[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


最後の黒幕・朝堂院大覚逮捕 激裏GATE PRESS

 投稿者:tomocci  投稿日:2014年10月30日(木)07時36分33秒
編集済
 


 昭和の怪人・最後の闇の実力者と言われる
 朝堂院大覚こと松浦良右が逮捕。

 現在都内、戸塚署に勾留中だという。
 詳細は不明だがテアトルアカデミーの浅井健二氏を
 「詐欺師」と罵倒した事に関わりがありそうだ。

 マイケルジャクソンとも空手を通して交流が

 「闇の実力者」と言われるだけあり、近年はあの
 亀田一家との関係がクローズアップされていた。
 亀田父が日本のボクシング界から
 事実上の永久追放処分を受ける前後に
 朝堂院大覚は日本ボクシング振興会を設立。
 JBC関係者の怪文書を撒いた事も話題に。


 ボクシングや格闘技だけでなく芸能界にも大きな力を
 持つ人物だけに事件の全容と、捜査の行方によては
 多方面に影響を与えそうだ。
 

待機児童ゼロへ横浜市と川崎市がタッグ 保育所共同整備も

 投稿者:tomocci  投稿日:2014年10月28日(火)08時21分44秒
編集済
  今度は、上手く機能するのでしょうかね?!
数字のマジックで待機児童ゼロと言っても市民は、納得しないと思います。
実感出来るきちんとした行政対応がなされるか否か・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
元保育士の市議が告発「横浜市の待機児童ゼロは嘘だらけ!」
2013年06月10日 07:00 女性自身

「林市長の“待機児童ゼロ宣言”は、まやかしです。実際には、今(4月現在)でも1千746人の待機児童が市内に存在して、ママたちを悩ませています」
と、指摘するのは、元保育士で3児のママの荒木由美子横浜市議だ。

「そもそも、ゼロという数字は、算出法を変えて“過少申告”した結果と言えます。実は、事業所内保育施設(託児施設)や一時保育施設、市が助成する認可外保育施設・横浜保育室へ入所中の児童などは、待機児童に含まれていません。さらに、親が主に自宅で求職活動中の児童や、親が育児休暇中の児童も計算外なのです」

「認可保育所へわが子を入れたい」という母の願いが100%かなっているわけではないのだ。横浜市が認可保育所の定員を増やす努力をしているのは事実だが、荒木市議は次のような“将来のリスク”を挙げる。

「質より量を優先したとしか思えないほど、保育サービスの低下が懸念されています。その大きな原因は、保育環境の悪化と、保育士の人材不足の2点にあるようです。どの保育所も、厚生労働省の規制緩和の適用を受けています。ただし、法制上は問題ないとはいえ、日当たりも風通しも悪い保育室は、保育には不向きでしょう。園庭がない保育所では、近所の公園に出かける頻度が増えるため、交通事故に遭うリスクも増えてしまいます」

一部の保育所では、《感染症発生時の対応について、症状のある子どもを医務室で保育するなどの適切な対応を取っておらず、感染症がまん延していた》(『平成23年度施設指導監査結果情報』より)というように、園児が危険にさらされる事態が起きている。

「当時の細かい状況はわかりませんが、対処できないほど、現場は疲弊しているのでしょう。民間企業は利益を追求するあまり、人件費を抑えようと、非正規雇用の保育士や、無資格のスタッフを増やして、悪循環に陥ることも心配でなりません」(荒木市議)

そう語る荒木市議は、子どもたちのために、保育士の待遇改善がまず必要だと訴える。
横浜市は、荒木市議が指摘する問題点について、どう考えているのだろうか。

――待機児童ゼロの数え方は?
「厚労省の通知による定義を基本にして計算しています。待機児童ゼロはあくまで統計上の数字だということも理解しています。我々は、保育コンシェルジュという制度で、まずは実態を把握することが重要だと考え、育休や求職活動の状況も把握しています」(横浜市・こども青少年局保育対策課)

――民間の保育所のほうが離職率が高いという指摘があるが……。
「離職率が高いというデータは持ち合わせていません。民間の保育所の平均勤続年数は6年ですが、新設の保育所も含まれているので、それなりに経験のある方がいても全体的に若くなってしまいます」(こども青少年局保育対策課)

荒木市議は、横浜市の育児環境についてこう語る。
「林市長の政策の優れた点もありますが、横浜市は、ほかの自治体に比べると子育てには向いていないと思います。認可保育所でも、保育料とは別に昼食の主食代が徴収されます。児童館、公立の幼稚園、学童保育もありません。小児医療に関しては、通院の場合、無料なのは小学校1年までで、さらに所得制限があります。公立中学校には給食もありません」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


