teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


遅い、切れる、つながらない 仕事の無線LAN、あるある大失敗。(1)~(17)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 9月 8日(木)12時51分21秒 p121.net059084007.tnc.ne.jp
返信・引用
  (15)[失敗その15]無線LAN対応なら端末の機種やOSは気にしなくてもいいよ。1~2

  2、クライアント選びも慎重に。

無線LANを本格的に利用するなら、
パソコンやタブレットといったクライアントの機種選びも変わってくる。

11nや11acなどの5GHz帯の電波を使って無線LANを構築するのなら、
5GHz帯をサポートするパソコンを選定する。
企業向けでも低価格な機種に、2.4GHz帯にしか対応していないパソコンがある。

また、期待する速度を実現できるかにも着目しよう。
同じ11b/g/n対応クライアントでも、アンテナの数次第で最高速度のカタログ値は変わる(図1)。
ある程度の速度が求められるビデオ会議やリモートデスクトップなどに使うなら、チェックしておこう。

図1、802.11n対応クライアントでも速度は異なる。
     企業向けパソコンでは、2.4GHzしか対応していない機種も多い。
     同じ無線LAN規格に対応していても、
     搭載するアンテナの数によって、理論上の最高速度も大きく変わる。

※ 次回は、(15)が、終わりですから、、、
           (16)[失敗その16]無線LANクライアントはパソコンだけ把握しておけば大丈夫。1~2
             1、無線LANに接続しない機器も、オフィスの中で電波を発している。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.
 
 

Q&A で 分かる Windows 10 。(1)~(108)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 9月 8日(木)08時55分40秒 p121.net059084007.tnc.ne.jp
返信・引用
  (6)「新機能も随時追加」で、大きく変わった、Windows 10 の Windows Update。1~5

  5、マイクロソフトの社内では、開発が行われていて、、、。

マイクロソフトの社内では、開発が行われていて、毎日ビルドが作られている(デイリービルド)。
ビルドは、Windowsの開発チーム内で評価され、
比較的状態のいいものが、評価用として社内に配布される。

この過程で大きな問題が発生しないようなら、進行中の問題点の解決などが、
行われたものをプレビュー版として「Fast」を設定しているユーザー向けに配布する。

WIPのFastに配布されたもので、比較的状態のいいものは、WIPのSlowグループへの配布が行われる。
こうしたサイクルを繰り返し、ビルドは完成に近づいていく。
一定の目標を達成し、致命的なエラーのないものが、正式リリースビルドになる。

画、マイクロソフトの社内では、毎日ビルドが作られていき、それを社内で評価したのち、
    状態のよいものが、Windows Insider Program(Fast設定)に対してリリースされる。
    さらにその中で安定しているものはSlow設定のユーザーにもリリースされる。

WIPで提供されるビルドは個々のソフトの開発状況などにより、
必ずしも「安定」しているとは限らない。例えば、新機能は追加されているが、
それまで使えていた無線LANが認識されなくなったりすることもある。
一度正式版になったビルドを基に開発が進められているとはいえ、問題が起こらない保証はない。

※ 次回は、(6)が、終わりですから、、、
           (7)Windows 10の標準ブラウザー「Edge」とIEの互換性。1~6
             1、Windows 10 では、標準のWebブラウザーが、
                      Internet Explorer(以下IE)からEdgeに変わった。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.
 

遅い、切れる、つながらない 仕事の無線LAN、あるある大失敗。(1)~(17)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 9月 7日(水)16時18分52秒 p043.net059084008.tnc.ne.jp
返信・引用
  (15)[失敗その15]無線LAN対応なら端末の機種やOSは気にしなくてもいいよ。1~2

  1、無線LANのトラブルは、クライアントに原因がある場合も多い。

社内で使われている、
クライアントやそのOSのバージョンなどを把握するのは重要な取り組みである。

一度発生したトラブルが、同一機種の別のクライアントでも発生するなら、
そのOSやハードウエアに原因があるかもしれない。
「タブレットが別のAPにつなぎ直すハンドオーバーに対応できず、通信できなくなる現象があった。
そのバージョンのAndroidがハンドオーバーに未対応だったようだ」(富士通の岡田氏)。

パソコンやタブレットの多くは、APを切り替えてハンドオーバーする基準を公表していない。
それぞれ独自に、ハンドオーバーでAPを切り替える基準を決めているためだ。

Θ とりあえずアップデート。
OSや無線LANドライバーなどの仕様に起因するトラブルもある。例えば、Windows Vista/7。
無線LANに接続した際に、ARPアープ▼のパケットを大量に発信する特徴があった。
「ネットワークセグメントが大きいと、
ARP要求のトラフィックで帯域を圧迫するほど」(ユニアデックスの秋谷氏)。

解決策の一つは、無線LANコントローラーが備える、ブロードキャストのパケットを、
ユニキャストに変換する機能の利用だ(図1)。
セグメントにあるすべてのクライアントに送られていたARPを、
特定の宛先だけに限定するようにしてトラブルを回避できた。
ただし現在はVista/7のこうした挙動は解消されたようだ。

図1、ARPを大量に発信するクライアントを想定しブロードキャストを制限。
     Windows Vista/7は、無線LAN環境でARPパケットを大量に発信する場合がある。
     そうしたクライアントが多いと、ARPパケットがネットワーク全体にブロードキャストされて、
     トラフィックが増加する。対策としては、無線LANコントローラーに実装されている、
     ユニキャスト変換機能を使って、ブロードキャスト通信を止める対策が有効だ。

無線LANで起きたトラブルの、
原因がOSやドライバーソフトの不具合であっても、その特定は簡単ではない。
ただ、原因を突き止められないときは、
取りあえずクライアントのドライバーを最新版にしてみるとよい。
「意外に有効な手段で、問題が解消された経験がある」(富士通の福島氏)。

※ 次回は … 2、クライアント選びも慎重に。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.
 

Q&A で 分かる Windows 10 。(1)~(108)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 9月 7日(水)12時37分41秒 p043.net059084008.tnc.ne.jp
返信・引用
  (6)「新機能も随時追加」で、大きく変わった、Windows 10 の Windows Update。1~5

  4、アップグレード延期の「継続時間(月)」は、
               Windows Update経由のアップグレードをどれだけ延期するかという設定だ。

それに対してアップデート延期の「継続時間(週単位)」は、最大1カ月、アップデートを延期でき、
設定は週単位で行える。この2 つは、設定しておくと、毎回延期が行われる。

画1、「アップグレードおよび更新を延期する」では、
     アップグレードの延期(最大8カ月・月単位で設定)更新(アップデート)の、
     延期(最大1カ月・週単位で設定)といった設定項目に加え、
     更新やアップグレードを翌月まで、一時停止するという設定項目がある。

これに対して「一時停止のアップグレードおよび更新プログラム」とは、
原文は、Pause Upgrades and Updatesとなっており、
「アップグレードおよびアップデートの一時停止」という意味で、これをオンにすると、
翌月の毎月アップデートのタイミングまで、アップデートやアップグレードの適用を停止できる。
ただし、毎月適用するためには再設定が必要になるようだ。

マイクロソフトの説明によれば、
Pro以上のエディションで利用可能な「Windows Update for Business」では、
アップグレードビルドの適用を延期できるという。延期できるのは、アップグレードのみで、
セキュリティや修正用のアップデートは、常に配布されてインストールされる。

Θ 正式提供に先駆けて新しいバージョンのWindowsを使いたい。
Windows Insider Program(WIP)に参加すると、
Windows Updateで開発途中の新バージョンがインストールされるようになる。

WIPには、マイクロソフトのWebサイトにアクセスして参加する。
2015年11月時点のWIPでは、Microsoftアカウントの登録が必須になっている。
WIPで提供されるビルドは、正式リリース前のものだ。
「設定」→「更新とセキュリティ」→「Windows Update」→「詳細オプション」とたどり、
「Insiderビルドの入手」で設定すれば、開発版をいち早く利用できるようになる。

画2、「Insiderビルドの入手」を利用するには、Windows Insider Programへの参加が必須。
     2015年11月時点では特別な資格、費用は不要だ。
     「Slow」か「Fast」をスライダーで選ぶ。更新が速いのがFastだ。

※ 次回は … 5、マイクロソフトの社内では、開発が行われていて、、、。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.
 

