【協同金融研究会】掲示板



カテゴリ:[ ビジネスと社会/経済 ]


50件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[55] 農協労組の訴え

投稿者: 笹野武則 投稿日:2017年 7月14日(金)13時14分16秒 ZP117114.ppp.dion.ne.jp  通報   返信・引用

金融共闘の田中均さんから、佐渡農協労組の山口委員長の訴えが紹介されましたので、再紹介します。
農協改革は、マスコミレベルではなかなか本質的なことが見えてきません。それは、日本のマスコミが協同組合に対する理解が皆無であることと無関係では内容に思います。農協改革の問題を協同組合全体の問題として捉える視点もまだ共有されていない感じがしていますので、是非、一読ください。
*ファイルが添付できませんので、文書を以下にコピーしました。

全農協労連発行「労農のなかま」2017 年5 月号掲載
信用事業「分離再編」の危惧と対抗ー協同組合金融としての事業守る
佐渡農協労組中央執行委員長山口智範さん

? 農林中金のよびかけ
農林中央金庫が全国700弱の地域農協に対して、貯金やローンを扱う金融事業の分・再編も選択肢として経営の方向を示すよう求めています。政府の規制改革推進会議が『農協改革集中推進期間』の期限とした2019年5月までに判断するよう促すためです。
各地域農協が今後、信用事業の収支を検討するため、農林中金はJAが信用事業を信連や農林中金に譲渡して代理店化する方法や、手数料率を9月までに全JAに示す意向です。背景には、信用事業を取り巻く厳しい環境がありますが、佐渡農協も例外ではありません。

② 信用事業譲渡のデメリット
農水省の資料にも、信用事業の譲渡・代理店化には、①JAの負担やリスクの軽減、②自己資本比率などの規制に縛られない、③貯金保険料やATM管理などのコスト削減などのメリット論しか記載していませんが、重大なデメリットがあることを見過ごしてはいけません。
①信用事業収益が営農指導を含む営農事業を支えるなどの、総合事業による経営的メリットの喪失、②地域に密着した金融機関としての性格の喪失、③協同組合としての協同組織金融機関としての性格の喪失です。それらを失っては地方銀行等との差は無くなるものと考えます。
③ 佐渡農協の経営者の考え方
私たちの経営者は佐渡農協を、経済・信用事業はもとより生活事業関連グループ会社も含めた佐渡農協グループー体として、農業だけではなく生活インフラを守る佐渡版地方創生ともいえる『佐渡市将来ビジョン』を担う中核組織として位置づけています。
その意味において、信用事業譲渡や代理店化については真っ向から否定しています。信用事業譲渡や代理店化によるメリットデメリットに関わらず、信用事業を営むことで経済・生活事業などの利用が拡大する相乗効果を発揮する総合事業を前提として考えているからです。また、実務的にはJAが信用事業を代理店化した場合、その手数料が消費税の課税対象になることも問題視しており、新潟県中央会には、代理店化では経営が成り立たないことの根拠をその試算で示すべく手数料率の早期の開示を求めています。

④地域の声
集落座談会などを通した地域の組合員や住民からは信用事業の在り方の方向性を確認する声はま
だ出されていないように感じます。しかし、佐渡農協は単なる地域金融機関ではなく、青年部・女性部・各生産者部会なども関わる協同組合金融組織です。万が一、信用事業の在り方についての誤った報道がなされれば、佐渡農協の信用事業に関する取り扱いについては注目を集め、その方向と真意の確認をするべくザワつくことは充分に想定されるものと考えます。地方銀行やゆうちょ銀行とは違い、2農協の信用事業が担う、地域を守り農業や暮らしを支える上での協同組合としての存在意義が、佐渡にはまだ色濃く浸透していることを日常的な実感を通して評価されているものと私は自負しているからです。