待機児童ゼロへ横浜市と川崎市がタッグ 保育所共同整備も
カナロコ by 神奈川新聞 10月28日 7時3分配信

 横浜市の林文子市長と川崎市の福田紀彦市長は27日、待機児童対策に関する連携協定を締結した。自治体間で待機児童対策の協定を結ぶのは全国初。市境を越えて両市民が利用できる保育所を共同で整備するほか、市が独自認定している横浜保育室と川崎認定保育園を両市民が市外から利用する際の保育料補助などを検討していく。ともに来年4月の待機児童ゼロを目指している。

 両市によると、協定を踏まえ市境に保育所を共同整備することで行政区域の壁を取り払い、需要と供給のミスマッチを解消する。

 特に注目しているのは横浜市鶴見区・港北区と川崎市幸区が隣接する地域と、横浜市青葉区・都筑区と川崎市宮前区が隣接する地域。鶴見区・港北区や宮前区では保育需要が高まる一方、保育所を造る土地が不足しており、近隣の川崎市幸区で2016年4月開所を目標に認可保育所を共同で整備していくという。需要を基に定員を両市に振り分け、整備費も定員割合に応じてそれぞれ負担する。

 これまで保育所の利用に際しては施設所在地の市民が優先されてきたが、共同の保育所では振り分けた定員分は、それぞれの市民を優先する。入所選考や保育料の決定は居住する市の制度に基づく。

 さらに横浜市民が川崎認定保育園を、川崎市民が横浜保育室を利用する際の保育料補助や施設への運営費助成などを来年4月からの開始に向けて検討する。

 現在、横浜保育室で最大5万円、川崎認定保育園で最大2万円の保育料補助があるが、市外利用者には支給されていない。4月1日時点で横浜保育室に入所している川崎市民は6人、川崎認定保育園に入所している横浜市民は30人いる。

 また保育士確保対策として、保育士養成施設校の学生向け就職セミナーを共同開催する。

 27日に会見した福田市長が「保育園に入れないから横浜に引っ越すと市民に言われ、行政区域の見えない壁を感じた。市民の生活圏は行政区域にとどまらない。両市で協力できないかと思い、横浜市に働きかけた」と説明。林市長は「保育所への入所希望者は増加しており、引き続き市民の期待に応えていくには新たな試みが必要」と話した。

待機児童対策に関する連携協定を締結した横浜市の林市長(左)と川崎市の福田市長=横浜市役所
 

西川公也農水相が収賄罪で逮捕されていた!

 投稿者:tomocci  投稿日:2014年10月28日(火)02時14分33秒
編集済
  西川公也農水相が収賄罪で逮捕されていた!

 TPP反対派から一転、旗振り役となり、農水相の座を射止めた西川公也衆院議員(71)。県議出身のたたき上げ大臣には知られざる過去があった――。

 西川大臣を巡っては、就任時から、その言動を不安視する声が自民党内でささやかれていた。
「西川氏は党内では出世のためなら、自らの政治信条など平気で覆すタイプと見られています。TPPだけではなく、郵政民営化の時も、反対論者だったのが、内閣府副大臣に就任すると、竹中平蔵郵政民営化担当相を徹底的に支え、造反者の切り崩しに奔走した。鈴木宗男氏が絶頂の頃に出来た『ムネムネ会』のメンバーとなり物心両面の援助を受けたものの、宗男氏の凋落とともにいち早く距離を置きました。農政改革を巡っては、参院議員を『小僧』呼ばわりして、怒鳴りあいになったこともあった」(政治部記者)
 毀誉褒貶(きよほうへん)ある西川氏だけに、敵も多い。自民党栃木県連関係者が言う。
「大物政治家や大きな企業に擦り寄り、古くからの支援者をないがしろにするのです。前回の総選挙では、あれだけ自民党に追い風が吹いたのに、選挙区の栃木二区では、民主党、みんなの党の候補者に比例復活を許しました。両陣営には、西川氏の支援者だった人も含まれています。大臣になって、本来なら地元で祝賀会が続くはずですが、集まりが悪く、未だ開催に至ってない会もあるそうです」
 西川氏は叩き上げの苦労人である。十人きょうだいの下から二番目。精米屋などを営んでいた父が早く亡くなり、十五歳ほど離れた二番目の兄(故人)が親代わりとなった。名門・県立宇都宮高校に通いながら、運送業を始めた兄の手伝いをしていたという。
 兄の援助で東京農工大の大学院まで出て、栃木県庁に就職。三十六歳の若さで県議選に出馬し、五期連続当選を果たす。県議会議長などを歴任した後、国政に打って出たのが一九九六年。二〇〇九年の政権交代選挙では落選したが、一二年に返り咲き、今回、大臣という悲願を成就させた。西川氏の後援会関係者が言う。
「県議の頃から、『大臣になりたい』という野心がありました。そのために、カネ集めが必要なこともわかっていた。株の売買が好きで、かつて私が自宅に行った時はテレビの株式ニュースに見入っていたものです。西川氏の甥が社長を務める『新西建材工業』は、地元建設業界への影響力が強い。地元では『カネもって公也(こうや)』と揶揄する声もあります」
 カネといえば、西川氏には知られざる“過去”がある。
 一九七一年九月八日、地元紙・下野新聞にこんな見出しが躍った。
〈新たに技師一人を逮捕 千振(ちぶり)ダム汚職事件 現金二万円受取る 工事監督、指導に便宜図る〉
 実は、この「技師」こそが、県庁職員として現場監督をしていた、若き日の西川大臣なのである。
〈県が那須町に建設中の千振ダム工事にからむ、県職員の贈収賄事件で県警捜査二課、大田原署は七日夜七時、さらに那須土地改良事務所、千振温水溜池工事事業所・技師西川公也(28)=氏家町=を収賄の疑いで逮捕するとともに、那須土地改良事務所など二カ所を家宅捜索した〉

