teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


お詫びと訂正

 投稿者:石橋健正  投稿日:2017年11月22日(水)19時10分12秒
返信・引用
  過日の「第21回椎の実会例会の報告」の文中で、岩田(さやか)さんとご報告いたしましたが、
正しくは岩田紗絵加さんです。ご指摘があり、お詫び方々訂正させていただく次第です。
岩田さん、もし、ご覧になっていらしたら、どうぞご寛恕のほどお願い申し上げます。今後の
ご健闘を心より祈念しております。
                      椎の実会幹事   石橋拝
 
 

椎の実会12月例会のご案内

 投稿者:伽藍章高  投稿日:2017年11月21日(火)10時36分10秒
返信・引用
  椎の実会の皆様へ

平成29年12月例会を下記により開催しますので、お知らせします。

                             記
日 時 : 平成29年12月13日(火) 午後12時30分 受付開始
                            午後1時~5時  自由対局
場 所 : 三田キャンパス 南校舎3階「萬来舎」 個室
会 費 : 1,200円 コーヒー・紅茶ケーキ付、又はビ-ル・つまみ付

懇親会 : 午後5時~7時サロンで懇親会 参加任意 飲食代実費精算
          午後7時~9時 ラウンジで更なる自由対局も可

参加を希望される方は、12月5日までに、以下にご連絡下さい。
石橋健正 Tel:03-3412-3290 E-mail: kensei-i@m07.itscom.net

なお、1月は16日(火)、2月は15日(木)の開催となります。
                                                                                                      以上
 

第21回椎の実会月例報告

 投稿者:石橋健正  投稿日:2017年11月21日(火)00時53分46秒
返信・引用
  各地に雪を齎し、真冬並みの寒気に覆われた日、31名の仲間が三田の萬来舎に集いました。流石に収容能力いっぱいの出席者で会場は文字通り熱気に溢れました。席上岩田(さやか)さんのプロデビューにつき(塾4人目の快挙)改めて氣賀相談役から披露されました。乞うご期待ですね。懇親会は9名が参加。とりわけ病気療養を押して参加された西谷さんに感謝、感激でした。一日も快癒の早からんことを心から祈念しております。
さて、囲碁が取り持つ縁と云いますが、差し詰め柴田光廣さん(68年経済卒)はその縁を生かし、どんどん人の輪を広げていらっしゃるお一人。社会人になって増渕辰子さん(坂田栄男九段の師匠)と出会ったのが囲碁との付き合いの始まり。増渕さんの勧めでオークラ(ホテル)囲碁サロンに入り、小川誠子さん(現6段)を知り、小川会入会、藤沢会入会と続く(目下藤沢里奈女流名人・本因坊の幹事に納まる)。小川さんとの関係で梅沢由香里さん(吉原現6段)を知り、塾OB・OG会、地域三田会(神奈川、鎌倉)、囲碁三田会(監事)と輪を広げる。
交際の場はさらにロータリー、交詢社、東京三田倶楽部の各囲碁会にも及び今に至る。
「囲碁と出会い、ほんとに交友関係が広がりましたね。交詢社では塾先輩の方々はもとより、紅友会(女子アマの伝統ある東京地区のサークル)のメンバーと顔見知りになり、オークラでは財界の方々と気安くお付き合いができました。人生が豊かになり、老後の趣味を気にする必要がなくなりました。ただ、楽しんでしまうので、どうも上達の方ははかばかしくありません」と笑う。
俳句が趣味と伺い一瞥するや「囲碁をテーマとした俳句調の川柳」と判明。「ダメ詰めの自爆でよぎる桜桃忌」、「満月がアゲハマなれば我の勝ち」、「碁敵の秘密練習ツユ(梅雨)知らず」、「かなかなの声ひとしおよ負け碁かな」、などなど。軽いノリに思わずニヤリとさせられませんか。どうやら柴田さんの人の輪づくりのキイはこの辺にありやなしやですね。

今後の例会の日程は、12月12日(第二火曜日)、来1月16日(第三火曜日)、2月15日(第三木曜日)となっております。会場の都合で曜日順不同となりますが、ご注意方々何卒お繰り合わせのほど、お願い申し上げます。
 