⑤今後の労働組合の活動
佐渡農協労働組合としては、全農協労連や新潟県農協労連と連帯して、規制改革推進会議や、新潟県選出国会議員への抗議活動や要請行動に今後も取り組みます。また、農協改革に関わる学習の必要性をこれまで以上に感じますので、農林中金や共済連、全農などの動向を注視しながら、学習会の開催をしていきたいと考えます。また、必要に応じて経営者とも連帯した行動をしていきたいと考えます。
いま、農協改革について大事なことは、①農協や農協グループが地域を守り、農業生産を拡大し、農家所得を向上させていくことを、事業を通して、しっかり農家や地域住民に評価していただくこと、②政府がめざす解体的農協改革の誤った方向が、地域創生を逆行させることを危機感をもって役職員が認識し、業務と協同活動を通して地域の評価から改革に対抗していくことだと考えます。
信用事業の在り方を巡る今後の農林中金や佐渡農協の動向をきっかけに、政府がめざす解体的農協改革の正体を暴き、しっかりそこに対抗できる理論武装と業務を通した農協組織の存在意義の発揮を念頭に、労働組合活動を盛り上げていきたいと思います。

以下は全国金融共闘ホームページ「4 ・14 金融共闘統一行動各単産の訴え」から転載
農協の信用共済事業への攻撃に反撃/ 全農協労連黒部書記次長
農協に対する様々な攻撃が継続しておこなわれ、信用部門では昨年11月規制改革推進会議が、現在650ほどある農協のうち半分は信用事業を営まなくするという提言をしている。農協の信用事業を、各県の信連または農林中金に譲渡して農協は窓口業務を代理店としておこなうというもの。これが進むと、地域の農家組合員、準組合員の貴重な資金が地元の農協の資金ではなくなり、信連や農林中金にゆだねられてしまう。共済については米国の在日商工会議所が毎年、外資の生保・損保とイコールフィッティングになるように制度改革を要求している。農協の信用事業や共済事業が今後大きな攻撃が受けると予想される。それを許さないとりくみを、全農協労連の枠にとどまらない全労連や他の協同組合関係の労働組合、農民組織と共闘組織を作って反撃していく運動にとりくんでいる。
金融共闘ホームページは「金融共闘ホームページ』で検索できます。




[54] ワークショップ「顧客目線の事業をつくる-真の顧客をみつけ、ニーズに刺さるビジネスを創造する―」(6/18・東京)

投稿者: 多賀俊二 投稿日:2017年 6月11日(日)23時28分46秒 fs76eedbbc.tkyc507.ap.nuro.jp  通報   返信・引用

起業家・スモールビジネス・ソーシャルビジネスが、売れる事業でミッションを達成するためには、真の顧客を見つけ、顧客ニーズに最適な事業を創造する必要があります。そのための方法を学び、手を動かすことで、あなたのビジネスをもっと顧客ニーズ志向に変える、実践的なワークショップです。

●日 時 2017年6月18日(日)13:00~17:00
●場 所
イノベーションオフィス銀座 9F「ローズ」
〒104-0061 東京都中央区銀座8-16-10 中銀本社ビル9階
http://tagashunji.net/access
●講 師:宮内 京子さん((株)アキュリオ代表、中小企業診断士)
ファシリテーター:多賀俊二(草の根金融研究所「くさのーね」代表、中小企業診断士、准認定ファンドレイザー)
●主 催:草の根金融研究所「くさのーね」
 共 催:(株)アキュリオ
●参加費:5,000円(当日現金払)
●主なプログラム
 ・宮内さんご講演「経営者・創業者のための「これから」の事業開発~まず顧客を見つけよう」
 ・ワーク1「真の顧客を見つけよう」
 ・ワーク2「真の顧客に刺さるビジネスを考えよう」
 ・まとめ(宮内さんからの総括とアンケート記入)
●お申込み 下記「こくちーず」ページより。
http://kokucheese.com/event/index/473322/
またはメールにて。 mailto:taga@e-mail.jp
●詳 細 http://tagashunji.net/archives/195
●チラシ http://tagashunji.sakura.ne.jp/documents/20170618workshop_flyer.pdf
●お問い合わせ 草の根金融研究所「くさのーね」(多賀)
 E-mail:taga@e-mail.jp
 多賀俊二ホームページ http://tagashunji.net/

http://tagashunji.net/archives/195



[53] 講演会・ワークショップ「『グラミン日本』の立上げに向けて」(6/2・3、東京)