上司と業者は有罪に

 容疑は、県から工期の遅れを指摘された建設業者が、コンクリート打ちが不備だったのを見逃してもらった謝礼として、西川氏の上司にはゴルフセットなどを、西川氏には現金二万円を渡したというもの。西川氏逮捕の二日前、上司と建設業者主任が、それぞれ収賄、贈賄容疑で逮捕されていた。
 当時の様子を、親代わりだった前出の兄の妻が語る。
「公也は新婚で、私たち家族と一緒に住んでいました。公也が逮捕されたのは、県の事務所でだったと思います。うちには夜、警察官が五、六人やってきて家宅捜索をしていきました。
 公也は大田原署に二十一日間、勾留されました。確か、公也の嫁は、赤ん坊が生まれたばかりだったか、お腹にいたかで動けないんで、私が毎日、弁護士との打ち合わせのために通いました」
 西川氏の上司と業者は起訴され、「公務員の権威失墜させた責任は重い」と断罪され、執行猶予付きの有罪判決を受けた。一方、西川氏はまだ若く、金額も高額ではないとして、起訴猶予処分となり、県職員として仕事を続けた。そして県議、国会議員、大臣と出世の階段を登っていくのだ。
 ただ、起訴猶予とはいえ、公務員にとってモラルが最も問われる収賄で逮捕されたことは、汚点にならなかったのだろうか。元県議が解説する。
「公也は、逮捕の八年後に自民党公認で県議選に出馬した。当時は、業者からの接待など当たり前だったし、県庁や役場では贈収賄事件が多発していて、公也の逮捕は“微罪”という印象だったんだ。
 ただ、さすがに県庁では出世の道が断たれたようで、自民党が県議候補を探している時を見計らい、兄貴が辞めさせたんだ。兄貴は元気がよくて迫力があって、カネも準備し、人もまとめあげた。公也は大学院出で若かったから、地方議員たちも支持しやすかった」
 西川氏は今、自らの逮捕をどう思うのか。携帯電話にかけると、
「今ね、(取材への回答の準備を)やっておるところですから。何答えても、ちゃんと書いてくれないので、取材はお断りします」
 改めて事務所に質問状を送ると、こう回答した。
「不起訴になった事実は記憶しているところです。ただ、不起訴処分後も県庁にて通常通り職務を行い昇進もしておりました。
 なお、半世紀近くも前の人の犯歴に関することであり、その有無及び内容についても回答は差し控えます」
 公務員にとって職務に関して金銭を受け取り、不正を行う収賄罪は最も重大な犯罪だけに、約二万五千人の職員を率いる西川氏の大臣としての資質が問われそうだ。
「週刊文春」2014年11月6日号
 

「慰安婦像は日本人を侮辱している」テキサス親父が市議会で発言

 投稿者:tomocci  投稿日:2014年10月26日(日)17時26分34秒
編集済
  朝日新聞の捏造記事がこれだけ世論問題になっているのに、日本国民がもっと声を上げて抗議しないで同盟国の親日家が頑張られている。