どんぐり会11月例会報告

 投稿者:春原聰博  投稿日:2017年11月 9日(木)22時08分8秒
返信・引用
   11月7日、どんぐり会11月例会が開催され、22名の出席者を得ました。
どんぐり会の生みの親の一人である西谷謙三さんは必ずしも体調万全ではない
ご様子でしたが出席され、アドバイスを交えて対局されていました。早期の体調
回復を祈っています。どんぐり会草創期からのメンバーで今は椎の実会の会員
である柴田光廣さんが久しぶりに出席され、どんぐり会の皆さんの棋力が上がって
いると仰っていました。
 懇親会ではどんぐり会の向原真知子会長と椎の実会の石橋健正幹事の発案で、
来年はどんぐり会と椎の実会の合同碁会を開催したらどうかと言う議論があり
ました。萬来舎はそれぞれの碁会にはこれ以上ない最高の場所ですが、収容人員
の関係で合同開催するには場所を変更する必要があります。(候補としては日本
棋院が考えられます)。
 私事で恐縮ですが、幹事である春原のパソコンが9月下旬に突然起動しなく
なりました。10月3日の例会を控えて、出欠席のメールはかろうじてiPhoneで
受信するものの、出席者名簿も作成できず、伊澤孝雄幹事長にお願いしてなんとか
凌ぎました。新しくパソコンを調達したのですが、11月例会のご案内を出そうにも
メンバーのアドレスを消失しているのでこれまた、伊澤さんのお手を煩わせることに。
パソコンが動かないと何もできなくなると言うことを経験させられた辛い1ヶ月半
でした。皆様もパソコンデータのバックアップはおさおさ怠りなく。
12月例会は12月4日(月)、来年1月例会は1月9日(火)です。ご予定下さい。
 

オーストラリアからの来客歓迎

 投稿者:氣賀康夫  投稿日:2017年11月 6日(月)21時30分7秒
返信・引用
  読み物
金子さんがすでに投稿くださっていますが、少し補足しましょう。豪州との慶応の親密な交わりは2004年に遡ります。この年に囲碁三田会幹事金沢日洋航空社長が所有するブリズベン郊外のビラが遊休資産になっているので、それを活用する囲碁ツアーを企画しようという話が瓢箪から駒になったのでした。企画金沢、団長氣賀、師範根橋というメンバーが揃いました。棋院から連絡先をお聞きし、ブリズベン囲碁クラブと交流することもスムースに行きました。ツアー参加者にたいへん好評であり、途中師範が根橋から山下に交代したほか、毎年同じ企画のツアーがセットされ結局第九回の2012年まで実施されたのでした。それが九回で終わりになったのはブリズベン郊外のビラを金沢さんが売却することになったからです。それから今度はブリズベン側が東京を訪問する企画が二年連続で実現したのでした。
その後、相互訪問は途絶えたのですが、文通を続け、今回、ブリズベンの会員のトーポアさんクラークさんが来日するということになり、有志で歓迎会を催したのが今回のイベントでした。山下、金沢、伊関、桜井、氣賀はブリズベンツアーのレピータです。そして金子さんはその後ブリズベンとの文通を引き受ける国際派で、今回もトーポアさんから来日の連絡は金子さんにあったのでした。
集まったのは11月4日(土)12時三田萬来舎集合でした。個室で昼食の後、クラーク金子局、トーポア金沢局の二局の親睦対局を始めました。お二人とも三級と言われるので向う五子の手合いとしました。ニ局とも好局でしたが、2時近くなり、トーポアさんは足りないと見て投了しましたが、クラークさんの碁は盤面ジゴとなりました。金子さんのジゴを打つ技量は一流であり、みな等しく感心しました。2時過ぎに山下会長が到着、サロンに席を移し、ビール、ワインなどもオーダーし、連碁を一局楽しみました。棋譜は金子さんの投稿を参照ください。そのあと、山下さんに最近のアルファ碁ゼロの棋譜を並べて解説をお願いしました。ゲストもAI碁の現況にたいへん関心を示され、山下会長に最近のAIの特徴を解説いただくことになり、我々も勉強になりました。
これからしばらくは、人間はAIの手をただ真似するのでなく、それをどう自分の後に参考にするかがテーマであるという認識になりました。
4時を過ぎ、場所を三田仲通りのお店に移して早めの夕食懇親会といたしました。話題もお酒も盛り上がりました。なお、萬来舎と夕食会の費用は慶応側メンバーの割り勘です。
会話が得意でないメンバーも金子さんの同時通訳をたよりに会話には不自由はありませんでした。金沢、氣賀も英会話には不自由はありませんが、通訳はあまり引き受けません。最後は、「みなさん、またブリズベンに来てください。」とお誘いを受けて散会となりました。ゴールドコーストの不動産仲介業者である宇佐美葉子会員が空き別荘に安く泊めると提案しているのです。だれか幹事をやりますか?でも、英語が堪能な金子さんは、実は飛行機が大嫌いであり、尻込みしていることをご承知おきください。
写真はブリズベンチームを東京でお迎えした第10回交流会の記録です。根橋師範と対局するのはベル会長、ハーディーさんのお相手の手は氣賀です。

