teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


群馬県と柴山さんと

 投稿者:webmaster kaneky7874  投稿日:2017年 4月23日(日)10時44分33秒
返信・引用
  氣賀康夫さんからの投稿をホームページ、会員コーナーに掲載いたしました。
ゆかり先生と柴山響くん(柴山先輩のお孫さん)との三子局も載っています。

ぜひ、ごらんください。

http://allkeioigo.web.fc2.com/shibayama.html

 
 

合掌

 投稿者:webmaster kaneky7874  投稿日:2017年 4月15日(土)08時52分38秒
返信・引用
  ただ、この一言です  

合掌

 投稿者:suzukitatuo  投稿日:2017年 4月14日(金)15時24分38秒
返信・引用
  井ノ口さんは囲碁三田会にいらっしゃらなくてはならない方でしたし、どんぐり会の隆盛は井ノ口さんのご熱心さの賜物と思います。また井ノ口さんは囲碁三田会、どんぐり会を人一倍楽しまれた方でもあったと思います。寂しさでいっぱいです。井ノ口様のご冥福を心からお祈り申し上げます。  

訃報

 投稿者:氣賀康夫  投稿日:2017年 4月13日(木)16時26分25秒
返信・引用
  悲しいお知らせですが、囲碁三田会の主要メンバーの井ノ口茂さんが3月30日永眠なされました。井ノ口さんはどんぐり会のリーダーを永く務められ、また歩行が不自由になる前までは囲碁三田会幹事としてもご活躍くださいました。この3月下旬からINGOの着手が滞っていましたが、体調不良だったようです。この度奥さまからご丁寧なご挨拶状が届きましたのでご紹介します。井ノ口さんが一番喜ばれたのは成島真さんのご配慮で、憧れの棋士梅沢由香里さんに指導碁を打っていただく機会を得たことであり、しかも見事白星を挙げられたことを思い出します。7年前の、そのときの棋譜をご紹介しますので、ありし日の井ノ口さんを偲んでください。  

第15回椎の実会例会のご報告

 投稿者:石橋健正  投稿日:2017年 4月11日(火)23時06分7秒
返信・引用
  冬に立ち返ったような雨降る日。新学期を迎えた塾生の行き交う傘を眺めながら、元気に23名の仲間が三田萬来舎に集いました。今月新しく会員になられた平田さんは工学部出身。延世大学との交流会(10周年を迎え、高麗、早稲田が合流と云う豪華な会。AKIA掲示板の山下会長の報告を
ご参照ください)に参加されたのがご縁。加々爪、高島両氏に続く3人目の理系。圧倒的文系の中、文理交流は大歓迎ですね。前月の第1回大会では成績優秀者7名の持ち点が各1点ずつアップいたしました。ゆえに今月は若干手合いの変更が生じました。ただ、基本的には大会(公式戦)での手合いです。例会では対局者同士阿吽の呼吸でよろしくお願いいたします。
懇親会では先般全日本女流アマ選手権で優勝した岩田紗絵加さんが話題になりました。吉原由香里さんに次ぐ塾出身の女子プロ誕生が待たれますね。
懇親会のあと、有志で盤を囲み、手談の名残りを楽しみました。

次回の例会は5月10日(水)です。萬来舎の都合で水曜日となりました。何卒お繰り合わせのほど
お願い申し上げます。
                     文責  石橋健正
 

どんぐり会4月例会報告

 投稿者:伊澤孝雄  投稿日:2017年 4月 4日(火)21時30分54秒
返信・引用
   どんぐり会例会が、4月3日(月)三田キャンパス、萬来舎で開かれました。
テレビのニュースで、各地から桜満開の便りが届けられていますが、三田キャンパス
の桜はすでに満開を過ぎたようで、幻の門脇にわずかにその名残を見つけました。
 どんぐり会は設立の趣旨が、広く誰にでも碁を楽しんで頂きたいというもので、
これは級位者中心の碁会がなかなかない状況では、大変な希少価値があるものと
自負しています。あまり級位者が気楽に参加できる場がないと、新しく参加される
皆さんが異口同音におっしゃっています。
 碁会では29名が熱く戦い、懇親会には10名の皆さんにご参加頂きました。
 次回は、5月2日(火)です。皆さんのご参加をお待ちしております。
 