朝鮮人に日本人は、貶められていてはいけません。

正しい知識と見解で理論的に間違った事を問い質すのです。

慰安婦は、売春婦だった証拠
http://texas-daddy.com/comfortwomen.htm








「慰安婦像は日本人を侮辱している」テキサス親父が市議会で発言
産経新聞 10月22日 15時2分配信

米カリフォルニア州グレンデール市の市議会で21日(現地時間)、「テキサス親父」の呼び名で知られるテキサス州在住の評論家、トニー・マラーノ氏が発言する機会を与えられ、韓国系団体の強い要請で設置された慰安婦像を批判した。マラーノ氏は慰安婦問題で韓国側の主張を否定し、日本擁護の立場を取っている。

 「慰安婦像は日本人の名誉を毀損している。侮辱している」。マラーノ氏は慰安婦像設置に賛成した市議らを前に静かに話し始めた。

 事前に届け出れば、誰でも意見を述べることができるパブリックコメント制度を利用し、意見を述べる機会を得た。この制度はグレンデール市民以外でも参加できる。慰安婦像の設置を審議する際や、在米日本人らが慰安婦像撤去訴訟を起こした際、韓国系がこぞって日本バッシングを展開するために利用した制度だ。

 マラーノ氏がグレンデール市を訪れることは非公表だったため、反日的な韓国系住民の姿はなかった。

 「あなたたちの目的は尊い」。市議らに向かって、マラーノ氏は言った。「だが最近、韓国で新しい慰安婦のグループが、自分たちの政府に1950年から1992年の間に強制的に慰安婦とさせられたと言っている。グレンデール市は、日本や、日本の人々に対し一貫性があることを表明するチャンスだ」

 朝鮮戦争以後、在韓米軍基地周辺で米兵を相手に売春をさせられたと主張する100人以上の韓国人女性らが今年6月、韓国政府に賠償を求める訴訟をソウル中央地裁に起こしたことを引き合いに出し、続けた。

 「今ある慰安婦像が、日本を侮辱する目的で設置したわけではないということを証明できる。この新しい慰安婦のグループのために2つ目の像を考えたらどうだろうか」

 グレンデール市の慰安婦像の横には、像の説明として「20万人の女性が」「日本軍に強制的に慰安婦にされ」「セックス・スレイブ(性奴隷)として」などと記されている。これは韓国側の主張だ。グレンデール市がこれを“歴史”として認めるならば、在韓米軍の慰安婦も同じように扱わないと不公平だ、と言っているのだ。

 マラーノ氏は「今ある慰安婦像のとなりに大理石の記念碑などを設置することをすすめる」

 不思議なものだ。在米日本人らが、慰安婦像について反対意見を述べると、「もっと歴史を学ばなければ」「なぜ、過ちを認めない」などとヒステリックに反論していた市議らも、マラーノ氏には何も言わなかった。米国世論に、日本の立場、日本の主張を説明することがいかに重要かを示している。

 慰安婦像設置に賛成した市議らは、マラーノ氏の話を聞き終わると、「サンキュー」と述べた。設置に唯一、反対した市議は「あなたの名前は」と改めて聞いた。

 発言を終えたマラーノ氏は「少し緊張したかな」とホッとした様子だった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ネットで人気のテキサス親父、そのルーツとは!?
BOOKSTAND 10月19日 9時30分配信

日本のインターネット上で人気を博している「テキサス親父」ことトニー・マラーノ氏。動画投稿サイトYouTubeなどで「日本がいかに素晴らしい国か」を訴え続けることで、人気となった彼ですが、新著『テキサス親父の大正論』の中で、自らのルーツについて語っています。

 マラーノ氏は、1949年にアメリカのコネチカット州で生まれ、ニューヨークのブルックリン区で育ったイタリア系アメリカ人。ニューヨーク州立大学で歴史学を専攻した後、米国内最大手の電話会社に就職しました。その後、70年代後期に、休暇で初めて訪れたテキサスの地を気に入り、移住を決意。勤めていた電話会社に転勤願いを出し、30歳の時に移住。それ以降、ずっとテキサス在住です。

 05年に勤めていた電話会社を定年退職した後、彼は余暇の一環として新聞への投書を始めました。しかし、重要な話題に関する意見が採用されないなど「メディアの情報発信の基準」に疑問を抱き、個人で意見を世界に発信していくことを決意。YouTubeに自らのチャンネル「プロパガンダ・バスター」を開設し、動画配信をスタートさせたのです。

