[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ジャニーズ・山下智久 同級生モデルお持ち帰りをスクープ撮!

 投稿者:tomocci  投稿日:2014年10月23日(木)01時03分52秒
編集済
  ジャニーズ・山下智久 同級生モデルお持ち帰りをスクープ撮!

六本木で女性との間に起こした携帯電話持ち去りトラブルにより、10月21日に器物損壊の疑いで書類送検された山下智久(29)。山下はその直前、15日の夜から翌日にかけて、ハーフのファッションモデルと密会していた。その模様を「週刊文春」が撮影した。

 2人は夜9時頃から飲み始め、3軒をはしごした後、最後は朝4時過ぎに渋谷の高級ホテル、セルリアンタワーへ入った。お相手のモデルは、ハワイ出身のアメリカ人と日本人のハーフで、山下とは堀越高校時代の同級生。

 相手女性の所属事務所は、密会の事実を認めたものの、交際は否定。ジャニーズ事務所は期日までに回答しなかった。

「週刊文春デジタル」
 

橋下徹大阪市長vs桜井誠在特会会長

 投稿者:tomocci  投稿日:2014年10月21日(火)02時38分17秒
編集済
  橋下徹大阪市長vs桜井誠在特会会長
http://lite.blogos.com/article/96844/




同じ系統同士の話し合いは成立しないと言うことが良く分かりますよね。
逃げ腰の橋下が情けないですよね。
相手が口では敵わないと思うと、同じ口上の繰り返し、政治家答弁で逃げまわる。
これが、本当の橋下の姿だと言うことですね。


橋下市長VS在特会 「お前って言うな」怒号飛び交い、面談10分弱で終了
産経新聞 10月20日(月)18時53分配信

 デモで民族差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)問題をめぐり、大阪市の橋下徹市長は20日、市役所内で「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の桜井誠会長と面談した。橋下市長は在特会がデモで在日韓国・朝鮮人を批判していることについて「民族をひとくくりにして評価する発言はやめろ」と言い、桜井会長は「言論の自由を否定するのはやめろ」と反論。双方が怒号を飛ばした議論は平行線に終わり、10分弱で終わった。

 桜井氏「あんた」

 橋下市長「『あんた』じゃねぇだろ」

 桜井氏「『お前』でいいのか?」

 橋下市長「お前なぁ」

 桜井氏「『お前』って言うなよ」

 橋下市長「うるせぇな、お前」

 数メートル離れて着席し、向き合った2人は冒頭から呼び方をめぐりヒートアップした。激高した様子の桜井氏が突然、立ち上がって橋下市長に近づき、周囲で警戒にあたっていた警護の警察官たちが一斉に制止に動く。面談は終始、険悪な雰囲気で行われた。

 橋下市長が7月に在特会側のデモについて「表現の自由を超えたひどいもの」などと批判したことがきっかけとなり、この面談がセッティングされた。

 「(在日韓国・朝鮮人に関する)制度に文句があるなら国会議員に言え。参政権を持たない人に言っても仕方ない」。橋下市長は桜井氏に対してこう主張し、「お前みたいな差別主義者は大阪にはいらない」と不快感をあらわにした。

 桜井氏も「国会議員には言っている」「誰が差別主義者だ」「(韓国側が)日本人をひとくくりにして誹謗(ひぼう)中傷をやるから闘っている」と応酬。双方が怒気をはらんだ声で言い合いを続けたが、橋下市長が10分弱で事務方に「もう終わりに」と言って打ち切った。
 