遅い、切れる、つながらない 仕事の無線LAN、あるある大失敗。(1)~(17)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 9月 6日(火)10時10分25秒 p071.net059084008.tnc.ne.jp
返信・引用
  (14)[失敗その14]既存のLANにそのままAPをつないで無線LANを導入した。1~2

  2、これがイイ無線LANだ!「セイコーインスツルセキュリティ強化で設置要望が続々」

セイコーインスツルとセイコーホールディングスは、
無線LANシステムの本格整備に着手している(写真G)。
2016年3月末までに200台のAPを配備する計画だ。「目指すのは、無線LANを意識せずに、
社内どこでもネットワークを使える環境」(セイコーインスツル 情報システム部の鈴木 聡士氏)。

従来はグループ各社が個別に異なるAPを導入していた。セキュリティ対策にもバラツキがあった。
そこで各社を説得し、APを入れ替えて、一元管理の仕組みを導入。セキュリティ対策からサポートまで、
情報システム部が管理する体制にした。安心して使えるためか、設置要望が増えている。

写真、社内に設置されたAPと無線LANを使っている様子。
      グループ内からのAP設置を求める要望が増えており、2016年度以降も増設を続ける。
      最終的には400台になる見込み。

※ 次回は、(14)が、終わりですから、、、
           (15)[失敗その15]無線LAN対応なら端末の機種やOSは気にしなくてもいいよ。1~2
             1、無線LANのトラブルは、クライアントに原因がある場合も多い。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.
 

Q&A で 分かる Windows 10 。(1)~(108)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 9月 6日(火)08時51分40秒 p071.net059084008.tnc.ne.jp
返信・引用
  (6)「新機能も随時追加」で、大きく変わった、Windows 10 の Windows Update。1~5

  3、なお、Windows10Homeのアップグレードの ... 。

経過をCurrent Branch(カレントブランチ)、
Pro以上の延期が可能な場合の経過をCurrent Branch for Businessと呼ぶ。
また、インサイダーの場合Insider Preview Branchという。

「ブランチ」とは、枝別れのことで、ソフト開発では、
リリースした製品などをメインの開発とは別に修正する、
あるいは評価目的で、別の機能を付けるような場合を指す。
メインの開発で作られるビルドなどとは別の経過をたどるという意味になる。
ただし、Windows Updateでは、基本的には、どのブランチも速度差はあれ、
同じアップグレードビルドをインストールしていくことになる。

図1、Windows Insiderでは、随時「アップグレード」が配布されて、
     次の正式リリースに移行していく(図の黒色の線)、これに対してHomeでは、
     正式リリースのみを利用する(図の青の線)。
     Pro 以上では、「アップグレード」のタイミングを最大8カ月遅らせることができる。

Θ Windows Updateは延期以外に適用を細かく制御できる?
Windows 10 Pro以上のエディションでは、グループポリシーエディタを利用して、
Windows Updateの詳細設定が可能だ。基本的には、Windows 8までの項目もそのまま残っている。
こうした項目が有効ならば、従来通りの制御が可能ということになる。
2015年11月上旬に提供開始されたWindows 10 Proには、
Windows 8には無かった「アップグレードを延期する」という項目が追加されている。

図2、Windows 10 Proのグループポリシーエディターの「Windows Update」には、
     Windows 8とほぼ同じ項目がある。Windows 10 Proには、
     「アップグレードおよび更新を延期する」という項目が追加されている。

※ 次回は … 4、アップグレード延期の「継続時間(月)」は 、、、。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.
 

遅い、切れる、つながらない 仕事の無線LAN、あるある大失敗。(1)~(17)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 9月 5日(月)17時06分7秒 p186.net059084004.tnc.ne.jp
返信・引用
  (14)[失敗その14]既存のLANにそのままAPをつないで無線LANを導入した。1~2

  1、 無線LANを導入する際に見落としがちなのが、トラフィックの変化だ。

無線LANの速度は侮れない。11nでも、1台あたりの速度は数十Mビット/秒だ。
有線LANを増強し、無線LANに影響を与えないようにしたい。

特に注意したいのが、無線LANコントローラー回りのトラフィックだ(図1)。
無線LANの通信を一旦集約するゲートウエイとして動作し、
アクセス先を制御する機能を備えるものがある。

図1、スイッチやコントローラーがボトルネックになり得る。
     無線LANを導入する際は、トラフィックの変化にも注意したい。
     古いスイッチや通信が集中するコントローラーがボトルネックになることがある。

この場合、「トラフィックがコントローラーとその周辺スイッチに集まり、
パケットの流れが大きく変わる」(富士通の福島氏)。変化を想定し、
スイッチの処理能力の増強や、機器故障を想定した冗長化などの対策をしておきたい。

クライアントの種類にも気をつけよう。
「iPhoneのように一斉にOSのアップデートが実施されるクライアントが多いと、
短時間に突発的なトラフィックが発生する」(フルノシステムズ 営業本部の渡辺 大輔氏)。

※ 次回は … 2、セイコーインスツル セキュリティ強化で設置要望が...。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.
 

Q&A で 分かる Windows 10 。(1)~(108)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 9月 5日(月)07時33分50秒 p066.net059084001.tnc.ne.jp
返信・引用
  (6)「新機能も随時追加」で、大きく変わった、Windows 10 の Windows Update。1~5

  2、このため、従来よりもアップデートや、、、。

アップグレードが行き渡るための時間が短縮され、受信する側も同じものをPCが個別に、
ダウンロードしないため、インターネット接続部分の通信量が削減できるというメリットがある。

なお、この配信の最適化は、全てのエディションで標準でオンになっており、
Enterpriseエディション、教育機関向けエディションは、
ローカルネットワーク内からのみ、それ以外のエディションでは、
インターネット側とローカルネットワーク側のPCから受信を行なう設定になる。

これまで、Windows Updateは1つのサービスで、企業向けは、自社内にサーバーを置き、
全体的な制御を行っていた。また、個々のPCでアップデートを全くしないという選択を含めて、
ユーザーがダウンロードとインストールを制御できた。
Windows 10 Homeでは、ユーザーはWindows Updateの動作選択はできなくなった。

Homeで選択可能なのは、再起動が必要なアップデートがインストールされたあとの、
再起動のタイミングのみだ。これにより、Windows 10のビルドもほぼ強制的に適用されていき、
多数のWindows 10 Homeマシンは「最新版」になっていく。

画1、Windows 10 Homeでは、「アップグレード」が配布されると強制的に更新が行なわれる。
     Pro以上のエディションの「Windows Update for Business」では、
     「アップグレード」などを設定で延期できる。

これに対してPro以上のエディションでは、「アップグレード」を延期できるようになっている。
できるのは延期のみで、「拒否」はできない。ある時点のビルドを一定期間維持でき、
次のビルドが提供されても、その適用を一定期間猶予できる。
これを縦軸にビルド、横軸に時間を取った図にすると、階段状のグラフになる。

画2、Windows 10 Pro の Windows Updateには、
    「アップグレードを延期する」という設定項目がある。

※ 次回は … 3、なお、Windows10Homeのアップグレード... 。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.
 