 

ごちそう記録

 投稿者:webmaster kanekyjp  投稿日:2017年11月 5日(日)10時54分8秒
返信・引用
  ちなみに、当日飲んだり食べたりしたのは写真のとおり。
すべて、美味しゅうこざいました。
まんまやには、佐藤さんという鶴岡出身のとても明るいウェイトレスの人がいて感じがよかったです。アカバクレンという山形の酒を薦めてくれました。
日本側参加者が概ね割り勘にしました。
金沢さんからお志をいただきました。
いうまでもないことですが、囲碁三田会の予算は、有志の小さな集いですから、使っておりません。
 

豪州からのお客さんたち

 投稿者:webmaster kaneky7874  投稿日:2017年11月 5日(日)09時10分45秒
返信・引用 編集済
  オーストラリアのロドニーさんとエドウィンさんが観光で来日。
さっそく、萬来舎にて歓迎碁会を開催しました。
二人とも理系の元大学教授なので、大学内を選びました。
参加は、山下会長、氣賀副会長、井月さん、金沢さん、桜井さんそれと私です。
一局目のあと山下会長の講評。
2局目は連碁。そのあと講評。
3局目は対局ではなく、アルファ碁ゼロの解説。質疑応答。


黒中押し勝ちとなった連碁の棋譜を下記に掲げます。
最後の割り込みは、山下会長の打った手です。
ジゴになった私のエドウィンさんとの碁、
今朝になって思い出して入力したので、多少手順が違うところがあるかもしれません。


http://gokifu.net/t2.php?s=2801509839734917

http://gokifu.net/t2.php?s=3401509839841469
 

祝福

 投稿者:柴田 光廣  投稿日:2017年11月 2日(木)11時04分8秒
返信・引用
  岩田さんの入段は嬉しいニュースですね!! 彼女は努力していましたので、心よりお祝いします。 プロとして第一歩を踏み出すわけですが、これからうんと頑張って欲しいですね。  

岩田さえかプロ誕生

 投稿者:webmaster kanekyjp  投稿日:2017年11月 2日(木)05時49分43秒
返信・引用
  本年4月11日の石橋さんの投稿に、岩田さえかさんがプロを目指しているという記事がありました。
彼女のツイッターによると4日前に関西棋院で入段が確定したようです。
女子だけでお祝い会をしている写真があり、スイーツのお皿に 入段おめでとうと書いてありました。
なお、岩田一九段とさえかさんは、親戚ではないそうてす。
まだ関西棋院のホームページには反映していません。
だから、まだ正式に免許が来たのではないでしょう。
とにかく、慶応関係者としてはめでたし、めでたしです。
岩田九段、ゆかり先生、桂篤先生に続いて慶応関係では四人目。関西棋院では初かと思います。
 

諸レス

 投稿者:webmaster kaneky7874  投稿日:2017年10月19日(木)21時06分38秒
返信・引用
  >どんぐり会、椎の実会
盛況の活動報告、毎回拝読いたしております。

>井山七冠王
すごいですね、企業だったら独占禁止法違反です。
アルファ碁は、つい昨日、アルファ碁ゼロ、が発表されました。
これは、NHKや日経でもとりあげられていましたので、既にご存知の方が多いでしょう。
伊勢ドルを破った、旧版アルファ碁に100勝0敗、プロ棋士に60連勝したマスターに、
89勝11敗。勝率9割近いのですから、一子以上、はっきり強いのでしょう。
ある意味、核兵器より恐ろしいと言えましょう。

ゼロの変わっているところは、人間の定石とかは一切教わらず、一人碁だけで強くなったこと。一日500万局ほど打つらしいのですが。
それでいて、人間と同じ定石も打っていますから、人間もたいしたものだ、と思いました。
 

レンタル掲示板
/171