在日韓国人横浜市議A議員とお客様(愛人)の子

 投稿者:tomocci  投稿日:2014年10月19日(日)09時01分33秒
  【タレコミ】

在日韓国人横浜市議A議員とお客様(愛人)の子

イーストロンドン大学に在学中との事。
 

ハイアット沖縄進出

 投稿者:tomocci  投稿日:2014年10月17日(金)11時03分16秒
編集済
  那覇市にハイアットが出来るのですね。
桜坂近くと言う場所が面白いです!

~~~~~~~~~~~~~~~~

ハイアット沖縄進出 来春桜坂開業
2014年9月6日 09:00 沖縄タイムス

 世界的なホテルブランド「ハイアット」(約300室)が那覇市牧志の桜坂劇場隣接地で開業することが5日、分かった。不動産開発事業のケン・コーポレーション(東京都、佐藤繁社長)が開発中で、同社のグループ会社が運営する。開業は来年5月の予定。市内で300室以上の大型シティーホテルが開業するのは1993年開業のロワジールホテル以来。
 敷地面積は約5千平方メートル、18階建て。昨年4月ごろ着工、工事を進めながらホテルブランドと交渉してきた。
 ブランドを持つハイアットホテル・アンド・リゾーツはヒルトンやシェラトン、ウェスティンなどと並ぶ世界有数の高級ホテルチェーンで世界各地に500軒以上を展開。米国を拠点にパークハイアットやグランドハイアット、ハイアットリージェンシー、ハイアットなど客層や価格帯ごとに複数のブランドがある。
 ケン・コーポレーションのホームページによると、同社は首都圏を中心に高級不動産の売買仲介、不動産に関する総合的なコンサルティング業務を手掛け、関連企業に不動産投資や商業施設、ホテル運営企業を持つ。グアムでシェラトンやハイアット、ヒルトンブランドを運営し国内外で6ブランド、22ホテル(6400室)の運営実績がある。
 沖縄県内のホテル関係者は「ハイアットの世界的なブランドイメージは高く、北部のリゾート地以外の進出はインパクトがある。沖縄が国際的な観光地の仲間入りを果たしたことの表れ」と外国人観光客の一層の取り込みを期待している。(座安あきの)
 

沖縄県知事選で動き出す中国共産党・習近平が狙う「沖縄独立計画」全貌

 投稿者:tomocci  投稿日:2014年10月17日(金)03時40分30秒
編集済
  完全に狂っているヅラ翁長雄志前那覇市長。
保守を分裂させた罪は、重い。
普天間基地の辺野古移設を沖縄左翼メディアを使って妨害し、
かりゆしグループ・沖縄ハム・金秀グループなどの
自らの後援企業には優遇措置を図る。

こんな輩に県知事やれせても騙されるのは、一般市民。
支那の手先に沖縄の未来は任せられません!

【沖縄県知事選に保守を騙っている翁長雄志】
http://n-seikei.jp/2014/09/post-24145.html

【国の一括交付金で龍柱を作らせる】
http://n-seikei.jp/2014/10/6-8.html

──────────────────────

11・16県知事選で動き出す習近平が狙う「沖縄独立計画」全貌
2014年10月15日 13時00分 週刊実話

11月16日の知事選を前にした沖縄県で、思わぬ騒動が起きている。下地幹郎元郵政民営化担当相など、複数候補が政策論争で「沖縄独立論」を展開。独立機運が高まりだしたのだ。
 地元紙記者がこう語る。
 「騒動の要因は野党連合候補となる翁長雄志那覇市長が、仲井真弘多知事ら他候補を圧倒するとの事前予測が出されたため。これに危機感を抱いた候補者らが牙城を崩そうと、過激な独立論を展開し始めたのです。中でも下地氏は『知事になったら基地移転の可否を問う県民投票をする』『国が認めないなら琉球独立を問う住民投票をする』とブチ上げているほどなのです」

 ただし、この動きが我が国の公安警察を緊迫させている。実は沖縄の独立については、7年前に中国公安部が「琉球復国運動基本綱領」なる極秘文書を作成。この文書が流出し、沖縄の属国化を目論んだ内容が話題を呼んだが、その計画が絵空事ではなくなる可能性が高まりだしたからだ。
 「文書の中身は沖縄を独立させ、大統領を選出。公用語を中国語に変更し、属国にしてしまおうとの案なのです。つまり、独立論を掲げた候補が当選すれば、仮に独立しなくても中国が擦り寄る可能性が高い。実効支配の危険性が高まっているのです」(公安関係者)

 また、政治部記者が言う。
 「中国は本気で沖縄を狙っている。属国化で米軍基地が撤退すれば、西太平洋の領海権を手中に収め、さらにアジア諸国の領土を実行支配できるからです。昨年沖縄で独立のための研究会が創設された際、党機関紙で『中国民衆は沖縄独立を支持せよ』と煽ったが、これが中国の本音なのです」

 もっとも、公安警察がさらに恐れているのは、他ならぬ翁長氏の動向だという。
 「翁長氏は現在独立論を持ち出していないが、生粋の親中派。以前、新聞インタビューで『日本の47分の1と認められないなら、外してほしい』とコメントしたほどで、同氏が独立論を提唱しだしたら、手の付けられない状態に陥ることは確実なのです」

 習近平の高笑いが聞こえてきそうだ。

掲載号 2014年10月23日 特大号
 

東印度カレー商会「上上豚カレー」

 投稿者:tomocci  投稿日:2014年10月16日(木)08時15分33秒
編集済
  都内で自分がイチバン旨いと思っているのが不動前にある
東印度カレー商会の「上上豚カレー」。
築地のお店も有名ですが、こちらが本店。