投稿者: 多賀俊二 投稿日:2017年 6月 1日(木)19時53分51秒 fs76eedbbc.tkyc507.ap.nuro.jp  通報   返信・引用

日本の貧困者・生活困窮者に低利・無担保で少額融資を行い、起業や就労によって貧困から脱却することを支援するマイクロファイナンス機関「グラミン日本」(グラミン銀行の日本版)を立ち上げ、貧困のない、誰もが活躍できる社会を実現することについて、皆で語り合い、設立に向けた仲間づくりを目指します。
●日 時
2017年6月2日(金)18:30~20:50
2017年6月3日(土)14:00~16:20
(内容は同様のものですので、ご都合の良い方にご参加ください)
●場 所
レンタルプレイスなかぎん 4F「パイン」
http://tagashunji.net/access
●講 師:
菅 正広さん(明治学院大学大学院教授)
●主 催:草の根金融研究所「くさのーね」
 共 催:レンタルプレイスなかぎん
●参加費:3,000円(学生2,000円、当日現金払)
●主なプログラム
・オープニング(企画意図の説明等)
・菅さんご講演:「グラミン日本」の立上げに向けて
・質疑応答
・ワークショップ:「グラミン日本」を共に考え、行動する
・まとめ(菅さんからの総括とアンケート記入)
●お申込み
http://kokucheese.com/event/index/466424/
●チラシ:http://tagashunji.sakura.ne.jp/documents/20170602grameenjapan_flyer.pdf

http://tagashunji.net/archives/180



[52] 草の根金融研究所「くさのーね」わくわくワークショップその1「ソーシャルインパクトボンド活用可能性体験ワーク」

投稿者: 多賀俊二 投稿日:2017年 4月 6日(木)16時46分4秒 fs76eedbbc.tkyc507.ap.nuro.jp  通報   返信・引用

社会課題解決の新しい仕組みとして注目が高まるソーシャルインパクトボンドは、NPO等の資金調達手段としても大きな可能性があります。今回は、事業の当事者であるNPO等の目線から、ソーシャルインパクトボンドを社会課題解決のための道具として活用する可能性を、参加者の皆様とともに考えます。
●日 時
2017年4月13日(木)14:00~17:00
●場 所
イノベーションオフィス銀座 9F「ローズ」
http://tagashunji.net/access
●講 師:
幸地正樹さん(ケイスリー株式会社 代表取締役)
●主 催:草の根金融研究所「くさのーね」
●参加費:3,000円(当日現金払)
●主なプログラム
・オープニング(企画意図の説明等)
・幸地さんご講演「NPO・ソーシャルセクターの道具としてのソーシャルインパクトボンドとは」
・ワークショップ「ソーシャルインパクトボンドの活用可能性を体験してみよう」
・まとめ(幸地さんからの総括とアンケート記入)
●お申込み
http://kokucheese.com/event/index/462365/

http://tagashunji.net/archives/147



[51] わいわいトーク「KIBOW社会投資-ソーシャルベンチャーキャピタルとして」

投稿者: 多賀俊二 投稿日:2017年 3月28日(火)23時57分43秒 fs76eedbbc.tkyc507.ap.nuro.jp  通報   返信・引用


一般財団法人KIBOWの社会的インパクト投資事業は、ソーシャルベンチャーの「可能性を信じる」株式投資によって、社会的リターンに加えて経済的リターンを追求しています。この、国内でも例が少ない「ソーシャルベンチャーキャピタル」がソーシャルファイナンスの将来を切り開く可能性に迫ります。
●日 時
2017年3月30日(木)19:00~21:20
●場 所
イノベーションオフィス銀座 9F「ローズ」
http://tagashunji.net/access
●講 師:
山中礼二さん(一般財団法人KIBOW インパクト・インベストメント・チーム ディレクター)
●主 催:草の根金融研究所「くさのーね」
●参加費:3,000円(当日現金払)
●主なプログラム
 ・オープニング
 ・山中さんご講演「KIBOW社会投資-ソーシャルベンチャーキャピタルとして-」
 ・ミニワーク「KIBOWインパクト投資ファンドのここが知りたい」
 ・まとめ
●お申込み
http://kokucheese.com/event/index/459458/