遅い、切れる、つながらない 仕事の無線LAN、あるある大失敗。(1)~(17)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 9月 4日(日)10時52分20秒 p081.net059084001.tnc.ne.jp
返信・引用
  (13) [失敗その13]複数の無線LANに同じSSIDを設定しても問題ないよね。1~2

  1、社内ネットワークをVLANなどで複数に分けている場合には、、、。

同じSSIDの無線LANに接続しているのに、突然通信できなくなることがあるので注意したい。

Θ 切り替えに失敗する。
ビルのフロアや部署ごとにVLANでネットワークを分けている場合などがそうだ。
無線LANを1つのSSIDにして運用していると、ユーザーがフロアを移動した際に、
無線LANのハンドオーバー▼が発生する。別のAPに自動的に接続し直したはずが、
その先にある社内サーバーやインターネットにアクセスできない(図1)。

図1、VLANの切り替えが少ないネットワーク設計にする。
     無線LANでは、利用者が移動してクライアントを使うことを前提とする必要がある。
     ハンドオーバー時にVLANを切り替えた際には、ネットワーク接続がうまくいかないことがある。
     SSID当たりのVLANの数は少ない方が無難だ。

この場合、必ずしも無線LANに問題があるわけではない。むしろ、
「別のVLANに接続するためのIPアドレスの変更が、
うまくいっていないケースが多い」(ユニアデックスの秋谷氏)。
DHCPサーバーとのやり取りや端末の仕様に起因する通信トラブルだ。

無線LANのハンドオーバー時に、こうした処理が必要にならないよう、
ネットワーク設計を見直す必要があるだろう。

▼ ハンドオーバー。
   無線LANクライアントや携帯電話などを移動しながら利用する際に、
   通信をしたまま、複数の基地局や中継装置を切り替えること。

※ 次回は、(13)が、終わりですから、、、
           (14)[失敗その14]既存のLANにそのままAPをつないで無線LANを導入した。1~2
             1、 無線LANを導入する際に見落としがちなのが、トラフィックの変化だ。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.
 

Q&A で 分かる Windows 10 。(1)~(108)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 9月 4日(日)10時25分42秒 p081.net059084001.tnc.ne.jp
返信・引用
  (6)「新機能も随時追加」で、大きく変わった、Windows 10 の Windows Update。1~5

  1、Windows 8.1 から Windows Updateは、セキュリティや不具合の、
                       修正用のパッチだけでなく、Windowsそのものも配布可能になった。

また、Windows Updateでは、デバイスドライバーなどのハードウエア関連の、
アップデートやOfficeなどのデスクトップソフトウエア、最近では、
サードパーティのソフトなどのアップデートの配布が行われている。

Θ 常に変わり続けるWindows 10、Windows Updateはどう変わった?
Windows Updateで配布されるもののうち、
Windows自体のビルド番号を更新するものは「アップグレード」といい、
それ以外のものを「アップデート」と呼ぶようだ。
「アップデート」は、従来のセキュリティや修正といったものを指す。
一般的な用語と混同すると話がややこしくなるため、
ここではこの意味で使う場合にはカギ括弧付きの「アップデート」「アップグレード」と表記する。

Windows 10では、ストアアプリ(および後継のユニバーサルWindowsプラットフォームアプリ)は、
Windowsストア経由でアップデートする。Windows自身やドライバー、デスクトップアプリなどは、
Windows Updateが自動更新を行っていく。

Windows Updateは、Windows 10のシステム更新を一手に引き受けているわけだ。
Windows 10では、Windows Updateにも変更がある。Windows 10では、
アップデート(およびWindowsストアで配布されるアプリ)などをマイクロソフトの、
サーバーからだけでなく、既に受信を完了した他のPCからも受信する機能が追加された。

画1、Windows Updateには「配信の最適化」と呼ばれる機能があり、
     マイクロソフトのサーバーからだけでなく、
     既にアップデートなどを受信した他のPCからも受信することが可能になっている。

これは「配信の最適化」と呼ばれており、
ローカルネットワークのPC間であれば、高速に受信が行なわれる。
これは、受信したアップデートなどをキャッシュに置き、細かく分割したうえで、
まだ受信していない他のPCに配信する。細かく分割するのは、送信側になるPCが複数ある場合、
それぞれが違う部分を同時に送信できるようにして、送信側の負荷を下げるようにしているためだ。

また、受信側は大きなファイルを順次受信するのではなく、
分割された各部分を同時に複数のPCから並列に受信することで受信時間を短縮できるメリットがある。

※ 次回は … 2、このため、従来よりもアップデートや、、、。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.
 

遅い、切れる、つながらない 仕事の無線LAN、あるある大失敗。(1)~(17)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 9月 3日(土)16時36分1秒 p254.net059084013.tnc.ne.jp
返信・引用
  (12)[失敗その12]端末は一度認証したら、
                                  社内のどこにアクセスしても大丈夫だよね。1~1

  1、認証済みのクライアントなら、無線LAN接続後は、
                      自由に社内のネットワークを利用できる、というようでは問題だ。

認証した方式やクライアントの種別などに応じたアクセスコントロールを実施したい(図1)。

図1、接続方法やクライアントの種別に応じた制御が必要。
     無線LANを導入することで、様々なクライアントがLANに接続できるようになる。
     誰が使っているかや、どのようなセキュリティ対策が実施されているかなどにより、
     LANでどのように制御すべきかを決める必要がある。

VLAN▼やAPのアクセス制御機能を使って制御する。
例えば、電子証明書で認証した業務用クライアントなら、
有線クライアントと同様に、業務サーバーへのアクセスを許可する。
BYODやゲストアクセスのクライアントは、
インターネットへのアクセスだけを許可する、といった具合だ。

無線LANクライアントを有線と同様に扱うのは抵抗がある、という企業もまだ多い。
もし既に、インターネットを経由したリモートアクセスの仕組みを用意しているなら、
無線LANクライアントを同じポリシーで制御するのも方法の一つだ(図2)。
無線LANに接続したクライアントを、
インターネット経由と同じように強制的にVPNゲートウエイ▼にアクセスさせて管理する。

図2、無線LAN経由のアクセスをインターネット扱いに。
     無線LAN接続のリスクを測りかねる場合は、従業員が自宅や外出先からインターネット経由で、
     アクセスする場合と同じポリシーを適用する。いったんVPNゲートウエイに誘導し、
     インターネット経由で社内LANに接続するクライアントと同じ仕組みで、
     アクセス先や利用アプリケーションを制限する。

▼ VLAN
   Virtual LANの略。LANスイッチを使ってレイヤー2でネットワークを仮想的に分割する。
▼ VPNゲートウエイ
   クライアントとの間にVPN(Virtual Private Network)を構築するための通信装置。
   認証機能やアクセス制御機能を備えるものが多い。

※ 次回は、(12)が、終わりですから、、、
           (13) [失敗その13]複数の無線LANに同じSSIDを設定しても問題ないよね。1~2
             1、社内ネットワークをVLANなどで複数に分けている場合には、、、。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.
 

Q&A で 分かる Windows 10 。(1)~(108)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 9月 3日(土)09時01分5秒 p152.net059084012.tnc.ne.jp
返信・引用
  (5)Windows 10で仕様が変わったリカバリー関連機能を整理する。1~9

  9、システムの保護は、ボリュームシャドウコピーと、
                              呼ばれるコピーを自動で作成しておくもの。

コピーは、ボリューム(ファイルシステムが作られたパーティション)単位で行われ、
そのルートフォルダーにある\System Volume Informationフォルダーに記録される。
作成されたシャドウコピーは、
「復元ポイント」とも呼ばれ、障害時に元の状態に戻す場合などに使われる。
利用する容量はユーザーが変更することが可能だ。ただし、ドライブ容量が小さなPCでは、
購入時などに無効にしてある場合がある。Windows 10では、
メーカー製PCをアップグレードした場合には、元のWindowsの設定を引き継ぐようだ。

システム負荷などを考えると、ユーザーデータの保護には、ファイル履歴を利用するのが得策だ。
ファイル履歴自体、スリープなどに対応しており、システム負荷も小さい。
また、ネットワークや外付けドライブが利用できない可能性があるモバイルPCでも、
再接続したときに再開が可能だ。

「回復」でも更新されたバージョンのWindowsが使える?