ルーの絶妙なスパイス加減が至福の味を堪能させてくれます。
具は豚の角煮にジャガイモ、ニンジン、タマネギをオーブンで焼いたモノが供されます。
お試しあれ。

東印度カレー商会
http://s.tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13007478/
 

「安全な食べ物をつくって食べる会」

 投稿者:tomocci  投稿日:2014年10月13日(月)19時38分2秒
  「安全な食べ物をつくって食べる会」
http://taberukai.jp


「安全な食べ物をつくって食べる会」は、1973年、当時食べ物の安全に危機感を持っていた首都圏のお母さんたちが、
千葉県館山にある三芳村(現、南房総市)を訪れ「農薬を使わない野菜を作ってほしい」と、農家に頼みこんだことから始まりました。

1973年より無農薬・無化学肥料、露地栽培で野菜を作っています。

「三芳村生産グループ」は1997年、関東農政局「第2回環境保全型農業推進コンクール」で、農林水産大臣賞を受賞しました。
 

▼横浜市<元調理員>が衝撃告白「<ひじき>にはゴミが…」「週刊文春」2014年10月16日号 

 投稿者:tomocci  投稿日:2014年10月 8日(水)05時20分53秒
編集済
  食品の安全性が求められている時代に、横浜市は何を考えているのでしょうか?
子供達の健康などを軽視しているとしか思えない。
中国産の食品がどれだけ危険性が高いのか、横浜市は改めて検証すべきだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

無添加パンの廣瀬満雄さんの解説
https://www.facebook.com/mitsuo.hirose.3

食品偽装の問題、もう皆様は或いはお忘れになってしまっている方も多いのではないでしょうか?
食品偽装の代わりに噴出してきているのは「食品添加物」の件です。

食品偽装が声高に叫ばれていた陰で暗躍していたのが食品添加物の件です。

原材料の偽装は世間の耳目を浴びましたが、食品添加物、及び遺伝子組み換え食品については野放しの状態です。

また飲料水に含まれているというフッ化ナトリウム(フッ素を含む)の件もまるっきり放置されっぱなしです。

パンに関しての食品添加物は今はやりの「発酵風味調味液」というのがあります。

「イーストフード(発酵促進剤)、及び乳化剤は無添加です。」ということを表看板にしているパン屋さんがありますが、決まってこの「発酵風味調味液」は使用しています。

実はこの「発酵風味調味液」の中には発酵促進剤の成分、そして乳化剤の成分が含まれております。名前をちがえているにすぎません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼横浜市<元調理員>が衝撃告白「<ひじき>にはゴミが…」

「私が給食の調理員を始めた十五年前は、外国産の食材といえばパイン缶と黄桃缶ぐらいでした。それもタイとかフィリピン産です。ところが十年ほど前から黄桃缶が中国産になり、その後はあさりの水煮、ひじき、たけのこ水煮と、給食に中国産の食材がどんどん増えてきたんです」
 横浜市の調理員だった人物が言った。私はそれを聞いて、返す言葉がないほど驚いた。たしかに国内では中国産食品はあふれているが、学校給食だけは聖域ではなかったのか。
 本誌がこれまで中国産食品の危険性について警鐘を鳴らしてきたのは、未来を背負う子供たちに食べさせたくないということも大きな理由だった。その子供たちが食べる学校給食で、中国産食材がふんだんに使われているとは、いったいどういうことだろう。
 元調理員が続ける。
「中国産は粗悪でした。ひじきでいえば、釣り糸が出てきたり、金属片やビニール紐などゴミが絡まっているんです。水煮のマッシュルームも臭かったのを覚えています。缶を開けると、鼻を突くような変な臭いがするんです。他の調理員と『これ、大丈夫かな』と言いながら使っていました。
 ごまもひどかった。動物の糞のようなものがくっついていて、調理前に一粒ずつ取り除かないと使えない。黄桃缶は果肉が薄くて、味が国産とまったく違いました。忘れられないのが『はちみつレモンゼリー』です。人工甘味料の甘みだけでレモンの味もしないし、ちっともおいしくない。それでも子供たちは甘いだけで喜ぶんです。あんな食品を食べさせられて、本当にかわいそうでした」

 二〇〇七年から〇八年にかけて発生した中国冷凍餃子事件で、日本人は中国産食品の恐ろしさを知ったはずだ。さらに今年七月にも、マクドナルドのチキンナゲットなどを加工していた上海福喜食品が期限切れ肉を使っていたことや工場内の不衛生なオペレーションが発覚して、中国産食品への不安が再燃したことは周知の事実である。
 そんな危険な食材がなぜ学校給食で使われているのだろう。

~中略~

神奈川県では、やはり横浜市が突出していた。冒頭で元調理員が証言した黄桃缶、ひじき、はちみつレモンゼリーの他にも、いか輪切り、たけのこ缶、豆乳、メンチカツなど二十二品目が使われていた。
 私はいか輪切りと聞いて、以前に取材した山東省の食品加工場で冷や汗をかいたことを思い出した。輪切りのいかが強い刺激臭を発する液体に漬けられているのを見て、加工場の社長に尋ねると酸化防止剤だという。そこで確かめようと、液に指をいれて口に持ってきたら、「絶対に口に入れるな!」と怒鳴られたのだ。
