teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


日韓囲碁交流3

 投稿者:山下 功  投稿日:2017年 3月22日(水)09時52分54秒
返信・引用
  交流戦については韓国側に一任してある。開会式で日本側の代表として挨拶した。韓国と中国の大会で挨拶する時は冒頭の数行だけその国の言葉で述べ、次いで日本語で話すことにしている。「延世大学の皆さん、高麗大学の皆さん、おはようございます、四大学囲碁大会の開催に心から感謝しています」、と一週間前に山下塾OGのお母さんに韓国語で教えてもらったとおりに述べた。幸い通じたようで韓国の学生の間で「オー」、とどよめきが沸いた。一回戦は慶應:延世、早稲田:高麗、二回戦は慶應:高麗、早稲田:高麗、三回戦は日本チーム:韓国チームである。延世との対局は50手くらいでひどい見損じがあり完敗である。高麗との対局は難しい碁だったが2目半勝ち。3回戦は高麗の学生である。アルファ碁を意識した定石を打ってみた。面白い変化となり力戦が続いたが力及ばず中押し負けである。この学生は何人もに囲まれた感想戦でも強く自説を主張してしていたが、感想戦を切り上げ対戦表を見てみると相手が負けになっている。どうやら意識的に自分の負けと申告したようである。むろん私の負けであるから直ぐ訂正してもらったが、私に花を持たせてやろう、とさりげなく勝ちを譲ろうとした姿勢に高麗大学が好きになった。
アルファ碁定石を外した変化、どちらが良いかわからない。
 
 

日韓囲碁交流2

 投稿者:山下 功  投稿日:2017年 3月22日(水)09時43分40秒
返信・引用
  大山君の手配したホテルは安いうえにカジノを楽しみたい参加者の為にカジノから歩いて10分ほどの立地である。食事の後に4人でカジノへ向かった。ソウルにはカジノが3か所あるが今夜のカジノは初めてのところである。カジノではルーレットしかやらない。遊び方は昔、作家の阿左田哲也さんに教わった通りに遊ぶことにしている。阿佐田さんはルーレットは日本の手本引き(親が選ぶ六つの数字を子が推理する博打)ルーレットのデイラーは好きなところに球を投げられる、デイラーが次のどこに投げるか予測するゲーム、と解説してくれた。中国語を話す人でルーレットの台の椅子は空いていない。やっと空いた椅子に座れたが制限時間は1時間である。当たれば3倍、6倍、9倍、13倍、36倍になるところに張っていたが、だんだん手持ちが薄くなる。連れとの待ち合わせからあと一回になった時、残りのチップを9倍になるところに貼ったら見事的中。博打は遊ぼうと思ったお金がゼロになるか倍になるかが良いところと思っている。3倍近くになったのでうまく遊んだわけである。最後に当たったところを仲間の4人が見ていた以外に早稲田から参加しているKさんも見ていたのが副産物である。  

日韓囲碁交流1

 投稿者:山下 功  投稿日:2017年 3月22日(水)09時41分19秒
返信・引用
  2008年の慶應義塾創立150年記念式典で来賓の早稲田大学、ケンブリッジ大学に続いて韓国の延世大学総長の祝辞を聴いた。その中で慶應義塾と延世大学とは40年以上の深い交流があることを知った。囲碁三田会でも慶應義塾創立150年記念事業として囲碁交流をしたいと考え、伝手を求めたところ延世大学OBの金眞煥氏のEメールアドレスを知ることが出来た。交流の申し出をしたところ直ぐにやりましょう、と返信が来た。直後に交流が始まり今回が10回目である。そこで両大学囲碁交流10回記念イベントをしようということになり、延世大学の提案で早稲田大学・慶應義塾大学・延世大学・高麗大学四校による囲碁交流会が実現した。慶應義塾大学はOB11名、学生6名、早稲田大学はOB6名、学生6名の合計29名が参加した。慶應は学生の参加補助として初めて囲碁部OBと囲碁三田会有志に向けて寄付金を募った。お蔭で学生6名の同行が叶った。これまでの延世大学との交流に参加しているOBの大山君が旅行代理店の役割を引き受けてくれ、安価に楽しくを前面に出して企画・運営してくれることとなった。  

椎の実会 平成29年4月例会案内

 投稿者:伽藍章高  投稿日:2017年 3月21日(火)06時41分27秒
返信・引用 編集済
  椎の実会の皆様へ

平成29年4月例会を下記により開催しますので、お知らせします。
              記
日時:  平成29年4月11日(火)    午後12時30分  受付開始
                      午後1時~5時   自由対局
場所:  三田キャンパス 南校舎3階「萬来舎」 個室
会費:  1,200円 コーヒー・紅茶ケーキ付、又はビ-ル・つまみ付き
懇親会:午後5時~7時 サロンで懇親会 参加任意 飲食代一人2,500円位
     午後7時~9時 ラウンジで更なる自由対局も可
参加を希望される方は、会場準備の都合上4月4日までに、以下にご連絡下さい。
石橋健正 Tel:03-3412-3290 E-mail: kensei-i@m07.itscom.net
5月例会は5月10日(水)に開催します。
                                    以上
 

