teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:39/1712 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

どんぐり会5月例会報告

 投稿者:春原聰博  投稿日:2017年 5月 5日(金)20時57分3秒
  通報 返信・引用
   平成29年5月2日のどんぐり会例会は、3月30日に亡くなられた井ノ口茂
さんの追悼碁会となりました。井ノ口さんはどんぐり会の発足時から幹事とし
て情熱をもって会の運営に携わってこられました。ここ1年半ほど歩行困難の
ため自宅でリハビリに励みながら、インターネットを通じた囲碁対局(INGO)
を楽しんでおられました。最後は眠るように静かに亡くなられたとのことです。
 会は向原会長の挨拶の後、全員で黙祷を捧げ、井ノ口さんのご冥福を祈りまし
た。向原会長は井ノ口さんを「硬派の慶応ボーイ」と讃え、井ノ口の人となり
をご存じの方は皆頷いていました。井ノ口さんとご一緒に幹事役をされてこら
れた伊澤さんは、井ノ口さんが吉原由香里六段との対局の写真を撮るように依頼
され、たくさん撮って喜ばれたというエピソードを話されました。
 当日は、どんぐり会生みの親で師範の氣賀さんと西谷さんが所用のためご欠
席でしたが、氣賀さんは井ノ口さんとのお付き合いの始まりから、井ノ口さんが
2010 年に吉原由香里六段と対局されることになった経緯とその棋譜解説をプリ
ントしてご用意くださっておりました。井ノ口さんの八子の局でしたが、黒の名
局で、丁寧に解説してあるから、どんぐり会のメンバーにも役に立つのでよくご
覧いただきたいと言付かり、みなさんにご紹介いたしました。
 筆者(春原)は2年前に幹事役を井ノ口さんから引き継いたのですが、それを
遡る1年前のエピソードをお話ししました。私が井ノ口さんとINGOで対局中、
私は日本百名山達成最後の山、黒部五郎岳と水晶岳に登りに出かけるのでしば
らくINGOは中断しますとメッセージを送ったところ、今度どんぐり会に久し
ぶりに出席される深田森太郎さんは「お名前からして久弥さんのご子息に違い
ない。ついては著名な『日本百名山』を読んでおこう」と本を図書館から借り
たばかりだということでした。そして私が日本百名山を達成して10日目の例
会で深田森太郎さんにお目にかかり、著者深田久弥のご子息であることが分か
り感激を新たにしたのでした。この奇跡的な邂逅は井ノ口さんの存在無くして
は語れません。
 連休の谷間でしたが、23名の出席を得ました。懇親会でも井ノ口さんを偲び
ました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:39/1712 《前のページ | 次のページ》
/1712