 社長曰く、液につけると見栄えがよくなって高く売れるが、自分では絶対に食べないと言う。あんな毒液漬けのいかが子供たちの口に入っているかと思うと背筋が寒くなる。
 こうした中国産食品の生産・加工工程の問題を、教育委員会はどれほど把握しているのだろうか。「うちはそんなところから輸入していない」と言うかもしれないが、それは中国食品の裏事情を知らないからだ。
 本誌ではこれまで、たびたび中国の生産現場に飛んで調査してきた。
 青島(チンタオ)のあさり加工場では、トラックに積まれたあさりがどぶ川かと思うほど強烈な腐敗臭を放っていた。中国では〈あさりからクロロマイセチン(抗菌剤)が検出〉といった記事がよく出るが、海水汚染が進み、抗菌剤を使わないと養殖ができなくなってしまったのだろう。また、あさりからは、除草剤(プロメトリン)や大腸菌が検出されることも多い。一三年の食品衛生法違反事例では摘発件数ワーストを飾っている。
 そもそも学校給食に使われる中国産食材は、あさりの他にもいか、マッシュルームなど、なぜか違反事例常連の危ない食材だらけである。
 マッシュルームは、横浜市の元調理員が「鼻を突くような変な臭いがする」と証言したのも無理はない。四川省の日本向け工場で、真っ黒な塩水にマッシュルームが漬かっている槽を見たときは、思わずのけぞった。だが、工場の職員は、「一年半常温で持つから大丈夫よ」と平然としたものだった。ここ数年、中国で売られているマッシュルームから、漂白剤(二酸化硫黄)が基準値を超えて検出されたという報道が相次いでいるが、塩水で黒くなったマッシュルームを漂白して出荷するのだろう。
 ひじきの工場を見たのは、浙江省温州市だった。養殖池は、人工皮革工場からの排水で茶色く濁っていた。日本へ輸出している工場へ行くと、昼休みなのか、作業員は地面に干したひじきの上で休憩している。ひじきは道路にも所狭しと干され、工場内を移動する車に踏まれている。「こんなところで乾燥させて大丈夫なの?」と尋ねると、おばさんは「大丈夫だよ。中国人は食べないから」と笑顔である。
 山東省のさわらやさばの加工工場では、作業員の男がトイレで用をすませたあと、手も洗わずに作業台へ戻って魚を開いていた。上海福喜食品でも床に落ちた肉を戻していたが、これが彼らの衛生観念なのだろう。
 上海の大手食品会社の幹部は、かつて私にこう言ったことがある。
「中国の食品企業は、大手でも注文された量をすべて生産できないところがほとんど。不足する分は下請けに出す。それでも足りなければ孫請けに。それが彼らのリスクヘッジですが、そうなると親会社もすべての工程は把握していません」
 また、上海福喜食品のケースでもわかったように、衛生管理の国際基準であるHACCP(ハサップ)を適用しても、生産者や製造者に悪意があれば簡単に破られてしまう。とりわけ日本に対する悪意が蔓延し、モラルが崩壊しているといわれる中国ではその危険性が最も大きいといえる。
 中国は給食事故大国でもある。今年四月から九月までの半年間だけでも、すくなくとも食中毒を原因とする事故が十五件起きている。六月十五日には河南省で三百九十名もの小学生が下痢や発熱を訴える大規模事故があった。直近では九月二十七日に、福建省漳州市の小学校で「キュウリといかの炒め物」などを食べた児童六十二名が、めまい・腹痛・むかつき・嘔吐などの症状に見舞われた。過去半年間の食中毒の原因は鶏肉、肉団子、豆乳、ウインナーと様々。これは中国食品全体が汚染されているからだろう。中国の食の安全に関する意識は、自国の子供が口にする給食でさえこのレベルなのだ。

日本に話を戻そう。学校給食は単なる食事の時間ではない。食育推進基本計画(〇六年策定)で「食育」の重要性が打ち出されて以来、教育の一環として地場産の使用が推進されてきた。それなのに、たびたび危険な事件を起こし、安全とはいえない中国産食材がなぜ使われ続けているのだろうか。
 前出の「全国学校給食を考える会」の野田顧問が解説する。
「学校給食には大きく分けて二つのシステムがあります。各地域に配置された栄養士が献立を作り、各学校の給食室で調理する『自校方式』と、給食センターに勤務する栄養士が献立を作り、センターでまとめて調理する『センター方式』です。ただ、横浜市のように、自校方式でありながら、食材を市がまとめて調達している自治体もあって、単純ではありません。
 そもそも全国的にほぼ同一のカリキュラムがある学科と違い、給食については『実施するかどうか』も『どのくらい税金を投入するか』も自治体ごとの判断。結果として、肝心の献立や食材調達は、現場の栄養士の意識でばらつきが出ます」
 さらにセンターの場合には「そこに自治体の意向が反映されます。栄養士が国産にこだわっても、自治体が中国産でいいと指導することもある」(元栄養士)という。

 冒頭の横浜市の元調理員はこう語っている。
「中国産がとくに増えたのは東日本大震災以降です。生徒の父母たちの要望もあり、東北の農水産物が入ってこなくなったからです。ただ結果として、安くて大量に用意はできるけれど、安全とは言えない中国産が入るようになった。横浜市からは、中国産を仕入れる理由は『国産物資の調達困難と価格の面から』と説明されました」

疑い出したら使えない

 こうした危険を伴う中国産食材を輸入する以上、細心の注意が必要なはずだ。ところが、中国産を迎えうつ体制は充分とは言えない。表の《中国産食材に関する安全管理の取り組み・検査体制》を見ると、東京・神奈川の各自治体の対応は次の四つに絞られる。
(1)「特別な検査はしていない」
(2)「安全確認ができる書類を提出してもらう」
