1月9日の東京は暖かい日差しが差し込み、慶応大学の三田キャンパス

の明るい学生の行き来を目にするとこの中に、昨日成人式を迎えた生徒もいる

のだと思いながら、平成30年最初のどんぐり会例会の「萬來舎」に向かう。

 到着順に対局が始まり、出席予定者がほぼそろったところで、向原会長から

新年のご挨拶。続いて氣賀さんから本日の来客、囲碁三田会の加藤さん、大山

さん、小泉さんが紹介される。以下は大山さんからのご説明。

 毎年実施されている慶応大学と韓国延世大学の囲碁交流戦、今年の第11回

大会は慶應がホスト校として3月17日(土)に開催される。会場は三田キャン

パス東館8階の『シンポジウムスペース』(本会場は、評議員会等の開催場所

で、通常は入室不可)。時間は10時から午前1局、午後2局の対戦。17時よ

り立食パーティ。19時閉会予定。参加費:10,000円(昼食無し 9,000円)

観戦及びパーティへの出席をお願いしたい。どんぐり会のメンバーの皆さん

はおいでいただくと、観戦のほか脇のスペースで仲間内の対局もできる。

このお誘いとお願いは来週開催される椎の実会でもお話する予定。

 このご提案を受け、向原、伊澤、春原、宮地のどんぐり会幹事及び氣賀さん

が検討した結果、下記の案を出席の皆さんにご提示した。

どんぐり会と椎の実会はかねてから交流の機会を持ちたいと思っていたところ

であり、ちょうどよい機会なので3月の例会は3月17日とし、1時集合の場合

は椎の実会のメンバーとの交流対局を行う。延世大学・慶応大学交流戦立食パーティ

出席の場合は、会費10,000円。出席しない場合は、通常の会費同様1,200円。

 本案は1月16日の椎の実会での検討結果により正式に決定することとなった。

どんぐり会対局は23名で繰り広げられた。和やかな雰囲気は女性参加者が5人も

おられることの影響もおおきい。

 懇親会では筆者が正月早々の失敗談を披露したせいか、皆さんがお帰りになった

のち、氣賀さんが筆者に特別指導対局をしてくださった。置き碁の秘策を授かった

のだが、きちんと覚えていて実戦に使えるか自信がないのがお恥ずかしい。

 2月の例会は2月5日(月)です。

 

正常に戻りました

 投稿者:成島 眞  投稿日:2017年12月30日(土)22時44分33秒
返信・引用
  ありがとうございました  

ingoの盤が全て異常 ご指導を

 投稿者:成島 眞  投稿日:2017年12月30日(土)21時26分27秒
返信・引用
  帰宅して 開いたところ対局10局 すべて変な黒1目だけ打たれた状態で 起動せず 困っています
 どなたか アドバイス 願います  尚 パソコン事態 不調ではあります
 

椎の実会平成30年1月例会のご案内

 投稿者:伽藍章高  投稿日:2017年12月13日(水)22時30分38秒
返信・引用
  椎の実会の皆様へ

平成30年1月例会を下記により開催しますので、お知らせします。
              記
日 時 :  平成30年1月16日(火)  午後12時30分 受付開始
                     午後1時~5時  自由対局
場 所 :  三田キャンパス 南校舎3階「萬来舎」 個室
会 費 :  1,200円 コーヒー・紅茶ケーキ付、又はビ-ル・つまみ付
懇親会 :  午後5時~7時サロンで懇親会 参加任意 飲食代実費精算
          午後7時~9時 ラウンジで更なる自由対局も可

参加を希望される方は、1月9日までに、以下にご連絡下さい。
石橋健正  Tel:03-3412-3290    E-mail: kensei-i@m07.itscom.net
なお、2月は15日(木)、3月は13日(火)の開催となります。
                                                          以上
 