http://tagashunji.net/archives/131



[50] 草の根金融研究所「くさのーね」本格始動! キックオフセミナー「草の根金融の志を語る」

投稿者: 多賀俊二 投稿日:2017年 2月22日(水)16時25分19秒 fs76eedbbc.tkyc507.ap.nuro.jp  通報   返信・引用


市民による手作りのソーシャルファイナンス・インパクト投資である「草の根金融」が社会を変える可能性と課題、草の根から社会と金融を変える「くさのーね」の取り組みと展望について、参加者の皆様と考えます。
●日 時
(1)2017年2月28日(火)14:00~16:20
(2)2017年3月1日(水)19:00~21:20
(3)2017年3月5日(日)14:00~16:20
※ 3日程とも同内容。
●場 所
(各日程共通)
イノベーションオフィス銀座 9F「ローズ」
〒104-0061 東京都中央区銀座8-16-10 中銀本社ビル9階
http://tagashunji.net/access
●講 師:多賀俊二(草の根金融研究所「くさのーね」代表、中小企業診断士、准認定ファンドレイザー)
●主 催:草の根金融研究所「くさのーね」
●参加費:2,000円(当日現金払)
●主なプログラム
 ・「くさのーね」創業への思いと経過
 ・草の根金融・ソーシャルファイナンスの現状を斬る!
 ・事業紹介:「くさのーね」はこうして草の根から社会と金融を変える
 ・これからの展望と協働のご提案
 ・(ミニワーク)草の根金融の未来を考える
チラシはこちら:
http://tagashunji.sakura.ne.jp/documents/20170228kickoff_flyer.pdf
●お申込み
下記「こくちーず」ページよりお願いします。
http://kokucheese.com/event/index/454294/
●お問い合わせ
草の根金融研究所「くさのーね」(多賀)
E-mail:taga@e-mail.jp
電話:080-1142-3783

http://tagashunji.net/archives/117



[49] 21SME勉強会(11.24)のご案内

投稿者: 木村忠夫(NPOビジネス・サポート) 投稿日:2016年11月12日(土)11時45分5秒 i219-164-24-247.s42.a013.ap.plala.or.jp  通報   返信・引用

最近の日銀や金融政策は、異例づくめで、理解困難、疑問も多いものになっているように思われます。
日銀の独立性は勿論、アベノミクスの第1の矢、マイナス金利の導入、先日(9.21)の総括的な検証(転換?)など、どう考えるべきでしょうか?
中小企業にとっての注意点なども確認したいところです。
今回は、この分野のエキスパートである熊野英生様(注)から、存分にお話いただき、勉強したいと思います。
(注)
・ご略歴:1967年7月 山口県生まれ。横浜国立大学経済学部卒。
1990年に日本銀行入行。2000年に第一生命経済研究所へ入社。2008年より日本FP協会評議員。
2011年4月より首席エコノミスト。2015年より日本FP協会理事。
・ご著書等:「バブルは別の顔をしてやってくる」(日本経済新聞出版社)、「本当はどうなの?日本経済―俗説を覆す64の視点」(日本経済新聞出版社)など。
専門は、金融政策、財政政策、為替市場、経済統計。

    ~21世紀中小企業勉強会(第25回)~

1.日時:11月24日(木)12:10~14:30 (12:10~昼食、12:30~勉強開始)

2.場所:商工会館7階B・C会議室 (℡03-3581-1634)
            (地下鉄虎の門駅または霞が関駅下車、霞が関ビル裏手)

3.テーマ:「最近の日銀・金融政策について考える―中小企業にとっての注意点」(仮題)

4.講師:熊野英生氏 (第一生命経済研究所首席エコノミスト)

5.会費:2,000円(昼食代含む。昼食ご不要の場合は1,000円)

  出欠及び昼食の要否のご連絡を、以下宛のメールまたはFAXにて、11月17日(木 )までにお願いいたします。
なお、領収書の必要な方は、領収書の宛名もあわせてお知らせ願います。
木村忠夫(tskimura@suite.plala.or.jp  、FAX03-3405-4575)

http://geo.npo-bs.net/



[48] NBS:21世紀中小企業勉強会

投稿者: 木村忠夫(NPOビジネス・サポート) 投稿日:2016年 8月27日(土)21時24分33秒 i219-167-240-116.s42.a013.ap.plala.or.jp  通報   返信・引用