Windows 8のプッシュボタンリカバリーは、原則、PCメーカーが作成した、
「回復パーティション」にあるInstall.wimファイルをイメージとしてリセットや、
リフレッシュを行い、リフレッシュに関してのみ、ユーザーが作成したカスタマイズの、
WIMファイルを利用することができた。
このため、「リセット」は、PCを工場出荷状態に戻すことと同義だった。

これに対してWindows 10では、もはや回復パーティションは必要なく、
Windowsがコンポーネントなどを保存しておく、
「コンポーネントストア」(C:\Windows\WinSxS)に登録されている、
ファイルをベースに回復用のWIMイメージを作成する。

デバイスドライバーは、そのとき組み込まれているドライバーを利用する。
ただし、Windowsを構成するコンポーネントやデバイスドライバーは、
Windows Updateで更新が行われる可能性がある。このため、回復に使われるWIMファイルは、
Windows Updateなどによる更新から28日を経過したものを反映させるようになっている。
これは、Windows Updateといえども障害が発生する可能性は皆無ではなく、
間違ったドライバーが配布される可能性があるからだ。

Windows 10で回復機能を使うと、約1カ月前の状態を反映したWindowsに戻ることになる。
Windows 10では、今後も新機能の追加などで、ビルドが更新される可能性があり、
回復機能もこれに対応したものになっている。

Windows 8.1 UpdateのプリインストールマシンからアップデートしたWindows 10の場合、
回復パーティションの構成が、Windows 10の要求に合致していると、
「工場出荷状態に戻す」選択肢として提示されることがある。
これは、リセット/リフレッシュ機能(「設定」→「更新とセキュリティ」→「回復」→
「このPCを初期状態に戻す」)の画面で表示される。

※ 次回は、(5)が、終わりですから、、、
           (6)「新機能も随時追加」で、
                       大きく変わった、Windows 10 の Windows Update。1~5
             1、Windows 8.1からWindows Updateは、セキュリティや不具合の、
                  修正用のパッチだけでなく、Windowsそのものも配布可能になった。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
 

遅い、切れる、つながらない 仕事の無線LAN、あるある大失敗。(1)~(17)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 9月 2日(金)17時11分40秒 p060.net059084007.tnc.ne.jp
返信・引用
  (11)[失敗その11]MACアドレス認証を、施していれば不正侵入対策はバッチリ!1~2

  2、PSK認証は、APやSSIDごとの共有キー(パスワード)で認証する仕組み。

最も手軽だが、安全性は低い。共有キーを一度知ったらいつでも誰でも無線LANに接続できてしまう。
「共有キーを社外秘にすればよい」と考えるかもしれないが、共有キーを知っている従業員なら、
どんな機器でも無線LANに接続できてしまう点も、セキュリティの面でリスクとなる。
不正プログラムが入ったパソコンやスマートフォンが社内に侵入するきっかけになりかねない。

PEAPは、ユーザーごとに異なるIDとパスワードで認証する方式である。Active Directoryの、
ドメインに設定したアカウント情報と連携させ、無線LANの認証に使う企業は多い。
ただ、「使用するクライアントを制限しにくいのが欠点」(ユニアデックスの秋谷氏)だ。

Θ できれば電子証明書を。
最も安全性が高いのは、電子証明書による認証。「EAP-TLS▼」方式が一般的だ。
クライアントに電子証明書を配布し、PIN▼などでユーザーを認証したクライアントのみ、
無線LANに接続できるようにする。APではIEEE 802.1X▼を使ってアクセスを制御する仕組みである。

ただ、電子証明書を利用するには、認証サーバー▼や、電子証明書を管理するCA▼が必要になる。
これらを運用する体制も整備しなくてはならない。認証サーバーやCAが組み込まれた、
アプライアンス製品の導入や、無線LANの運用代行サービスの利用も、選択肢に入れたい。

しっかりしたセキュリティ対策を実施するなら、ある程度のコスト負担増は避けられない。
「最近は当初から、APやコントローラーだけでなく、認証の仕組みの構築も、
考慮する企業が増えている」(リコージャパン ソリューション技術本部の岡 啓己氏)。

▼EAP-TLS
Extensible Authentication Protocol-Transport Layer Securityの略。
認証サーバーとクライアントが証明書を交換することで認証する仕組み。
▼PIN
Personal Identification Numberの略。
▼802.1X
スイッチなどのポート単位で、ユーザーからのアクセスを制御する手順を定めた標準規格。
▼認証サーバー
RADIUS(Remote Authentication Dial in User Service)サーバーのこと。
▼CA
Certification Authorityの略。電子証明書を発行し、管理するための仕組み。

※ 次回は、(11)が、終わりですから、、、
           (12)[失敗その12]端末は一度認証したら、
                                  社内のどこにアクセスしても大丈夫だよね。1~1
             1、認証済みのクライアントなら、無線LAN接続後は、
                    自由に社内のネットワークを利用できる、というようでは問題だ。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
 

Q&A で 分かる Windows 10 。(1)~(108)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 9月 2日(金)07時47分39秒 p199.net059084010.tnc.ne.jp
返信・引用
  (5)Windows 10で仕様が変わったリカバリー関連機能を整理する。1~9

  8、バックアップは何をどうすればよい?

Windows 10には、バックアップの機能が大きく4つある。
1つは、コントロールパネルの「バックアップと復元」から設定し定期的なバックアップを行う、
「Windowsバックアップ」、同じところにある「システムイメージの作成」、
(Complete PCバックアップ)、もう1つは、「ファイル履歴」、
そして「システムの保護」(復元ポイント、ボリュームシャドウコピー)だ。

Windows 10のバックアップは、Windows 8から大きく変わっていない。
基本的にはユーザーデータの保護には、ファイル履歴が想定されている。
また、システム自体のバックアップにはComplete PCバックアップが利用できる。
Windowsバックアップは、Windows 7以来のバックアップと互換性のためにあり、
システムの保護は、システムボリューム自体を使うため、軽微な障害への対策時間が短いという、
特徴はあるものの、バックアップというよりは回復手段の1つと考えたほうがいいだろう。

それぞれの手段の特徴を下にまとめた。

Θ Windowsが備えているバックアップ機能の違い。

Windows バックアップは、従来型のバックアップで、初回のバックアップでは、
「システムイメージ」つまりComplete PCバックアップを同時に行い、
システムイメージを保存することが可能だ。以後のバックアップは、デフォルトでは1週間単位で、
前回のバックアップ以後に行われた変更のみをバックアップする「差分」バックアップが行われる。

これに対して、ファイル履歴は、比較的処理が軽く、10分単位などで実行が可能で、
高い頻度でバックアップを行える。また、記憶容量が許せばファイルの世代管理、
(過去の状態を含めて保存)できる。このため、1 時間前の状態に戻すといったことも可能だ。
処理が軽いのは、NTFSが持つ変更記録(ジャーナリング)を見て、
変更があったファイルを見つけているためだ。

これに対してWindowsバックアップは、
毎回全てのファイルを調べて、変更があるかどうかを判定している。
このため負荷が高く、Windowsバックアップは、高い頻度で実行できない。

Complete PCバックアップは、仮想ハードディスクファイルにCドライブと、
EFIシステムパーティションをバックアップするもので主にシステムドライブ全体を、
復元すること想定している。ただし、作成した「システムイメージ」自体には、
Windows REなどが含まれていないため、ドライブ故障などに備えるには、
別途修復ディスク、回復ドライブなどを用意しておく必要がある。

※ 次回は … 9、システムの保護は、
                  ボリュームシャドウコピーと呼ばれるコピーを自動で作成しておくもの。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.
 

遅い、切れる、つながらない 仕事の無線LAN、あるある大失敗。(1)~(17)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 9月 1日(木)11時22分11秒 p218.net059084003.tnc.ne.jp
返信・引用
  (11)[失敗その11]MACアドレス認証を、施していれば不正侵入対策はバッチリ!1~2

  1、認証について考えよう。

企業で散見される認証方式の一つが、MACアドレス認証方式 ▼。APの基本機能で実施でき、
追加コストがかからない。「とりあえずクライアントを認証したい」場合に利用されるようだ。

しかし、その安全性には疑問符が付く。「MACアドレスは、無線LANのパケットに含まれているので、
パケットキャプチャーを使えばすぐに分かる。MACアドレスの偽装も難しくない。
端末認証をする仕組みとしては不十分」(ネットワンシステムズの田中氏)なのだ。

そのほかの主要な認証方式としては、
「PSK ▼(共有キー)認証方式」「PEAP ▼」「電子証明書認証方式」などがある。
MACアドレス認証を含め、一長一短だ(図1)。

▼ MACアドレス認証方式
   通信機器ごとに付与されているユニークなMACアドレスを使って、機器を識別する仕組みのこと。
▼ PSK
   Pre-Shared Keyの略。通信する双方があらかじめ暗号鍵を共有しておく仕組み。
▼ PEAP
   Protected Extensible Authentication Protocolの略。

図1、無線LANにおける主な認証方式。
     無線LANは電波が届く範囲ならどこからでも利用できてしまうだけに、
     ユーザーやクライアントを認証する仕組みは不可欠だ。APの基本機能でPSK認証や、
     MACアドレス認証は実現できる。電子証明書を使うと利用者やクライアントを認証できるが、
     認証サーバーを用意する必要がある。

※ 次回は … 2、PSK認証は、APやSSIDごとの共有キー(パスワード)で認証する仕組み。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.
 