椎の実会 平成29年5月例会案内

 投稿者:伽藍章高  投稿日:2017年 4月 4日(火)13時11分37秒
返信・引用 編集済
  椎の実会の皆様へ

平成29年5月例会を下記により開催しますので、お知らせします。
              記
日時:平成29年5月10日(水)    午後12時30分 受付開始
                    午後 1時~5時 自由対局
場所:三田キャンパス 南校舎3階「萬来舎」 個室
会費:1,200円 コーヒー・紅茶ケーキ付、又はビ-ル・つまみ付き
懇親会:午後5時~7時 サロンで懇親会 参加任意 飲食代一人2,500円位
午後7時~9時 ラウンジで更なる自由対局も可
参加を希望される方は、会場準備の都合上5月3日までに、以下にご連絡下
さい。
石橋健正 Tel:03-3412-3290 E-mail: kensei-i@m07.itscom.net
6月例会は6月13日(水)に開催します。
                              以上

http://

 

日韓囲碁交流

 投稿者:webmaster kaneky7874  投稿日:2017年 3月30日(木)00時10分42秒
返信・引用 編集済
  大山弘さんから依頼がありましたので、下記の文を掲載します。
最初は、山下会長のあいさつ文。
次に法学部1年の福井和歌子さんの報告文。
福井さんの原文はDoc.ファイルで文中に写真が入っているのですが、
この掲示板では下の方に出てしまいます。
*************************************************************

御礼        囲碁三田会 会長 山下功

このたびは延世大学・慶應義塾大学の囲碁交流10回を記念した延世大学・高麗
大学・早稲田大学・慶應義塾大学親善囲碁交流会に参加する学生へのご寄付を
賜り誠にありがとうございました。おかげを持ちまして6名の現役学生が参加
できました。

主催しました延世大学と高麗大学の並々ならぬ心配りによりこれまでの友情が
深まり、また新たな友情が育まれました。参加した学生にとり思い出深い旅行
であり、これからの交流に生かしてくれると信じます。

現役の福井さんが交流戦の報告書を書いてくれました。合わせてご覧いただけ
ればと存じます。

*******************************************************************

日韓四大学囲碁交流戦のご報告   法学部1年 福井和香子

去る3月18日の土曜日、韓国ソウル市の延世大学バエク・ヤン・プラザ大
講堂に於いて第10回慶應義塾大学・延世大学囲碁交流戦が開催されました。
なお今回は両学交流の第10回の特別記念大会として、延世大学とは韓国に
おいて設立以来あらゆる分野に亘ってよきライバルである高麗大学、そして同
様に慶應義塾にとっても本邦における最大のライバルそして盟友でもある早稲
田大学をゲストとして招き、史上初めて日韓の四大学の囲碁関係者が一堂に会
する壮大な大会となりました。
以下そのご報告をさせていただきます。
一日目
午後17:30頃ホテルパレス南大門に到着しました。
立地はソウル中央駅から地下鉄でひとつめの会賢(エヒュン)駅というところ
から徒歩1分程度と非常に便利な場所でした。
荷物を部屋に置きロビーに集合し、韓国で最初のご飯として焼肉をいただきま
した。
レストランの名前は「韓牛村」といういかにも韓国と思わせる焼き肉店でした
が、日本に比べて火力が強く肉が次から次へと運ばれてきたうえ、サイドメニ
ューも辛いものが多く勢いを感じる食事でした。
当初は、ほぼ初対面かつ大先輩であるOBの方々と同席させていただくことに
緊張していましたが、色んな方が温かく話しかけてくださったおかげで楽しく
交流させていただくことができました。
慶應のメンバーだけでなく延世大学の方が二人いらしてくださり、初日から国
際交流盛んでもありました。


二日目
朝8:35にホテルロビーに集合し、電車で延世大学へ。
すべての学部がほぼ同じキャンパスにあるそうで、大変に広く趣のあるキャン
パスでした。
囲碁交流戦の対局場所は完全に開放されており見学者も多く、対局のない人も
空いている碁盤を使って研究したり対局したりと、非常に熱気がありました
全部で三局行われ、慶應の一局目は延世大学が相手で現役1-5、全体6-10で延
世が勝ちました。

二局目は高麗大学が相手で現役3-3、全体4-12で高麗大学が勝ちました。
三局目は早稲田と慶應が連合日本チームとして韓国二大学を相手に対局し、韓
国側が勝ちました。

韓国はとても強いなあと感じました。
OBと現役が混合で対局相手が組まれたので国際交流のみならずこちらでもOB
と現役の交流も盛んで、言語や年齢の壁が囲碁を通じて薄くなったようでした
。韓国側の方々の対応もとても丁寧で、一同が気持ちよく対局や交流を行うこ
とができた大きな要因かと思います。