25日の勉強会は、28名の皆様のご参加を得て、全国中小企業団体中央会の及川様から「中小企業組合の環境問題への取組 」について貴重なお話をいただき、その後、熱心な質疑・意見交換が行われ(平27実態調査結果、数々の取組事例、協同組合間連携、企業組合の可能性等)、大変有意義な会合になったと思われます。
ご参加いただいた皆様、誠に有難うございました。
今後、再エネ、省エネをはじめ、協同組合の環境問題への取組に関心を持ち、協力・連携の可能性・方途など検討していきたいと思います。
続きまして、次回勉強会、以下により開催させていただきますのでご案内します。
中小企業のIT利活用を巡っては、 今年の「中小白書」でも論じられていました。すなわち、「収益力を向上させるためには、売上拡大と費用削減が必要」とし、中小企業に3つの課題(IT活用による生産性向上、海外展開による外需獲得、リスクマネジメント)に取り組むことを提案されています。
また、「小規模白書」」でも、IT利用の実情が述べられています。
  この際、IT利活用の方策について、特にセキュリティ対策・サイバー対策などを中心に具体的・実務的にお話いただくことになりました。
  奮ってのご参加、よろしくお願いします。

*****************************

   ~21世紀中小企業勉強会(第24回)~

1.日時:9月15日(木)12:10~14:30 (12:10~昼食、12:30~勉強開始)

2.場所:機械振興会館(B2階2号室) 東京都港区芝公園3-5-8(東京タワー前)
           電話:03-3434-8216~7         交通 :地下鉄  日比谷線神谷町駅または都営浅草線・大江戸線
                       大門駅下車

3.テーマ:「中小企業によるインターネット活用の課題~安全・サイバー対策への取組等」

4.講師:山内 徹氏 ((一財)日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)常務理事・インターネットトラストセンター長)

5.会費:2,000円(昼食代含む。昼食ご不要の場合は1,000円)

  出欠及び昼食の要否のご連絡を、メールまたはFAXにて、9月8日(木 )までにお願いいたします。
  なお、領収書の必要な方は、領収書の宛名もあわせてお知らせ願います。

  木村忠夫(tskimura@suite.plala.or.jp  、FAX03-3405-4575)

                  以 上

http://geo.npo-bs.net/



[47] 21世紀中小企業勉強会

投稿者: 木村忠夫 投稿日:2016年 8月 3日(水)14時46分20秒 i58-89-8-35.s42.a013.ap.plala.or.jp  通報   返信・引用

  暑中お見舞い申し上げます。
 8月に入りましたので、以下、ご案内させていただきます。
  環境問題を巡っては、 目下、昨年12月のCOP21合意を受け、地球環境問題への一層の取組が世界的課題になっています。
  この中で、地域社会で活動する協同組合の果たすべき役割も大きなものがあり、“省エネ”、“再エネ”への取組も含め、大いに勉強したいと思います。
   奮ってのご参加、よろしくお願いします。
                木村忠夫
****************************

   ~21世紀中小企業勉強会(第23回)~

1.日時:8月25日(木)12:10~14:30

2.場所:商工会館7階B・C会議室 (℡03-3581-1634)
(地下鉄虎の門駅または霞が関駅下車、霞が関ビル裏手)

3.テーマ:「中小企業組合の環境問題への取組」(仮題)

4.講師:及川 勝氏 (全国中小企業団体中央会事務局次長・政策推進部長)

5.会費:2,000円(昼食代含む。昼食ご不要の場合は1,000円)

  出欠及び昼食の要否のご連絡を、本メールの返信またはFAXにて、8月19日(金 )までにお願いいたします。
  なお、領収書の必要な方は、領収書の宛名もあわせてお知らせ願います。

  木村忠夫(tskimura@suite.plala.or.jp  、FAX03-3405-4575)