(3)「学校給食衛生管理基準で残留農薬検査などを実施」
(4)「納入時に異物混入や変色・異臭をチェック」
「現地に足を運んで検査しているわけではなく、学校に流通してくるまでの検査を信用している」(足立区)というように、安全検査を業者任せにしている自治体がほとんどだ。自ら検査するにしてもせいぜい農薬検査まで。「疑い出したら使えないので、大丈夫だと思って使用している」(新宿区)という大胆な声もあった。
 中国産食品の最大の問題は、中国の深刻な土壌汚染である。中国の穀倉地帯である長江河口域は、日本の土壌汚染の基準値と比較して鉛が三千五百倍、ヒ素千四百九十五倍、水銀二百四十四倍、さらに発がん性のあるBHC(有機塩素)も五十九倍と、信じられない数値が検出されている(本誌『中国「猛毒米」年間5万トンが日本人を破壊する!』2013年2月14日号参照)。これは〇七年頃のデータだが、最近も〈耕作地の約5分の1が重金属によって汚染され、食品の安全や人体の健康に影響を与えるほど深刻になっている〉(瞭望新聞週刊)と報じられたように、汚染はさらに進んでいる。
 重金属や有機塩素は土壌から農産物に吸収され、それを食べた人や家畜の体内で濃縮される。その毒を思春期前の子供が長期間摂取し続ければ、たとえ微量でも大きな影響があるといわれる。結果、ある日突然、重金属によって肝臓障害や脳障害、有機塩素によってがんなどを発症する慢性中毒になる恐れがある。
「ところが給食で食の安全というと、食中毒や異物混入といった急性中毒対策になってしまう。検疫体制を含めて、農薬や食品添加物への意識は非常に低い」(前出・「全国学校給食を考える会」野田顧問)
 学校給食で中国産食材が使われる実態は、東京圏よりも地方の方がひどいといわれる。次回は全国でどれだけの中国産が使われているかをお伝えする。

「週刊文春」2014年10月16日号

前号発売翌日、朝刊各紙には「給食の中国産食材、東京・杉並区が使用中止」の文字が躍った。本誌報道を受け、東京・神奈川では学校給食での中国産使用を見直す自治体が相次いでいる。ところが調査対象を全国に広げると、中国産使用率は地方ほど高かったのだ。

 前号では、東京都と神奈川県六十八全市区の「学校給食で使われる中国食材」に関する独自調査の結果を発表。学校給食でいかに多くの中国産食材が使われているかを詳しく報告した。
 この本誌の警鐘を受けて、中国産使用の見直しを検討する自治体が出てきている。
 真っ先に動いたのが、東京都の杉並区だった。前号の発売当日の十月八日、区立小中学校六十五校の学校給食で「当面、代替可能な食材については、中国産食材を使用しない」と発表したのである。
 そもそも杉並区教育委員会は、アンケート取材に「食材の産地を把握していない」と回答しなかったが、本誌調査で十七品目の使用が判明していた。杉並区の田中良区長は教育委員会の怠慢についてこう述べる。
「各学校の校長は把握しているが、教育委員会事務局としては、全ての詳細は把握していないと言いたかったのでしょう。言葉足らずだと思います。
 ただ、給食は各学校の校長の責任の下で栄養士が中心になって献立作成、食材調達を行っており、私自身も個別的な実情は把握しておりません」
 だが今回の素早い決定では、本誌報道を目にした区長の「食材の安全を確認するとともに、保護者の不安感を払拭するべく、冷静かつ早期の対応が必要との考えを教育委員会に伝えました」というトップダウンの意向が働いたという。
 一方、学校給食を管轄する杉並区教育委員会学務課は電話取材にこう答えた。
「国産に替えられるものは替えていきますが、完全にやめるのは無理です。今回の決定は、保護者が過剰な反応をしないようにするのが目的。保護者に説明して不安を払拭したら、中国産使用を再開する方針です」
 食の専門家や栄養士・調理員で組織する「全国学校給食を考える会」顧問の野田克己氏は、憤慨する。
「杉並区の対応が見せかけだとすればひどいですが、トップの決断の可能性を示したという点では興味深い。やろうと思えば、一時的にはすぐにでも学校給食を国産化できるということです。自治体のトップや責任者次第では予算を増やすこともできる」
 では、杉並区以外の自治体の反応はどうか。あらためて調査した。
 前回、炒りごまや味付きたけのこ、いちごジャムなどを使用していると回答した神奈川県小田原市は「やむを得ず外国産の食材を使用する際には、中国産物資の納品や使用を控えるよう、栄養士や納入業者に通知した」と回答した。
 いちごボールゼリーの使用が本誌調査で判明した東京都立川市も、「今回指摘された『いちごボールゼリー』は十月八日より中国産原料が除かれたことをメーカーに確認した」。
 一方、中国産食材は不使用と回答したが、本誌調査で青のり、あさり、かんぴょうなどの使用が発覚した東京都大田区。「当面、代替可能な食材については、中国産を使用しないこととした」と回答した。
 他にも野菜を中心に十品目以上使用していた神奈川県南足柄市、九品目を使用していた東京都足立区など、本誌報道後に“中国産を使わない”方向に舵を切った自治体は十三市区あった。
 残念なことに反省の無い自治体もある。新宿区、世田谷区、町田市は、本誌調査で中国産食材の使用が十五品目以上確認されたにもかかわらず、「原則、国産のものを使用している」と今回も主張した。
 こうした自治体の動きを、東京都の舛添要一知事はどう見ているのか、定例会見で尋ねてみた。
 ――学校給食に多くの中国産食材が使われている現状をご存知ですか?