お土産として韓国の囲碁の本数冊だけでなく全員分の対局中のスナップ写真を
一人ひとりにくださるなど、愛にあふれたおもてなしをいただきました。
夕食は延世大学構内の丘の高台にある迎賓館に招かれました。
ビュッフェ形式で、韓国料理が色とりどり並べられていました。
どれも韓国らしく辛かったのですが、とても美味しかったです。
各大学会長のご挨拶、歓談後各大学現役生による校歌や応援歌斉唱ならびにエ
ール交換が行われ大変に盛り上がりました。
現役学生のテーブルは入り口に近い端にあったのですが、そんな場所にも関わ
らず様々なOBの方や延世や高麗大学の現役生が交流にきてくださりテーブル
は常に賑わっていました。
OBの方々のテーブルも、日韓問わず話に花が咲いているようで対局に加えて
より両国の親睦をさらに深めることができたように思われます。

三日目
朝食と昼食を兼ねて高級料理であるケジャンをごちそうになりました。
ケジャンというのは生のワタリガニの料理だそうで、初めて食べたのですが非
常に美味しく、韓国の数ある食べ物の中でも特に印象深いです。
カンジャンケジャンとヤンニョムケジャンと二種類いただきました。
カンジャンケジャンは生のワタリガニを二週間ほど生きたまま醤油漬けしたも
のということで、日本人にもとても会う料理だなと思いました。
後者はその真っ赤な見た目を裏切らず大変からかったのですがこれも非常に美
味で、辛いのはそんなに得意でない私でも美味しさのあまりたくさんいただい
てしまいました。

この日もアテンドとして高麗大学の方が一人いらしてくださり、前日に引き続
き日韓の国際交流が行われました。

一日目の若干緊張していた食事の時と比べると現役とOBの仲がさらに深まっ
たようで、どのテーブルからも談笑の声が高らかに聞こえておりました。
私事になりますが、私は去年の4月から囲碁を始めた初心者の身でして、今回
の韓国も高段者ばかりの中受け入れていただけるか少しばかり不安でした。
しかし、皆さまは大変に温かく、たくさん話しかけてくださり何かと気を回し
てくださいました。
早慶マイナーでもそんなに交流することができなかったOBの方々とここまで
話す機会はなかなかないと思います。
来られた方来られなかった方問わず、OBの皆さまのおかげで大変有意義な韓
国交流となりました。本当にありがとうございました。

写真 (右側中央は延世大学の鄭さん)
 

日韓囲碁交流5

 投稿者:山下 功  投稿日:2017年 3月22日(水)10時00分43秒
返信・引用
  懇親会は延世大学総長の迎賓館を使っての祝宴である。開宴における延世大学総長の祝辞の中で4大学の総長、塾長がミレニアム会議を毎年持ち回りで開催している。その会議に囲碁の交流戦を入れるよう提案する、とあった。思うのは囲碁の別称「手談」を意味する人と人を結び付ける強い力が10年前の1通のメール交換から始まった。それがこれほどまでの交流の深さ、広がりを見せてくれたのに驚くばかりである。今回参加した学生は三田代表村川君、日吉代表諸星君、今年全日本女流選手権者になった岩田君と囲碁部の幹部諸君である。3日間行動を共にしたことにより先輩後輩の絆は強く結ばれた。延世大学と高麗大学関係者に世話になった。、早稲田の同志諸君、慶應の同志みんなが協力してくれた。ありがたい思いでいっぱいである。
学長邸
 

日韓囲碁交流4

 投稿者:山下 功  投稿日:2017年 3月22日(水)09時54分38秒
返信・引用
  交流戦については韓国側に一任してある。開会式で日本側の代表として挨拶した。韓国と中国の大会で挨拶する時は冒頭の数行だけその国の言葉で述べ、次いで日本語で話すことにしている。「延世大学の皆さん、高麗大学の皆さん、おはようございます、四大学囲碁大会の開催に心から感謝しています」、と一週間前に山下塾OGのお母さんに韓国語で教えてもらったとおりに述べた。幸い通じたようで韓国の学生の間で「オー」、とどよめきが沸いた。一回戦は慶應:延世、早稲田:高麗、二回戦は慶應:高麗、早稲田:高麗、三回戦は日本チーム:韓国チームである。延世との対局は50手くらいでひどい見損じがあり完敗である。高麗との対局は難しい碁だったが2目半勝ち。3回戦は高麗の学生である。アルファ碁を意識した定石を打ってみた。面白い変化となり力戦が続いたが力及ばず中押し負けである。この学生は何人もに囲まれた感想戦でも強く自説を主張してしていたが、感想戦を切り上げ対戦表を見てみると相手が負けになっている。どうやら意識的に自分の負けと申告したようである。むろん私の負けであるから直ぐ訂正してもらったが、私に花を持たせてやろう、とさりげなく勝ちを譲ろうとした姿勢に高麗大学が好きになった。
アルファ碁定石を外した変化、どちらが良いかわからない。
 

レンタル掲示板
/170