追伸
最近の経済状況、実体経済の状況は、ますます厳しさを増しているようです。
「中小企業景気関連指標」の最新版、ご覧下さい。鉱工業生産、商業販売、家計収入、消費、企業経営などいずれも極めて厳しいものがあります。
(NPOビジネス・サポートHP(http://geo.npo-bs.net/)または経済産業統計協会HP(http://www.etisa.or.jp)のトップページ「中小企業景気関連指標」をク リックし、「主要指標の最新の動向」や「データ編」などご参照)
経済対策として、旧来の補正予算(公共事業等)などが検討されていますが、まず、ビジネスにおいて、労働条件の改善(雇用の安定化を含む)、取引条件の改善(特に下請取引等において)などが進められることが基本的に重要と思われます。

http://geo.npo-bs.net/



[46] NBS:中小企業白書・小規模企業白書勉強会

投稿者: 木村忠夫 投稿日:2016年 5月19日(木)14時11分4秒 i58-93-237-222.s42.a013.ap.plala.or.jp  通報   返信・引用

例年同様、4月22日に、「中小企業白書」が閣議決定、公表され、また、同時に、一昨年成立・施行された小規模企業振興基本法に基づく第2回目の「小規模企業白書」も、閣議決 定、公表されました。
今回は、この2つの白書について、一括、勉強したいと思います。
「金融」についても、かなり詳しく分析されています。
なお、ご好評につき、会場を拡大・変更しました。
奮ってのご参加、どうぞよろしくお願いします。(既にご回答いただいた方は、ご返答ご無用です)

・年初来の景気動向・経済動向は、海外要因、国内要因、織り交ざって、容易ならざるものがあると思います。
株価は、年初以来、大幅に下落し、それ以上に、実体経済は、ますます厳しさを増しているように思われます。
(鉱工業生産の長期的低迷、商業販売額・家計実収入・家計消費支出の不振継続等きわめて厳しい状況です。 追伸、ご参照)

・消費の不振は、暖冬など一時的なものではなく、構造的なものであり、これに対応した根本的対策が必要と考えますが、如何でしょうか?

このような状況下、中小企業・小規模企業、また関連政策はいかにあるべきか、「白書」では、どのように論じられているか、大いに勉強したいと思います。
木村忠夫
**********************

  ~21世紀中小企業勉強会(第22回)~

1.日時:6月2日(木)12:00~15:00

2.場所:機械振興会館(B3-1号室) 東京都港区芝公園3-5-8(東京タワー前)
           電話:03―3434―8216~7          交通 :地下鉄  日比谷線神谷町駅または都営浅草線・大江戸線大門駅下車

3.テーマと講師
(1)2016年版中小企業白書について (12:20~13:40 )
               中小庁調査室長 伊奈友子氏
    * 構成:平成27年度の中小企業の動向、中小企業の生産性分析、中小企業の稼ぐ力など

(2)第2回小規模企業白書について(13:40~15:00)
              中小庁小規模企業振興課課長補佐 松田圭右氏
   *構成:小規模事業者の動向、小規模事業者の未来、小規模事業者のたくましい取組―未来につなげるなど

4.会費:2,000円(昼食代含む。昼食ご不要 の場合は1,000円)
     出欠及び昼食の要否のご連絡を、本メールの返信またはFAXにて、5月 27日(金)までにお願いいたします。
     なお、領収書の必要な方は、領収書の宛名もあわせてお知らせ願います。
                    木村忠夫(tskimura@suite.plala.or.jp 、FAX03-3405-4575)

追伸
・IMFの世界経済見通し(GDP成長率、4.12発表)では、世界2016:3.2%、2017:3.5%、うち米国2.4、2.5、ドイツ1.5、1.6、日本0.5、▲0.1、英国1.9、2.2、中国6.5、6.2、インド7.5、7.5、ASEAN5か国4.8、5.1などとなっており、我が国は、表記各国中の最下位にあります。
・「中小企業景気関連指標」の最新版、ご覧下さい。極めて厳しいものがあります。(NPOビジネス・サポートHP(http://geo.npo-bs.net/)または経済産業統計協会HP(http://www.etisa.or.jp/)のトップページ「中小企業景気関連指標」をクリックし、「主要指標の最新の動向」や「データ編」などご参照)

********************************

http://geo.npo-bs.net/


レンタル掲示板
50件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.