第22回椎の実会月例報告

 投稿者:石橋健正  投稿日:2017年12月13日(水)02時02分4秒
返信・引用
  花屋の店先にシクラメンが並び、寒気一段と増す中、32名の仲間が三田の萬来舎に集いました。女性4名の参加を得て活気に華を添え、続く懇親会も賑やかな忘年会気分裡に散会となりました。
一年を締めくくるに当たり、ご登場いただくのは倉岡英雄さん(62年商卒)。倉岡さんは知る人ぞ知る応援指導部のご出身(延世大学との交流戦でエール交換を務めた)。入部の動機には説得力を感じますね。「大阪出の田舎者が美しき慶応ガールにもてるには男らしく、恰好よくなきゃいけない。たまたま見た先輩の応援姿に、これだ」と。部活は傍で見るよりはるかに忙しい。
野球部はもとより多くの部からお座敷がかかる。土、日は応援活動、平日は授業という日々。「応援指導部に入って今でも心に残る思い出は慶早戦6連戦ですね。全塾挙げて応援に没入したのではないでしょうか。一方折角入部した囲碁部をやめる羽目になりました。当時は日吉の民家を借りていました」と。応援指導部にハマったのが倉岡さんの囲碁との長き断絶の始まりになったのですね。社会人となり全日本実業団のAクラスという囲碁の盛んな会社に入ったものの、仕事に追いまくられ、囲碁とは無縁の生活。加えて倉岡さんはまごう事なきバリバリのアウトドア派。駅伝(オール大阪中学校駅伝で区間賞を取った)をはじめ、手がけたスポーツはテニス、卓球、野球、水泳、ラグビー、そのほか山登り、釣り、クルマと枚挙に暇がない。とても囲碁の入り込む余地なしですね。囲碁と向き合うようになったのは50歳にして独立してから。「BRBで吉原さん(当時梅沢さん)と指導碁を打ってもらう機会を得たのはラッキーでしたね。ウマが合うと言いますか、指導碁の合間に食事をしたり、今では家族ぐるみの付き合いをしています。また、オール早慶のエール交換のお手伝いがきっかけで、女子囲碁部との縁もできました。たまたま岩田(紗絵加)さんも仲間に加わり、遊びに来るようになりました。今月18日に3人で食事をすることになっています。結構忙しくしていますよ」と目を細めにこやかに語られる。倉岡さんの一期一会への思いが伝わってきますね。では、気合いを入れてフレー、フレーと行きますか。

来1月以降の日程は1月16日(火)、2月15日(木)、3月13日(火)となっております。
曜日不同ですが、何卒お繰り合わせのほどお願い申し上げます。
お陰様で今年も何とか無事に過ごすことができました。来年もよろしくお願いいたします。
向寒の砌、お身体くれぐれもご自愛ください。では、どうぞ良いお年を!
 

どんぐり会12月例会

 投稿者:伊澤孝雄  投稿日:2017年12月 7日(木)23時21分39秒
返信・引用
   どんぐり会月例会が12月4日(月)三田キャンパス内「萬来舎」で開かれました。
今年最後の碁会となりましたが、いつものように大勢の方々にご参加頂きました。
少し早いクリスマスのプレゼントとして、チョコレートが皆さんに配られました。
七夕の時にもプレゼントがありましたが、このちょっとした心遣いが、会長が女性
という会のうれしいところですね。
 今回から、椎の実会が購入した折りたたみ式碁盤10面を、使わせて頂けることに
なりました。碁会の会場が「萬来舎」に移って以来、徐々に会員が増えて来たため
盤面が足りず、山下会長のご好意で紙の碁盤と碁石をご寄付頂きました。長い間随分
重宝してきましたが、紙の碁盤ではすべるため、下にマットを敷いたり工夫して使用
していた訳ですが、碁盤が変わると打ち心地も石音も違い、やはり碁を打っている
という満足感があります。
 紙の碁盤は希望者に配られましたが、二度目のお勤めで、会員の皆さんの棋力向上に
きっとお役に立つことでしょう。
 碁会参加者は26名、懇親会には12名の方が残り、賑やかに懇談いたしました。
 来年の例会は1月9日(火)に行います。皆様のご参加をお待ちしております。
 

オール早慶

 投稿者:webmaster kanekyjp7874  投稿日:2017年12月 3日(日)09時32分0秒
返信・引用
  今回のオール早慶では、一回目は、早稲田の学生一年山口ようかさん(20)とあたりました。ラッキー!DISのインストラクターをされていること、洪道場出身のことなど聞きました。やはり、すごく強かったです。局後の講評は、言葉を選んで優しかったです。
二局目は、藤○さん(75)。ご病気なのか対局中に手が震えていて、心配しましたが、着手は乱れず、往年の力は健在でした。
あとで大山さんに二局とも並べて見てもらいましたが、「なんでこんな手に目がいくの?」「かたちだけで打って全然読んでないよ」と厳しいお言葉。まあ、62歳でも打った碁をきちんと覚えていることをよしとしましょう。((T_T))
 

HPの広告の件

 投稿者:webmaster kaneky7874  投稿日:2017年12月 3日(日)08時47分1秒
返信・引用
  囲碁三田会HPは、一定期間更新がないと、ばんばん広告が出る仕組みになっています。
加藤幹事長からご指摘をオール早慶の会場でいただきましたので、
さっそくちょっと改行設定を変えただけのファイルをアップロードし、回避しました。

この唯一の掲示板は、更新の有無にかかわらず、広告が出ます。
広告は、読者の傾向をAIが察知して、人により違う広告が表示されます。

最近、私の画面には、老人ホームばかりでてきます。(笑)

 

レンタル掲示板
/172