女流アマ優勝おめでとうございます。

 投稿者:事務局 加藤彰  投稿日:2017年 3月16日(木)23時29分8秒
返信・引用
  去る3月11日・12日に日本棋院本院で開催された「第59回全日本女流アマチュア囲碁選手権大会」で、慶応大学囲碁部の岩田紗絵加さんが、見事優勝されました。
まことにおめでとうございます。
 

有難うございました

 投稿者:成島 眞  投稿日:2017年 3月16日(木)09時55分9秒
返信・引用
  藤森サロンの会員から椎の実会入会してから半年という 新参ものですが今回幸運にも優勝させて頂きありがとうございました 岩田沙也加ちゃんの優勝の話題もあり 1年前石田道場で指導碁を打っていたのを思い出しました 石田先生の紫綬褒章の祝賀会で同席のご夫妻が岩田ですといわれ 1時間程沙也加ちゃんの話で盛り上がったのを思い出しました  沙也加ちゃんはモデルにしたいような美人であることを 同門関係者として申し添えたい気分です  

女流アマナンバー1

 投稿者:大山弘  投稿日:2017年 3月16日(木)07時08分0秒
返信・引用
  岩田さんの快挙は日本棋院ホームページ→アマの碁→第59回全日本女流アマチュア囲碁選手権で
その足跡を詳しく見ることが出来ます。この棋戦の優勝者は多くの方がプロ棋士になられています。草分けは50年ほど前中学生で優勝した小川誠子六段です。
 

第14回椎の実会例会(第1回大会)のご報告

 投稿者:石橋健正  投稿日:2017年 3月15日(水)15時33分29秒
返信・引用
   木蓮が咲き、あとは桜をまつばかりと思いきや、春は名のみの雨もよいの3月14日(火)、総勢33名の仲間が三田山上の萬来舎に集い、第1回大会が開催されました。
 藤森会長の開会宣言を合図に早速対局のスタート。競技参加者は30名。A,B2つのチームに分かれ、各自の対局数は3局。1局の所要時間は1時間10分を目処とし、各位のご協力と大山審判長の的確なる判定のお蔭をもちまして、ほぼ予定通りの終局となりました。
 A,B各チームの優勝者は成島真さんと不破達雄さん。ともに3戦全勝。Aチームは成島さんのダントツ、Bチームは全勝4人と云う混戦のなか、不破さんが年齢差で逃げ切りました。
 優勝者を含む各チーム5名の方々に会長寄贈のワインが授与され、惜しくも入賞を逃した方々には日本棋院のメモ帳式碁罫紙が進呈されました。
 優勝者からの喜びの言葉をお伝えいたします。
 成島さん「普段さぼっていながら優勝し、恐縮しております。これからは大いに参加し、皆さんのご指導を仰ぎたいと思います」と。不破さん「本日は日本棋院の会合をすっぽかしてこちらに参加しました。その甲斐がありました。これからも精進いたします」と。
 氣賀相談役の閉会の辞を以って滞りなく終了。続く懇親会には川又ご夫妻を含む12名が参加。
藤森会長曰く「アメリカの調査、探究の執念を知り、とても日本は敵わない」と最近の読後感を披露。AIから法学部の入試問題、著作権へと話題が広がりました。また不自由なお身体を押して
参加された川又先生が自らの3局を振り返り、「ウッテ返しの見落としを教えてあげて、1勝を逃しました」とにこやかにお話される姿がいたく印象に残りました。

 ともかく無事終了につきまして各位のご協力に深く感謝する次第です。
 大会の開催は今後とも機を見て回を重ねて行きたいと思っておりますので、どうぞよろしく
 お願いいいたします。

  次回の例会は4月11日の第2火曜日です。ご参加をお待ちしております。

                       文責 石橋健正
 

訂正

 投稿者:webmaster kanekyjp7874  投稿日:2017年 3月12日(日)20時52分47秒
返信・引用
  岩田門下は、大島さんの方はだそうです。失礼いたしました。岩田さんは、石田門下だそうです。  

祝 アマ女流 慶應初(たぶん)

 投稿者:webmaster kanekyjp7874  投稿日:2017年 3月12日(日)19時24分20秒
返信・引用
  きのう、きょうと行われたアマ女流で、慶應囲碁部の岩田さえかさんが優勝しました

慶應初です。(たぶん)
早稲田は下坂さんがアマのころ優勝していました。

めでたしめでたし。

岩田さんは、岩田会ですが、岩田先生の親戚ではないそうです。
二位は昨年優勝の大島さん。
3位または4位の金子もと子さんも私の親戚ではありません。

画像は、連日応援した藤沢しょうこさんのフェイスブックから拝借。
 

レンタル掲示板
/170