Q&A で 分かる Windows 10 。(1)~(108)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 9月 1日(木)10時40分15秒 p218.net059084003.tnc.ne.jp
返信・引用
  (5)Windows 10で仕様が変わったリカバリー関連機能を整理する。1~9

  7、ベアメタル回復を行うには、あらかじめ回復ドライブを作成しておく必要がある。

Windows 10 では、回復ドライブは、
「コントロールパネル」→「回復」→「回復ドライブの作成」で作成する。

画1、「コントロールパネル」の「回復」を呼び出し、「回復ドライブの作成」を実行する。

画2、ウィザード形式で進む。「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」を、
     チェックすると再インストールができるようになる。
     チェックを入れると回復ドライブを作るまで数十分かかる。

画3、画4、回復ドライブの中身。
          ストレージ32GBのタブレット型PCのクリーンインストール状態で、
          システムファイルをバックアップする設定だと、およそ3GB の容量が必要だった。
          この容量は、使用環境により変わる。

回復ドライブではPCを起動することができるため、
PC搭載のファームウエア(BIOS やUEFI)を使って、
USBメモリーからの起動を行う(この手順はハードウエアに依存する)。

Θ ベアメタル回復は、以下の手順で行われる。
(1)システムディスクを特定する
(2)システムディスクから全てのパーティションを削除
(3)出荷時または既定のパーティションレイアウトをシステムディスク上に再作成
(4)全てのパーティションをフォーマット
(5)回復用のメディアからOS ボリュームにイメージをコピー
(6)OSの新しいコピーをOSボリュームのルートに作成
(7)プロビジョニングパッケージに保存されているカスタマイズを適用
(8)デバイスドライバーを新しいOSに組み込む
(9)プレインストールされていたWindowsアプリを復元
(10)ブートファイルをシステムパーティションに構成
(11)PCを新しいOSで再起動
(12)OOBEを起動

ベアメタル回復では、システムにWindowsがインストールされていることを期待できないため、
自力でシステムドライブを探す。従来のBIOS/MBRシステムでは、
BIOSで報告されるシステムディスクが使われ、UEFI のシステムでは以下のルールが適用される。

(1)UEFI変数に格納されている値と一致するGUIDを持つドライブ
(2)ファームウエアに格納されている値と一致する場所のパスを持つドライブ
(3)ESP(EFIシステムパーティション)が既に作成されているドライブ
(4)初期化されていないドライブ

ルールは(1)から適用されていき、成立した時点で該当のドライブをシステムドライブとして認識する。
ただし(1)(2)が適合せず、ESPが作成されているドライブや初期化されていない、
ドライブが複数見つかった場合、システムドライブを特定できなくなるためベアメタル回復は中断される。

アプリなど全てを元に戻すには、
コントロールパネルの「バックアップと復元」で事前にバックアップを作成しておく必要がある。

※ 次回は … 8、バックアップは何をどうすればよい?。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.
 

遅い、切れる、つながらない 仕事の無線LAN、あるある大失敗。(1)~(17)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 8月31日(水)12時39分46秒 p192.net059084012.tnc.ne.jp
返信・引用
  (10)[失敗その10]チャネルボンディングは、最高速度に設定しておけばいいよね。1~2

  2、しかし企業のオフィスのように、複数のAPが点在し、
                 クライアント数が多い環境では、チャネル数が少なくなるのは致命的だ。

電波干渉も発生しやすくなる。「よほど高速に通信する必要があるアプリケーションでもない限り、
企業なら20MHzのままで運用すべきだ」(三井情報 ネットワーク技術部第四技術室の厚田 大輔氏)。

Θ これがイイ無線LANだ!● 楽天 ● 新社屋は「ワイヤレスファースト」に。
楽天は2015年9月末、新社屋「楽天クリムゾンハウス」への移転をほぼ完了した。
新オフィスのネットワーク環境は、
全面的に無線LANを導入した「ワイヤレスファースト」だ(写真C)。

写真C、新社屋「楽天クリムゾンハウス」 には約700台のAPが設置されている。

2階から27階までの全フロアに、合計700台のシスコシステムズ製APを設置。グループ会社を含めた約1万人が1人4台の端末を使う想定で設計した。従業員が使うノートパソコンは5GHz帯で通信。個人所有やゲストが所有する機器は、2.4GHz帯の無線LAN を利用できるようにした(写真D)。

写真D、ゲストが入館手続きをすると、
       無線LANにアクセスするためのキー が一人ひとりに自動発行される。

デスクトップパソコンも有線では接続せず、無線LANの通信アダプターで接続する徹底ぶりだ。

ワイヤレスファーストを掲げたのは、「従業員の働き方を自由にするため」
(楽天 コーポレートIT 部門ネットワーク・グループの堀内 克昌マネージャー)。
今後は、地方拠点も無線LAN化を進める計画である。

※ 次回は、(10)が、終わりですから、、、
           (11)[失敗その11]MACアドレス認証を、
                            施していれば不正侵入対策はバッチリ! 1~1
             1、認証について考えよう。1~2

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.  
 

Q&A で 分かる Windows 10 。(1)~(108)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 8月31日(水)08時45分7秒 p204.net059084009.tnc.ne.jp
返信・引用
  (5)Windows 10で仕様が変わったリカバリー関連機能を整理する。1~9

  6、データも消して、まっさらな Windows にするには?

リセットでは、ユーザーが作ったデータは何も残らない。
PC は、まっさらなWindows 10 がインストールされた状態になる。
ファイルが消去されるだけで、パーティションの再作成などは行われない。

ただし、オプションとして、起動ドライブやデータドライブを初期化したり、
無意味なデータで上書きすることでファイルを完全消去することは可能だ。
企業などでPCを廃棄する場合や利用者を変更する場合などは、リセットにより、
データを消去しておいた方がよいだろう。なお、「出荷時の設定に戻す」が表示される場合は、
そちらを使いアップグレード前に戻すことも可能。Windows内部の処理は以下の順で行われる。

(1)PCをWindows回復環境(Windows RE)で起動
(2)OSボリューム(C:\)からユーザーデータやインストールされたアプリなどを全て削除
(3)オプション指定によりフォーマットやデータ消去を実行
(4)OS の新しいコピーが一時的な場所に作られる
(5)プロビジョニングパッケージが新しいOSに適用される
(6)デバイスドライバーが新しいOSに組み込まれる
(7)プレインストールされているUWPアプリをバックアップから復元
(8)既にあるOSを削除
(9)新しいOSをOSボリュームのルート(C:\)に移動
(10)PCを新しいOSで再起動
(11)OOBE(Out-of-Box Experience。初めてWindowsが起動したときに行われる作業)が起動

Windowsが動かない状態から元に戻すには?