 当初は、アメリカの政治に関する動画を中心に配信していましたが、反捕鯨団体「シー・シェパード」を批判し、日本を擁護する動画を掲載したところ、それが一部、日本のネットユーザーの目に留まり拡散。これをきっかけに、日本のネット上で注目を浴びる存在となりました。

 それ以降、シー・シェパードやとかく日本に厳しい態度を取る韓国・中国に対し、客観的資料をもとに批判し続け、一方で日本国内での講演会や執筆活動なども積極的に行っています。日本だからいいものの、同じことを韓国や中国で行ったらどうなるでしょうか。産経新聞ソウル全支局長の「あの記事」ですら起訴されたのですから、推して知るべしでしょう。

 ちなみに彼がそこまでして日本を擁護するのは単純に「日本が好きだから」だそうです。

 同書の終章「だから俺は日本が好きなんだ!」では、日本人の「誠実さ」や「他人に対する思いやり」、「他人のための自己犠牲」の精神に心を打たれことをこれでもかと告白しています。そこまで褒められると日本人としても、「いや、そんなに褒められるほど立派じゃないんですが」と言いたくなるほど。ただ、そういった"控えめな言葉"を聞いたら、おそらく彼はますます日本人のことが好きになるのかもしれません。
 

在日韓国人横浜市議さん、頑張っていますね!

 投稿者:tomocci  投稿日:2014年10月25日(土)03時01分21秒
編集済
 





在日韓国人横浜市議さん、頑張っていますね!

http://www.yokohama-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=4325


今でも神奈川県警の推薦警部さんと仲良しみたいですね?!
 

腰痛肩こり外反母趾腱鞘炎治療JMI療法

 投稿者:ペインクリニカルセンター  投稿日:2014年10月25日(土)01時34分3秒
編集済
  ペインクリニカルセンターFacebook
https://www.facebook.com/painclinical

JMI療法は、関節運動学に基づく治療法を基にして、関節レベルの治療に筋肉レベルの治療を組み合わせ、特殊な電気治療も加えた私が独自に作り上げた治療法です。

関節運動学に基づく治療法と言いますと、AKA療法(関節運動学的アプローチ)と言う治療法がございます。
私も、このAKAを実施している病院に勤務していたことが有りまして、医療現場で多くの患者さんにAKAの治療を施す機会を得ました。

しかしながら、AKAの様な先進的な治療法を使った関節レベルの治療を使ってもそれだけで全てが解決するような方は、一部の方だと言う事も実感しました。
また、教科書通りやっていても中々簡単には解決できないケースの患者さんが現実には沢山いらっしゃる事を実感したのです。

医療全てに言えることだと思いますが、治療する側に一つの確立しい治療法があってそこに全ての患者さんを当てはめてどうか?と診断したところで、全てが解決する訳では有りません。
現実に、生身の患者さんに沢山接してみますと表に出てきている症状は似ていてもそこに至るまでの要因は、千差万別なのです。

 

小渕優子 売却旧宅に家賃払わず母親が居住中! 何様行為の宝石箱やあ~~

 投稿者:tomocci  投稿日:2014年10月24日(金)20時41分7秒
編集済
  金持ちの政治家の家となれば、叩きだしたらいくらでもホコリが出てきますよ。
飲料メーカーと言うのは、どうやら伊藤園のこのようですね。
伊藤園→財団→小渕旧宅購入⇒家賃、固定資産税要りません

と言う、事のようです。
世の中には、気前よく金にまつわる全てを代わりに背負ってくれる人がいるんだそうですわ。
伊藤園。創価の平和会館に設置されている自動販売機は、全て伊藤園だと言うでは有りませんか。
小渕家も、隠れ創価だと言うことになるのでは?
やっぱり、そうか、そうか~~~。
与党になっている、公明党もこの件にはだんまりを決め込むんでしょうね。
野党の、同和部落鮮人(エベンキ・ワイ族)議員どもも、あまりやり過ぎると、どこかの時点で大しっぺ返しを食らいますよ。
支配階級の間でしか通用しない、社会の非常識、超法規的な話が、こうして表に出てしまうのは、政治生命に関わることです。
落とし所を何処に持っていくかで、舞台裏は蜂の巣をつついた様な騒ぎになっているんでしょうね。

どうせ、最後は森元総理などの清和会の重鎮どもが出てきて鶴の一声で決着するのでは?



