【協同金融研究会】掲示板



カテゴリ:[ ビジネスと社会/経済 ]


新着順:1/51
記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》


[57] 『信用組合のルーツをたどる』が出版されました

投稿者: 森谷久子 投稿日:2018年 3月 8日(木)21時41分12秒 nttkyo957034.tkyo.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

書籍のご紹介です。
青山学院大学の落合功教授が、機関誌「しんくみ」に連載した『信用組合のルーツをたどる』が、すいれん舎から出版されました。

相互扶助に基づく金融機関の歴史(4つの協同金融が分離するまで)を、わかりやすい文章で紹介したブックレットです。90ページくらいの薄い本なので、協同金融で働きたいと考えている学生さんや、働き始めたばかりの若い方々が、通学・通勤電車の中で気軽に読めると思います。

お値段は本体900円+税。
お申し込みはすいれん舎までお願いします。
http://www.hanmoto.com/bd/suirensha


なお、今週末(3月10日)の協同金融研究会シンポジウムでも販売されますので、ご興味のある方はこの機会にお買い求めください。

シンポジウムのご案内はこちら↓↓↓
http://kyodokinyu.org/20180310symposium15.pdf

◆『信用組合のルーツをたどる』目次
第1章 信用組合の精神
第2章 危機の中での相互扶助
第3章 信用組合論の登場
第4章 産業組合運動の展開
第5章 中小企業者や労働者のための信用組合
第6章 混乱と萌芽の時代
第7章 協同組合精神と信用購買利用組合
第8章 中小企業等協同組合法の成立
第9章 中小企業等協同組合法制定後の金融事情と信用金庫の成立
第10章 合併と分離、そして統合
第11章 決断
第12章 すそ野を支える信用組合
おわりに


新着順:1/51
記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.