例えばドライブが故障したりして、
Windowsが起動しなくなったりしたときは「ベアメタル回復」するしかない。
Windowsが壊れていたり、なくなっていたりしても元に戻せる方法のことだ。

※ 次回は … 7、ベアメタル回復を行うには、
                            あらかじめ回復ドライブを作成しておく必要がある。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
 

遅い、切れる、つながらない 仕事の無線LAN、あるある大失敗。(1)~(17)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 8月30日(火)14時36分24秒 p048.net059084004.tnc.ne.jp
返信・引用
  (10)[失敗その10]チャネルボンディングは、最高速度に設定しておけばいいよね。1~2

  1、802.11nから利用できるようになった高速化技術に「チャネルボンディング▼」がある。

隣接する複数のチャネルを束ねて通信に利用することで、通信速度を高める。
通常は20MHz幅の帯域幅を、40MHz、80MHz、160MHz▼といったように広げることができる(図1)。

図1、チャネルボンディングの多用は避ける。
     チャネルボンディングは、複数のチャネルを束ねることで通信速度を高める。
     その分使用できるチャネル数が少なくなる。
     オフィスなどで複数のAPを設置 する環境には不向きだ。

速度が速いのはよいと思える。しかし、チャネルボンディングには重大な欠点がある。
帯域幅を広げるぶん、一定の空間当たりで使用できるチャネルが減ってしまうのだ。

5GHz帯は20MHz幅なら19 チャネルが使えるが、40MHz幅にすると9チャネルになる。
80 MHz幅なら4チャンネル、160 MHz幅ならわずか2チャンネルしか使えなくなってしまう。

一般家庭のように1台のAPと数台のクライアントだけが通信する環境であれば、
チャネルボンディングは有効な技術といえる。手軽に速度が向上する。

▼ チャネルボンディング。
隣り合うチャネルを束ねて使う技術。通常無線LANでは、
1つのチャネルを細かいサブキャリア(搬送波)に分割し、各サブキャリアに送信データを載せて運ぶ。
チャネルボンディングを利用するとサブキャリアの数が増えるので、
多くのデータを一度に送れるようになる。

▼ 160MHz。
11acでは規格上160MHzまで束ねられるが、現時点では80MHzまでしか対応製品は存在しない。
11nは規格上40MHzまで。

※ 次回は … 2、しかし企業のオフィスのように、複数のAPが点在し、
                 クライアント数が多い環境では、チャネル数が少なくなるのは致命的だ。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.
 

Q&A で 分かる Windows 10 。(1)~(108)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 8月30日(火)10時23分30秒 p210.net059084007.tnc.ne.jp
返信・引用
  (5)Windows 10で仕様が変わったリカバリー関連機能を整理する。1~9

  5、データファイルを残したままWindowsを元に戻すには?

リフレッシュでは、ユーザーファイルは残すが、Windows を構成しているファイルは全て削除される。
削除対象となるフォルダーは、以下の通りだ。

\Windows
\Program Files
\Program Files(x86)
\ProgramData
\Users\(ユーザー名)\AppData

これらは、
\Windows.oldフォルダーへ移動するため、ファイルが完全になくなってしまうわけではない。
また、基本的には、標準添付のアプリ以外は、全て削除される。

PCメーカーは、このリフレッシュ(プッシュボタンリセット)をカスタマイズできるようになっている。
あらかじめPCメーカーが設定していれば、リフレッシュしてもメーカー独自の、
添付アプリケーションなどが元に戻ることがある。具体的にどうなるのかはPCメーカー次第である。

リフレッシュは以下の手順で進む。

(1)PCをWindows回復環境(Windows RE)で起動
(2)ユーザーアカウント、設定、データが収集され、一時的な場所に移動
(3)OS の新しいコピーを一時的な場所に作成
(4)プロビジョニングパッケージを新しいOSに適用
(5)デバイスドライバーを新しいOSに組み込む
(6)プレインストールされているユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)アプリは、
     バックアップから復元される
(7)システムの重要な設定を新しいOSに適用
(8)既にあるOSをC:\Windows.oldに移動
(9)新しいOSをOSボリュームのルート(C:\)に移動
(10)PCを新しいOSで再起動
(11)初回起動時にユーザーデータと設定を再適用

簡単に言うと、現在のWindowsをWindows.oldへ移動して、Windows 10を作り直して、
Cドライブへ置く。このとき、さまざまなシステム設定などは、保管されて、再起動後に再適用される。
ここで書いた「プロビジョニングパッケージ」とは、
「C:\Recovery\Customizations」(システム属性のためエクスプローラーに表示されない)にある、
拡張子がppkgのファイルで、基本的にはPCメーカーが作成する。

ドライバーや言語パック、アプリケーション、Windowsのアップデートや拡張などと、
いったさまざまなカスタマイズ項目を含められるようになっている。
デスクトップアプリは再インストールが必要になるが、Windows 10 から使われるようになった、
UWPアプリや、Windowsストアアプリは、ストアから復元できる。

※ 次回は … 6、データも消してまっさらなWindowsにするには?。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
 

遅い、切れる、つながらない 仕事の無線LAN、あるある大失敗。(1)~(17)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 8月29日(月)16時52分1秒 p082.net059084010.tnc.ne.jp
返信・引用
  9)[失敗その9]APから離れても、通信できるように、
                                    電波出力はできるかぎり強くした。1~1

  1、APの電波強度を強く設定すると、遠くまで電波が届く。

しかし他のAPの干渉源となりかねない。また、電波が遠くまで届くと低速なクライアントが接続して、
ほかのクライアントの通信速度が低下する恐れもある(図1)。

図1、セルがコンパクトになるよう設定する。
     電波強度を下げたり、通信レートを限定したりして、セルは小さくできる。
     カバーできるエリアは 狭くなるが、安定して高速な通信が可能になる。

電波強度は、むやみに強くしないのが賢明だ。また、低速で通信しようとする電波は無視する。
「2.4GHz帯なら11Mビット/秒以下、
5GHz帯でも18Mビット/秒以下の通信はオフにするとよい」(ユニアデックスの秋谷氏)。

Θ これがイイ無線LANだ!●大阪トヨペット。接客スタイルの変更を機に「脱家庭用無線LAN」。

社内の一部で試験的に無線LAN を導入しているが、これから本格的に利用を始めたい──。
こう考える企業にとって、機能や性能、セキュリティなどについて、既存無線LANの見直しは不可欠だ。


大阪トヨペットは、トヨタ自動車が提供する販売店向けシステムの刷新に合わせて、
タブレットパソコンを導入。それまで使っていた無線LANのAPを、集中管理が可能なAPに入れ替えた。
2014年12月のことだ。
営業担当者は、無線LANに接続したタブレットを使って顧客に商品やサービスを説明する(写真A)。

写真A、500台のタブレットを導入し店内での商品・サービス説明に活用。

接客の中心的な役目を担うシステムなので、信頼性が重要になる。
「トラブルの原因をいち早く究明しなくてはならない。そのためには、
遠隔からでもAPを一元管理し、状況を把握する仕組みが不可欠だった」
(大阪トヨペットのIT 関連会社オーアイエスコム アウトソーシング部の佐野 嘉郎部長)。

コントローラーから、60拠点にある130台のAPを管理する(写真B)。
それまで使っていた家庭向けAPは、1台ずつログインして設定画面を開かなくてはならず、
運用が大きな負担だった。

写真B、関西地区60カ所にある店舗や サービス拠点のAPを一元管理。

※ 次回は、(9)が、終わりですから、、、
            (10)[失敗その10]チャネルボンディングは、
                                     最高速度に設定しておけばいいよね。1~2
              1、802.11nから利用できるようになった高速化技術に、
                                      「チャネルボンディング▼」がある。です
http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.
 

Q&A で 分かる Windows 10 。(1)~(108)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 8月29日(月)06時18分59秒 p121.net059084009.tnc.ne.jp
返信・引用
  (5)Windows 10で仕様が変わったリカバリー関連機能を整理する。1~9

  4、ベアメタル回復はWindows が、エラーなどで起動できないような場合に利用する。

利用するのは、あらかじめ作成した「回復ドライブ」だ。
この中には、回復用のWindowsであるWindows REと回復用のイメージファイルが含まれている。
これを使ってPCを起動することができるため、内蔵ドライブが壊れて起動できなくても、
PCを起動できる。例えばドライブを交換した後に使える。

画1、画2、リセット、リフレッシュは、「設定」からたどれる。
          表示されるオプションで「個人用ファイルを保持する」を選ぶとリフレッシュ、
          「すべて削除する」を選ぶとリセットになる。

画3、リフレッシュはデータを残せる。

画4、リセットの場合、ファイルの削除のみ(ディスクにはファイルの痕跡が残る)か、
     削除したあとゼロを上書きしてファイルの痕跡を消す「クリーニング」を選択できる。

※ 次回は … 5、データファイルを残したままWindowsを元に戻すには?。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.
 