<小渕氏>売却旧宅に表札 家賃払わず母居住

小渕優子前経済産業相が一部相続した東京都内の土地建物を今年3月、小渕氏が
9年近く理事を務めた公益財団が寮として使用する目的で購入しながら、現在も
小渕氏の母親が住み続け、家賃も支払っていないことが分かった。

財団側は事実関係を認めた上で「保守管理をお願いしているとの認識だった」と
説明するが、専門家は「政治家側への利益供与に当たる疑いがある」と指摘している。


土地と建物は昨年12月に群馬県内の建設会社に一括売却された後、
その約3カ月後に公益財団法人「本庄国際奨学財団」が計約4億5392万円で購入した。

同財団は恵三元首相の後援者で大手飲料メーカー創業者の故本庄正則氏が設立し、
主に途上国からの留学生を支援している。

恵三元首相の1998年の資産公開によると、妻(小渕氏の母親)はこの飲料メーカーの
株を19万5250株(当時の株価で約9億9500万円相当)保有していた。

事務局長は「現在の建物を生かし、耐震補強をして将来的に留学生を10人ほど受け入れたい。
購入元の建設会社の社長とは以前から知り合いで、寮を作りたいと話をしてあったので
『どうですか』と持ちかけられた。以前の所有者が小渕家だったのは偶然」と話す。

一方で「建設会社には『家を残したい』と(小渕氏の母親が)希望を言ったと聞いている」と証言。
購入から半年以上たった今月も「小渕」の表札が掲げられ、母親が住んでいるという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141023-00000005-mai-soci



小渕優子氏 シャンプーや日用品にも宛名なしの領収書を要求
NEWS ポストセブン 10月23日 16時6分配信

 9月の内閣改造の“目玉”として経済産業大臣に就任したばかりの小渕優子議員(40才)が、入閣からわずか1か月半の10月20日、大臣を辞任した。

 事の発端は『週刊新潮』(10月23日号)が報じた政治資金疑惑だった。小渕氏関連の政治団体が後援会員らのために東京・明治座で開催した「観劇会」において、不明瞭な金銭の動きがあったほか、政治団体から、彼女の実姉がデザインした商品を取り扱う東京・南青山の高級ブティックに合計330万円ほどの支払いもなされていた。

 さらに毎年、地元・群馬の名産品の下仁田ねぎを約60万円分購入。その他にもこんにゃく、ベビー用品や化粧品、高級ランジェリー、子供用玩具、ワインなどを購入した領収書が収支報告書には添付されていたという。

 これらの購入分について、あくまで政治活動の経費であることを強調していた小渕氏。だが、彼女の自宅周辺で取材を続けると、こんな証言が。まずは近くのコンビニ。

「2、3週間前にSPと一緒に、店にやってきたんですけど、パンとかヨーグルトとかを購入していました。そのときに“領収書ください”ってお願いしていましたね。そんな家で食べるようなものも領収書もらうんだなぁ~って驚きましたね」(目撃した客)

 また近所のドラッグストア関係者によれば、

「小渕さんは頻繁に来店されますよ。シャンプーとか日用品を買ってますね。もちろん毎回領収書は持っていかれます。しかも、宛名と但し書きのところは“なしで”と頼まれることが多いですね」

 いつでもどこでも領収書をもらうのが日常の小渕氏。『「政治資金」の研究──利益誘導の日本的政治風土』(日本経済新聞社刊)の著書を持つ日本大学法学部・岩井奉信教授はこう言う。

「政治資金規正法では、これらの領収書は法的には何ら問題はないんです。本人が“政治活動に必要だ”と主張すれば、それは認められるんです。でも、国民からすれば、そういった私的なものはすべてポケットマネーで払うべきものと感じるわけですから、道義的には認められませんよね。したがって“公私混同”だと後ろ指は指されますよ」

 また、その領収書を政治資金と計上しないまでも、毎年の確定申告の際に経費として計上すれば、納税額は少なくなり、節税となることもある。

「国民は消費税率アップで四苦八苦している状況下で、それを推し進める大臣が、そんなセコいことをしてはいけないと思いますよ」(前出・岩井教授)