「中国から入ってくるものがすべて毒にまみれているというのはどうかと思う。それぞれの区市町村が適切に検査して対応していただければいい」
 ――中国産食材の使用を制限する予定はありますか?
「中国産食材で食中毒が起きたら問題だが、食の安全は区市町村がしっかりやるだろうから信頼したい」
 木で鼻を括ったような答弁は、中国産食材の危険性に対して責任を持って取り組むつもりがないからではないか。
 また、横浜市を筆頭に、多くの自治体で中国産食材を使っていたことについて、神奈川県の黒岩祐治知事は電話取材にこう語った。
「今、神奈川県は、最先端の医療・技術の追求と“未病を治す”を融合させようとしています」
“未病を治す”とは、将来、大病にならないように、病気になる前から体調に気をつけようという考え方。
「未病を治すために大事なのは食です。それには子供の頃からの食習慣が大切ですから、学校給食は地場産の食材を目指しています」
 もっと県下の給食の実態に目を向けるべきだろう。

東京・神奈川よりなぜ多いのか

 学校給食に関しては各市区町村の教育委員会が所管している。舛添都知事も黒岩県知事も「各自治体で適切に判断すべき」という姿勢にこだわった。しかし、自治体の首長であれば、関係所管を飛び越えて対応を指示するような責任ある態度を取って欲しい。
 では、全国で学校給食に使われる中国産食材はどれほどあるのか。
 今回は全国政令指定都市二十市に広げて、アンケート調査を実施。以下の表にまとめた。

・全国政令指定都市20市 調査結果はこちら

 表中の《使用している中国産食材と代表的なメニュー》《中国産食材を使用する理由》《中国産食材に関する安全管理の取り組み・検査体制》は、いずれも自治体の担当課からの回答である。
 今回も前回同様、編集部で各自治体や学校のHPなどを調べ、《編集部調べ》としてまとめたが、さいたま市を除けば、アンケート回答と大きく変わらないところが多かった。さいたま市以外の政令指定都市では、栄養士が献立を立てても、食材は教育委員会などの主導で一括購入しているケースが多いからだ。
 この表を見て驚くのは、前回調査した東京都・神奈川県よりも中国産食材、しかも冷凍食品の使用が多いことだ。大都市はともかく、地方にいけば田園が広がり、食材も豊かなはずだから、当然、中国産食材の使用率も減るだろうと思っていたのに、一体どういうことか。
 各自治体はその理由として、「給食費の制限があるため」と「国産食材だけでは安定的な調達は困難」の二点をあげた。つまり、目の前に食材があっても、国産は値段が高く、同じ規格で一定数をつねに揃えられないから、やむをえず中国産を使うというのだ。

ごまはホコリやゴミだらけ

 前出の野田氏は言う。
「中国産食材使用の背景には、国産食材のコスト高の他にも、合理化による人員不足、施設設備の老朽化などがあります。また地方は、複数の学校の調理を一括して行う給食センターが多い。食材を大量に購入する必要があり、手づくりのようなキメ細かい調理や目配りができないので、加工品が増え、中国産率も高くなる」
 全国政令指定都市二十都市中、中国産食材を最も使用していたのは福岡市で、実に三十七品目にのぼる。
 使用頻度の高い順でいえば、緑豆春雨は「甘酢和え」「麻婆春雨」「太平燕」などに、乾燥キクラゲは「牛肉のオイスター炒め」「中華スープ」などに使われる。マッシュルームは「ハヤシライス」「チキンライス」に、いかは「シーフードカレー」「中華炒め」などに使われる。
 福岡県の元給食調理員は、「ウチは食中毒を恐れて桃のようなフルーツまで熱湯消毒する」のに、これほど中国産を使っていることは知らなかったという。
「産地がどこなのか、私たち現場には知らされません。ただ、中国産は味も違うのですぐわかります。ひじきなんてひどい味だから、みんなで『中国産やね』と言いながら調理していました。あきらかに中国産とわかるのはごまです。ホコリやゴミなどで汚れがひどく、ぬるま湯で洗わないと使えないんです」
 食材でとくに驚いたのは「味付け鶏レバー」だ。福岡市の担当者によれば、「中国の養鶏場で育った鶏肉を中国の加工工場で加熱・凍結させたものを、宮崎の会社で味付けして」いるという。
 食材の選定をする給食物資選定会の元関係者に尋ねると「えっ?」と声をあげた。
「鶏レバーは味付けが好評で、保護者からの問い合わせも多いんです。宮崎産と聞いていたのに。福岡市は基本的に地場産でまかない、難しいものは九州産か国産という方針ですから、中国産は緑豆春雨だけだと思っていました。ショックです」
 中国の土壌に多い重金属や有機塩素は、まず穀類や野菜などに吸収される。それを鶏に食べさせると、脂肪組織が多い解毒器官の肝臓で濃縮されていく。中国産の鶏肉は抗生物質が残留している点だけでも問題なのに、レバーはさらに重金属などで汚染されているのだ。そんな危険なものを平気で学校給食に使うとは、あまりにも能天気すぎる。
 静岡市は中国産食材の使用品目は福岡市のほぼ三分の一だが、キクラゲは「中華丼」「中華サラダ」に、緑豆春雨は「中華サラダ」「春雨スープ」にと、中華メニューの材料になることが多い。その中で意外なものがあった。あさりである。
 二年前の三月、静岡県で中国産あさりの水煮から、除草剤のプロメトリンが残留基準値(〇・〇一ppm)を超えて検出された。八宝菜などの材料として使われたというが、わかったときはすでに静岡市内の小中学生と教員一万八千四百人のお腹の中だった。その中国産あさりが今も使われていたのだ。担当者は「基準値を下回ったという報告を受けたので再開した」という。