遅い、切れる、つながらない 仕事の無線LAN、あるある大失敗。(1)~(17)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 8月28日(日)09時07分51秒 p051.net059084006.tnc.ne.jp
返信・引用
  (8)[失敗その8]2.4GHz帯も5GHz帯もつながるんだから、
                                       同じように使えばいいよね。1~1

  1、無線LANで使用する周波数帯は、2.4GHz帯と5GHz帯がある。

これらは電波の特性が異なるので、同じように使ってはダメだ。
逆に上手に使い分ければ、無線LAN環境はより快適になるはずだ。

2.4GHz帯は、「汚れている」と評される混雑した周波数帯。
免許が不要なので、無線LAN以外の様々な機器が利用している。
モバイルルーターやスマートフォンのテザリング▼でも、
2.4GHz帯で無線LANの電波を発信しているものが多い(図1)。
Bluetoothも2.4GHz帯である。

画1、2.4GHz帯と5GHz帯の電波。

5GHzはその点では「キレイ」であり、通信も安定しやすい。
ただ、電波が届く範囲は比較的狭く、電波の直進性が高いので障害物に弱い。
対応する機器が少ないのも弱点といえるだろう。

使い分けは、「5GHz帯は高い信頼性が求められる通信用、2.4GHz帯はそれ以外」
(シスコシステムズ エンタープライズネットワーク事業の荒谷 渉氏)とするのが一般的。
前者はIP電話▼や業務用クライアント、後者はBYOD▼端末やゲストアクセス▼用、などだ。

※ 次回は、(8)が、終わりですから、、、
           (9)[失敗その9]APから離れても、通信できるように、
                               電波出力はできるかぎり強くした。1~1
             1、APの電波強度を強く設定すると、遠くまで電波が届く。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.
 

Q&A で 分かる Windows 10 。(1)~(108)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 8月28日(日)07時58分55秒 p051.net059084006.tnc.ne.jp
返信・引用
  (5)Windows 10で仕様が変わったリカバリー関連機能を整理する。1~9

  3、メーカー製PCでは、Windows REや、独自の復元用ソフトウエアを、
                  入れたパーティションと回復用のイメージを入れた、
                            パーティションの2つを用意していることが普通だ。

注意しなければならないのは、Windows 7/8からWindows 10にアップデートした場合、
回復パーティションを使って回復するとWindows 7/8に戻ってしまうことだ。

「復元(restore)」は、簡単にいうとバックアップしたものを戻すことだ。Windows 10には、
バックアップ機能(コントロールパネル/バックアップと復元)があり、
この機能で行ったバックアップを書き戻すことを「復元」と呼ぶ。

また、「システムの復元」、「復元ポイント」と呼ばれる機能もある。
これは、Windows Updateによる更新やデバイスドライバーのインストールのタイミングで、
元に戻すための情報(例えば置き換えられるドライバーファイルなど)をバックアップする機能だ。
これを「復元ポイント」という。
ユーザーは、復元ポイントを指定して、インストール以前の状態に戻すことができる。

Θ Windowsを元に戻す「回復」はどう使う?

Windows 8から、「回復」機能の主要機能として「プッシュボタンリセット」が導入された。
これは、Windows自身が再インストールを行い、システム側の不具合を解消するもの。
プッシュボタンリセットには、大きく3つの機能がある。
「リフレッシュ」「リセット」「ベアメタル回復」だ。

「リフレッシュ」とは、ユーザーデータを残しつつ、Windowsを再インストールすることを意味し、
「リセット」は、全てのデータをクリアしてWindowsを再インストールすることを意味する。

画1、リフレッシュとリセットは、再インストールして、Windowsを構成するフォルダーを作り直す。
     リフレッシュの場合、元のファイルはWindows.oldフォルダーに移動し、
     その他のユーザーファイルは残ったままになる。リセットでは、1度全て削除される。

このため、どちらも、ある程度の覚悟を持って実行する必要がある。
もちろん、マシンによっては、気軽にリセットしてしまっても問題がない場合もあるだろう。
例えばOneDriveを使えば、ファイルなどはクラウド側に全て保存できる。
共有や貸し出し用の機器などを手軽に初期状態にする使い方もありえる。

Windows 10では、「リフレッシュ」と「リセット」は、
「設定」→「更新とセキュリティ」→「回復」にある「このPCを初期状態に戻す」から利用する。
この機能を実行したあと、表示される「個人用ファイルを保持する」がリフレッシュで、
「すべて削除する」がリセットに相当する。

※ 次回は … 4、ベアメタル回復はWindows が、
                             エラーなどで起動できないような場合に利用する。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.
 

遅い、切れる、つながらない 仕事の無線LAN、あるある大失敗。(1)~(17)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 8月27日(土)10時23分42秒 p051.net059084006.tnc.ne.jp
返信・引用
  (7)[失敗その7]仕事のじゃまにならないよう電波サーベイは休日にした。1~2

  2、工場や倉庫では、通常稼働している機器や設備が、干渉の原因となりうる。

休日のラインが止まっている時間帯に電波環境を調べても、あまり意味がない。

もっとも、電波サーベイに完璧を求めてはいけない。電波状況はそもそも一定ではないからだ。
5GHz 帯の電波に干渉する気象レーダーや航空レーダーの動きは、調査した日時と同じではない。
人事異動やレイアウト変更などのタイミングで端末数やAPの設置場所が変われば、
それだけでも電波環境は変化する。

電波環境は常に変化するものと考え、現状をなるべく的確に捉える取り組みが求められる。

※ 次回は、(7)が、終わりましたから、、、
           (8)[失敗その8]2.4GHz帯も5GHz帯もつながるんだから、
                                          同じように使えばいいよね。1~1
             1、無線LANで使用する周波数帯は、2.4GHz帯と5GHz帯がある。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
 

Q&A で 分かる Windows 10 。(1)~(108)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 8月27日(土)08時01分58秒 p022.net059084008.tnc.ne.jp
返信・引用
  (5)Windows 10で仕様が変わったリカバリー関連機能を整理する。1~9

  2、「修復(Repair)」とは、「修理」のことで、
             この用語はWindowsでは「システム修復ディスク」として使われている。

修復ディスクは、起動可能な回復機能(回復オプション)を、
実行できる光学メディア(CD/DVDディスク)をいう。
コントロールパネルの「バックアップと復元/システム修復ディスクの作成」で作る。

名称がディスクとなっているように、書き込み可能なCD/DVDのみが作成の対象で、
USBメモリ-は使えない。最近では光学ドライブを搭載する機種が減っており、
利用場面はそれほど多くないだろう。しかし、安価で保存も可能であるため、
可能ならアップグレード後に1枚作成して保存しておくと、万一の場合の保険にはなるだろう。

画1、画2、システム修復ディスクは、DVD メディアにWindows REを書き込んだもの。
           PCで起動して復元などをする。

「回復ドライブ」は、回復機能と回復用の「イメージ」を含むHDDやUSBメモリーのことだ。
基本的には、中身は、システム修復ディスクと同じだが、USBメモリーが利用できるため、
利用場面は、修復ディスクよりも広い。
作成は、「コントロールパネル」→「回復」→「回復ドライブの作成」で行う。

画3、画4、回復ドライブは、USBメモリーなどの、
           外付けの記憶デバイスにWindows REとイメージを作成する。

回復パーティション」は、メーカー製のプリインストールPCなどで、
購入時の状態に戻すための「イメージ」を保存したパーティションのことをいう。
PC メーカーが作成し、これを使うことで、PCを「工場出荷時」の状態に戻すことができる。
また、回復用のOSであるWindows REがインストールされておりメインの、
Windows パーティションから起動できない場合に利用するパーティションも、
「回復パーティション」と呼ばれることがある。

※ 次回は … 3、メーカー製PCでは、Windows REや独自の復元用ソフトウエアを、
                  入れたパーティションと回復用のイメージを入れた、
                  パーティションの2つを用意していることが普通だ。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.
 