※女性セブン2014年11月6日号


疑惑の宝石箱 まだある辞任小渕優子経産相の銭ゲバ錬金術(1)
2014年10月25日 14時00分 週刊実話
 女性閣僚を大量起用し、9月に発足したばかりの安倍改造内閣。その中核を担う小渕優子経産相と松島みどり法相が10月20日、「政治とカネ」問題でW辞任した。中でも有権者への買収疑惑で閣僚を辞任した小渕氏は、まさに崖っぷちに立たされた状態なのだ。
 その概要を政治部記者がこう伝える。
 「小渕氏の辞任騒動は、複数の後援会が'07年から'11年までの間に後援者から会費を徴収し、都内の明治座で観劇会を催したことが発端。食事代+入場料込みの劇場への支払額が、徴収額よりトータルで5330万円も多かったことが、公職選挙法の有権者への寄付行為に抵触するとマスコミに叩かれ、閣僚辞任に至ったのです。ただ、小渕氏の公設秘書が事務責任者なら、今後刑事責任に問われる確率も高く、連座制の適用で小渕氏の当選自体が無効となる可能性も出てきているのです」

 ちなみに、騒動勃発後には地元から「会費は1万2000円前後が徴収された」との声が上がっているという。だが、仮に集められた会費が少額記載されていた場合には、今度は政治資金規正法違反に問われる恐れがある。まさに前門の虎、後門の狼といった具合で、小渕氏は逃げ場を失った状態に置かれているのだ。
 政治部記者がこう続ける。
 「しかも、彼女への疑惑はこれだけではない。後援会が'05年から'11年に行った東京ドームでの野球観戦会にも、同様の疑いが持たれている。こちらの徴収額は196万円。ドーム側への支払いは436万円で240万円の差額が出ており、これも後援会が補てんしたとすれば、買収行為が常態化していた可能性が高い。また、政治資金からベビー用品や化粧品を購入したといわれ、私的流用の疑いも浮上しているのです」

 ただ、これは小渕氏が父親の故・小渕恵三元首相から受け継いだ“負の錬金術”だったとの見方もある。
 というのも、今回疑惑の俎上に上った後援会の中心組織は元首相時代から存在しており、その一部は最近まで小渕氏の後援組織と認識されていなかったからなのだ。
 政治部デスクがこう話す。
 「疑惑噴出の発端となった『自民党群馬県ふるさと振興支部』は、もともと小渕元首相の政治団体で、同氏が急逝したために、長らく永田町では自然消滅したと見られていたのです。ところが、小渕経産相が誕生したばかりの今年9月に、一部マスコミがこの組織が群馬県高崎市に主たる事務所を置いて活動し、彼女の事務所や資金管理団体に莫大な金をもたらしていることを報じた。それが原因で、父娘相伝の錬金術の一端が明るみとなったのです」

掲載号 2014年11月6日 特大号


疑惑の宝石箱 まだある辞任小渕優子経産相の銭ゲバ錬金術(2)
2014年10月26日 13時00分 週刊実話

実際、『ふるさと振興支部』は、2012年には群馬県内の土建業者などから総額2758万円の献金を集めていたという。しかもその一部にあたる500万円を、同年行われた衆院選挙時に小渕事務所に陣中見舞いとして献金。さらに、8人の小渕系列県会議員らにも50万円ずつ寄付していたことが発覚しているのだ。
 「つまり、この組織は小渕氏の“集金マシン”として機能していたのです。今回の観劇疑惑はこの団体が主体的に開催していたものだが、父親から受け継いだ組織だけに、小渕事務所もその管理が野放図になっていたことが、騒動勃発の真相なのです」(同)

 もっとも、小渕氏にかかる疑惑はこれだけではない。
 「例えば、'09年に発覚した『公用車談合事件』では、独占禁止法違反で10社に計30億円の課徴金が課せられたが、小渕事務所はそのうちの1社である『日本道路興運』から'00年~'04年の間に204万円の献金を受け、同社社長からも100万円の献金を受け取っていた。指摘を受けた小渕事務所は慌てて返金手続きをとって騒動は収束したが、実は、彼女にはカネにまつわる疑惑が絶えないのです」(テレビ局編集委員)

 一方、前述通り小渕元首相がらみの銭ゲバ疑惑も絶えない状況で、そのいい例が“NTTドコモ疑惑”なのだ。民主党関係者が言う。
 「以前、株の30%を小渕一族が持つ『上毛通信サービス』というポケベル会社が群馬県内にあったが、同社はドコモに吸収され、小渕氏が首相になるとほぼ同時期にドコモが上場した。これが原因で600万円相当だった小渕一族の所有株が、一気に70億円になったといわれているのです。当時、民主党内にはこの疑惑追及チームができたほどで、小渕元首相の金庫番が、別の人物が持つドコモ株を巧みに手に入れたのではという疑惑も噴出。訴訟や告発騒ぎが起きたほどなのです」