 それにしても、新潟市や札幌市、それに仙台市でも中国産食材が使われているとは、ちょっと信じがたい。
 政令指定都市のほとんどが食料自給率一〇%以下のなか、新潟市はずば抜けて高く六三%(平成十七年)である。新潟県になるとほぼ一〇〇%だ。また、札幌市と仙台市は食料自給率は低いが、北海道全体では一九一%、宮城県全体では六九%と高い。輸入せずとも国産で十分食べていける地域である。
 それなのに、「価格を度外視すれば国産にできるが、なかなか難しい。春雨のスープなどをやめれば国産にできるかも……」(新潟市教育委員会)という声があがる。しかも札幌市は、中国産あさりを使って他県の郷土料理「深川めし」を出している。逆に仙台市は、郷土料理の「ずんだ」にまで中国産を使っていた。
 表の《代表的なメニュー》を見ると、不思議なことに中華メニューが多い。なにしろ堺市などは「中華献立を実施するため」に中国産食材を使っているほどだ。
 学校給食の栄養士として長年勤務した食育アドバイザーの宮島則子氏は言う。
「中華メニューは、肉・野菜をバランスよく摂取でき、加熱処理で食中毒のリスクが減るので好まれます。でも、学校給食は日本の食文化を継承することも大事な役割のはずです。
 以前、中国産しいたけを乾燥させて干ししいたけにする実験をしたことがありました。いつまで経っても乾燥せず、半生の状態のままなんです。こんなものを子どもが食べることの意味をよく考えるべきだと思います」
 食育とは、人の命や健康にとって食べ物がいかに大切かを教えることだ。同時に「食」はその地方の文化でもある。その文化を教えず、なぜ季節感のない中国産食材を使って、他県の郷土料理や中華料理を作るのだろうか。
 次号では、子どもたちの健康をあずかる学校給食でなぜ中国産を断てないのか、構造的な問題に切り込む。
(以下次号)
「週刊文春」2014年10月23日号
 

横浜市もダイエーみたいにやがて消滅してしまうのか?! 元ダイエー会長林文子さんは、横浜市をどう改革するのか?

 投稿者:tomocci  投稿日:2014年10月 7日(火)08時50分21秒
編集済
  横浜市もトップがもっと行政改革に本腰入れないとダイエーみたいな運命になるやもしれません。
空白の10年と呼ばれる頃にダイエー会長だった林文子さんは、どの様な経営改革をされていたのか、気になります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
元ダイエー会長、横浜市の待機児童ゼロに挑む
横浜市長 林文子氏に聞く
http://toyokeizai.net/articles/-/13399

横浜待機児童ゼロのカラクリ
「チェーン化した保育所の危険」
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/2748

ジャーナリストの猪熊弘子氏が話す。
「見逃せないのは、カウントされていない『隠れ待機児童』の存在です。国が定めた基準を満たす認可保育所に入れず、やむなく『認可外保育施設』に通う子供や、親が自宅で子供を見ながらネットで求職中のケースなどは数に入っていません。公表は実態とは大きくかけ離れています」

林文子横浜市長に聞く!
「もはや議論の段階ではありません。 日本を元気にするには、一つでも多く 『女性の活躍できる職場』を増やす事です」
http://www.seizando.co.jp/press/201301/

かつて売上高日本一…「ダイエー」18年消滅へ
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20140924-OYT1T50120.html

林文子さんは05年ダイエー代表取締役会長兼CEOに就任07年取締役副会長に就任。この頃からダイエーの収益が著しく低下。空白の10年と専門家に評価されている。

イオン、完全子会社化のダイエーは重い荷物or都市戦略の武器?影落とす「空白の10年」
Business Journal 2014/10/7 00:11 福井晋/フリーライター

流通業界から「ダイエー」の名が消えることになった。ダイエーといえばかつては流通の王者として戦後の流通革命をリードし、全盛時は米ハワイ・オアフ島メインストリートのアラモアナショッピングセンター、百貨店のプランタン銀座、コンビニエンスストアのローソン、プロ野球球団の福岡ダイエーホークス、さらにはクレジットカードのOMCカードやホテルと、100社以上の関連企業を傘下に収めた日本有数の巨大流通コングロマリットだった。

 その王者が昔日の面影を失ったのは、1990年代前半のバブル崩壊がきっかけ。高度経済成長期、店舗用地や流通関連企業を買い漁り、買収した用地や企業の資産価値上昇を見込んで借金を重ね、債務超過をものともせず拡大を重ねた。そのビジネスモデルがバブル崩壊で頓挫した。

 その後は3度にわたる金融機関による緊急支援に始まり、04年からは産業再生機構による本格的な経営再建が開始された。だが再建支援企業となったイオンと丸紅の共同再建体制(商品戦略は丸紅、店舗運営はイオン)も災いし、再建は遅々として進まなかった。その結果、ダイエーは今年12月26日付で上場を廃止、来年1月1日付でイオンの完全子会社(イオン100%出資)となり、屋号「ダイエー」の消滅も決まった。