遅い、切れる、つながらない 仕事の無線LAN、あるある大失敗。(1)~(17)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 8月26日(金)16時41分54秒 p099.net059084014.tnc.ne.jp
返信・引用
  (7)[失敗その7]仕事のじゃまにならないよう電波サーベイは休日にした。1~2

  1、設置場所や設定の決め手となるのは「電波サーベイ」だ。

無線LAN利用エリアの電波状況を、専用機器を使って調査する作業である。
電波についての専門知識が必要なので、外部の専門家を呼んで実施するのが一般的だ。
無線LAN の電波状況ならパソコンやスマートフォンのアプリでも調べられるが、
無線LAN以外の電波については、電波サーベイでないと調査できない。

電波サーベイでは、オフィスや工場といった業務現場を訪問し、
動き回りながら電波状況を調べる必要がある。
そこで業務に影響しないよう、休日や夜間に実施するケースが多いようだ。

しかしこれでは、適切なサーベイ結果を得られない可能性がある。
無線LANが実際に使われる平日の日中とは電波環境が異なるためだ。

平日ならではの電波干渉源は意外に多い(図1-9)。
「最近は、隣やビルの上下階など周辺オフィスの無線LANが干渉源となるケースがある」
(NTT-ME ネットワークビジネス事業本部の森 光生氏)。近隣にコンビニエンスストアがあると、
昼休みに電子レンジが発する電波が干渉する。特定の時間帯に多い干渉源だ。
病院などで使用されている高周波治療器が干渉源だった、という事例もある。

図2、平日ならではの干渉源もある。
     休日に設置場所の電波状況を調べても、平日の実態を把握できないケースがある。
     平日に多く稼 働する機器がある場合だ。

※ 次回は … 2、工場や倉庫では、通常稼働している機器や設備が、干渉の原因となりうる。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.
 

Q&A で 分かる Windows 10 。(1)~(108)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 8月26日(金)07時43分6秒 p020.net059084011.tnc.ne.jp
返信・引用
  (5)Windows 10で仕様が変わったリカバリー関連機能を整理する。1~9

  1、Windowsには、システムメンテナンスの機能がいくつかあり、
                       再インストールやバックアップなどが可能になっている。

しかし、Windowsは、過去から段階的に発展してきたこともあり、それらの関係などが理解しにくい。
ここでは、これらを整理する意味でWindows 10のメンテナンス関係の機能をおさらいする。

Θ Windows 10のリカバリー機能には何がある?
まずは、用語に目を向けよう。Windowsでは回復(Recovery)、
修復(Repair)、復元(Restore)という言葉が使われている。

「回復(Recovery)」は、Windows 10では、Windowsを回復する機能を指し、
いわゆる「再インストール」のことになる。これは、Windowsフォルダーや、
Program Filesフォルダー以下の、
Windows 10を構成する標準のプログラムなどを全て保管してあったものに置き換える。

また、「回復」には、「回復コンソール」「回復ドライブ」
「回復パーティション」「回復オプション」「回復環境」といった用語がある。
これらは、回復機能の一部や回復機能で使われる用語である。
「回復オプション」は、「設定」アプリの「更新とセキュリティ」にある、
「回復」から起動する機能のことで、この画面やここから起動できる機能などを指す。

画1、画2、Windows 10の回復機能は「設定」の「更新とセキュリティ」→「回復」から利用する。

なおWindows 10の正式な用語ではないが「回復コンソール」を呼ばれることもある機能がある。
「回復オプション」の「コマンドプロンプト」だ。
この「回復オプション」→「コマンドプロンプト」は、
基本的に通常のコマンドプロンプトと同じで、利用できるコマンドに制限はない。

画3、「設定」→「更新とセキュリティ」→「回復」→「PC の起動をカスタマイズ」→
     「トラブルシューティング」→「詳細オプション」からコマンドプロンプトを起動できる。

※ 次回は … 2、「修復(Repair)」とは、「修理」のことで、
                  この用語はWindowsでは「システム修復ディスク」として使われている。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.
 

遅い、切れる、つながらない 仕事の無線LAN、あるある大失敗。(1)~(17)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 8月25日(木)08時47分9秒 p004.net059084001.tnc.ne.jp
返信・引用
  (6)[失敗その6]複数のAPで干渉するなら、
                                1台でオフィスをカバーしよう。1~2
  2、つまり、無線で接続しているクライアントの、
                         上りや下りの通信を、順番に処理する仕組みなのだ。

このため、どれか1台の通信速度が遅いと通信の「順番待ち」が発生し、
ほかのクライアントの待ち時間が長くなってしまう(図1)。

図1、通信速度は最も低速のクライアントに引っ張られる。
     APから遠い場所にあるクライアントが低速度で接続してしまうと、
     そのほかのクライアントの待ち 時間が長くなる。結果として高速に通信できないケースが出てくる。

無線LANの通信速度は、APに接続する際の手続きの中で決まる(図2)。
電波強度やACK▼の返信時間などを考慮して、通信速度を決める。

図2、クライアントがAPに接続するまでの手順。
     パソコンやスマートフォンがAPに接続するまでの手順は、
     「ビーコン」「プローブ」「認証」「アソシ エーション」という、
     大きく4つの段階を経る。この中で、接続時の通信レートなどが決まる。

少ない台数のAPでできるだけカバーするという考え方ではなく、
適切な数のAPを要所に配置するようにしたい。予算などの都合で設置できる台数が限られるのなら、
無線LANを利用可能なエリアを絞るなどの割り切りも必要だ。その方が使いやすい無線LANになる。

※ 次回は、(6)が、終わりですから、、、
           (7)[失敗その7]仕事のじゃまにならないよう電波サーベイは休日にした。1~2
             1、設置場所や設定の決め手となるのは「電波サーベイ」だ。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
.
 

Q&A で 分かる Windows 10 。(1)~(108)

 投稿者:“ た ぬ き(1)”  投稿日:2016年 8月25日(木)06時38分57秒 p004.net059084001.tnc.ne.jp
返信・引用
  (4) 地味な拡張で使い勝手が向上、Windows 10のコマンドプロンプト。1~5

  5、コマンドプロンプトでのほかの改良点は?

細かい部分としては、テキスト貼り付け時のフィルタリングと「既定値」の初期値変更がある。
フィルタリング機能とは、テキストをコンソールに貼り付ける場合、Unicodeのクオート文字を、
ASCIIコードに変換したり、タブコードを排除するものだ。
最近のワープロソフトやWeb上のテキスト入力などでは、
ダブルクオート文字が見た目のよいUnicodeの文字に変換されていることが少なくない。

しかし、cmd.exeなどは、入力行でUnicodeのダブルクオート文字を解釈できない。
一般にコンソール系のソフトウエアや言語の定義などでは、ASCIIコードの記号文字のみが有効で、
同等の意味を持つUnicode文字は解釈できない。このため、
Webページなどで表示された実行例などをコピーして実行しようとすると、
エラーになってしまうことがある。

クオート文字の変換は、Webサイト側で「スマートクオート」などと、
呼ばれる機能で自動的に変換されることもあるため、ページを作成したり、
メッセージを書き込むときには、正しくASCIIコードのクオート文字を使っていても、
表示は、Unicodeのクオート文字になってしまうことがある。

また、タブコード(TAB、0x09)とスペース(SP、0x20)は、見た目が同じだが、
やはりコマンド入力や言語のソースコード、スクリプトなどでは、違いが出ることがある。

フィルタリングは、貼り付け対象の文字列にこうした文字が含まれている場合に、
自動的にASCIIコード文字に変換する機能だ。

試してみたところ、Unicodeの全ての引用符文字を自動的に変換するわけではないようだ。
確実に動作するのは、パス名などをくくっているダブルクオートだ。cmd.exeの入力行では、
ダブルクオートは、スペースを含むパスなどを1語として認識させるために使われているが、
シングルクオートや逆シングルクオートの利用は特定コマンドの特定文脈でしか使われない。

逆にこの機能があるため、入力した文字列をそのまま扱いたいときには、
フィルタリング機能をオフにする必要がありそうだ。
また、タブは単純に削除されるだけなので、区切りがタブのみの場合、
前後の文字がつながってしまう。あとで編集作業が必要なこともあるだろう。

※ 次回は、(4)が、終わりですから、、、
           (5)Windows 10で仕様が変わったリカバリー関連機能を整理する。1~9
             1、Windowsには、システムメンテナンスの機能がいくつかあり、
                      再インストールやバックアップなどが可能になっている。です

http://8823.teacup.com/tanuki/bbs
 

レンタル掲示板
/37