 また、これとは別に中国を舞台にした巧みな錬金術も取り沙汰されている。
 語るのは自民党の中堅議員だ。
 「小渕元首相は'99年に訪中した際、同国農村部の砂漠化が深刻なことを知り、100億円の国費を投じて『日本緑化交流基金』--通称“小渕基金”を創設した。その基金を元に中国では毎年数千万円から億単位の植樹が行われているが、この事業収支は闇に閉ざされたまま。そのため、自民党内にも基金の裏で中国からのキックバックがあるのでは? との穿った話がずっと流れていたのです」

 ちなみに、小渕経産相は『日中緑化推進議員連盟』の事務局長として何度も中国を訪れ、緑化事業に関わってきた経緯がある。そのため、この疑惑を今も引き継いでいるのである。

掲載号 2014年11月6日 特大号






小渕家御用達 焼肉スタミナ苑
http://www.sutaminaen.com/
 

ジャニーズ・山下智久 同級生モデルお持ち帰りをスクープ撮!

 投稿者:tomocci  投稿日:2014年10月23日(木)01時03分52秒
編集済
  ジャニーズ・山下智久 同級生モデルお持ち帰りをスクープ撮!

六本木で女性との間に起こした携帯電話持ち去りトラブルにより、10月21日に器物損壊の疑いで書類送検された山下智久(29)。山下はその直前、15日の夜から翌日にかけて、ハーフのファッションモデルと密会していた。その模様を「週刊文春」が撮影した。

 2人は夜9時頃から飲み始め、3軒をはしごした後、最後は朝4時過ぎに渋谷の高級ホテル、セルリアンタワーへ入った。お相手のモデルは、ハワイ出身のアメリカ人と日本人のハーフで、山下とは堀越高校時代の同級生。

 相手女性の所属事務所は、密会の事実を認めたものの、交際は否定。ジャニーズ事務所は期日までに回答しなかった。

「週刊文春デジタル」
 

橋下徹大阪市長vs桜井誠在特会会長

 投稿者:tomocci  投稿日:2014年10月21日(火)02時38分17秒
編集済
  橋下徹大阪市長vs桜井誠在特会会長
http://lite.blogos.com/article/96844/




同じ系統同士の話し合いは成立しないと言うことが良く分かりますよね。
逃げ腰の橋下が情けないですよね。
相手が口では敵わないと思うと、同じ口上の繰り返し、政治家答弁で逃げまわる。
これが、本当の橋下の姿だと言うことですね。


橋下市長VS在特会 「お前って言うな」怒号飛び交い、面談10分弱で終了
産経新聞 10月20日(月)18時53分配信

 デモで民族差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)問題をめぐり、大阪市の橋下徹市長は20日、市役所内で「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の桜井誠会長と面談した。橋下市長は在特会がデモで在日韓国・朝鮮人を批判していることについて「民族をひとくくりにして評価する発言はやめろ」と言い、桜井会長は「言論の自由を否定するのはやめろ」と反論。双方が怒号を飛ばした議論は平行線に終わり、10分弱で終わった。

 桜井氏「あんた」

 橋下市長「『あんた』じゃねぇだろ」

 桜井氏「『お前』でいいのか?」

 橋下市長「お前なぁ」

 桜井氏「『お前』って言うなよ」

 橋下市長「うるせぇな、お前」

 数メートル離れて着席し、向き合った2人は冒頭から呼び方をめぐりヒートアップした。激高した様子の桜井氏が突然、立ち上がって橋下市長に近づき、周囲で警戒にあたっていた警護の警察官たちが一斉に制止に動く。面談は終始、険悪な雰囲気で行われた。

 橋下市長が7月に在特会側のデモについて「表現の自由を超えたひどいもの」などと批判したことがきっかけとなり、この面談がセッティングされた。

 「(在日韓国・朝鮮人に関する)制度に文句があるなら国会議員に言え。参政権を持たない人に言っても仕方ない」。橋下市長は桜井氏に対してこう主張し、「お前みたいな差別主義者は大阪にはいらない」と不快感をあらわにした。

 桜井氏も「国会議員には言っている」「誰が差別主義者だ」「(韓国側が)日本人をひとくくりにして誹謗(ひぼう)中傷をやるから闘っている」と応酬。双方が怒気をはらんだ声で言い合いを続けたが、橋下市長が10分弱で事務方に「もう終わりに」と言って打ち切った。
 

在日韓国人横浜市議A議員とお客様(愛人)の子

 投稿者:tomocci  投稿日:2014年10月19日(日)09時01分33秒
  【タレコミ】

在日韓国人横浜市議A議員とお客様(愛人)の子

イーストロンドン大学に在学中との事。
 

/9