 実際、ダイエーの業績はこの10年間、「空白の10年」といわれるほど低迷した。直近でも2期連続の営業赤字で、売上高は減る一方。今期も業績不振から立ち直れない。9月24日には15年2月期の売上高が8300億円から7870億円へ、営業損益が20億円の黒字から65億円の赤字へとの業績下方修正を発表。3期連続の営業赤字転落が確実となった。これにより、7期連続の最終赤字転落も確実視されている。

 流通業界担当の証券アナリストは「経営再建の失敗要因は3つに集約できる」と、次のように指摘する。

 1つ目は丸紅(商品供給側)とイオン(商品調達側)の共同再建という根本的な矛盾であり、抜本的な経営改革の阻害要因になった。2つ目は、それによる中途半端なリストラ。ダイエーの既存店は大半が老朽化しているが、「空白の10年」がネックとなり改装も改築もできず、客離れの遠因になった。そして3つ目は商品力。「安さ追求だけの商品政策しか実施できなかった結果、収益を上げられなかった。同時に商品的な魅力が何もないダイエーは、客に飽きられる店になった」(同アナリスト)

●既存店は商圏を限定し、食品スーパーへ業態転換

 イオンはダイエー再建の主導権を握るため昨年8月、それまで20%だった出資比率を44%に引き上げて同社を子会社化したが、再建に手を焼いた。業務効率化が計画通り進まず客離れが進み、既存店売上高は当初見込みを下回る状態が続いている。この状態に音を上げたイオンは「ダイエーを上場したままで経営再建をするのは困難と判断、上場廃止と完全子会社化を決めた」(流通業界関係者)という。

今回の措置を発表した9月24日の記者会見で、イオンの岡田元也社長は「今後のeコマース市場の成長と小売業の関係を考えると、ブランドが今のようにバラバラに分かれているのは徹底的な不利になる。イオンとしてブランドを整理する時期に来ている」と説明。業態転換によるダイエー再建方針を明らかにした。

 具体的には、ダイエーの商圏を同社既存店の90%が立地している首都圏と京阪神に限定。強みである食品を生かし、総合スーパーから食品スーパーへの業態転換を図る。首都圏と京阪神以外の既存店やダイエー子会社は再編する。例えば北海道で展開しているダイエーグループはイオン北海道とマックスバリュ北海道に統合し、九州のそれはイオン九州とマックスバリュ九州に再編する。

●大胆な改革か、茨の道か

 イオンのこの新しい再建方針について、株式市場関係者は概ね好意的だ。例えば大手証券関係者は「いつかはしなければならなかったイオンの決断。完全子会社化は以前も米ウォルマートが西友に実施して成功しており、不採算店を一掃するなどの大胆な改革に適している」と話す。

 一方、ダイエーの内情に詳しい業界関係者は「これでイオンは茨の道に入った」と心配する。業績低迷から抜け出せないのはイオンも同様だからだ。イオンの14年度第1四半期連結決算では、総合スーパー事業は38億円の赤字、食品スーパー事業は23億円の赤字だった。総合スーパー事業は衣食住を取り揃え、消費者にワンストップショッピングの場を提供するのが強みだが、近年は客を衣料品はファーストリテイリングなどの専門店チェーンに、住宅関連はニトリなどの専門店チェーンに奪われている。さらに食品でも総菜メニューを充実させたコンビニに、米・酒・菓子類など生鮮3品以外の重量やかさのある食品はネット通販に客を奪われている。

 この構図はライバルのセブン&アイ・ホールディングスのスーパー事業も変わらない。同社はコンビニ事業依存から抜け出せないでもがいている。スーパー業界全体が明るい未来を描けない状況に陥っているのだ。そんな状況下でのダイエー完全子会社化だが、「業態転換で本当にダイエーを再建できるのか」(業界関係者)と疑問の声も多い。

 それだけではない。完全子会社化により、ダイエーの営業赤字はすべてイオンの連結決算に跳ね返ってくる。ダイエーの赤字を止血できなければ、業績への負荷は飛躍的に高まる。  業界関係者は「ダイエーが従来にも増して重い荷物になるか、イオン都市戦略の強力兵器になるかは、岡田社長が大胆なスーパー事業改革の道筋を示せるかどうかにかかっている。それは、今春打ち上げた首都圏スーパー連合構想の成否とも直結している」と指摘する。

 いずれにしても、ダイエーの名は消えても消えないのがイオンの憂鬱だ。

────────────────────
 林 文子

 父親は築地の青果市場で仲買人をしていたが、
 小学5年の時に事業に失敗。
 元々働くことが好きだったこともあり、小学生から貿易事務所で
 お茶汲みのアルバイトをして家計を助け、
 中学・高校時代も休みになるとアルバイトに励んだ。
 65年に高校を卒業して東洋レーヨン(現・東レ)に入社。
 22歳で松下電器産業に転職したが同僚と婚約したため退社し、
 立石電機(現・オムロン)に転職した後結婚。
 結婚後は職場を転々としながら仕事を続けていたが、
 自動車を購入した時に出会ったセールスマンに影響を受け、
 77年にホンダの量販店に入社。
 当時まだ珍しかった女性セールスとなると、
 以後1日100軒を目標にした積極的な訪問と
 丁寧な接客で販売を伸ばし、トップセールスを達成した。
 営業所長も務めたが過労で身体を壊したため
 87年にビー・エム・ダブリューに転職。
 ここでもトップセールスを達成して93年には同社初の女性支店長に就任。
 新宿支店、中央支店で支店長を務めて業績を大きく伸ばしたが、
 ヘッドハンティングされて99年にファーレン東京
 (現・フォルクスワーゲン東京)代表取締役社長に就任。
 4年間で売り上げを倍増させた後、03年にBMWに復帰し
、ビー・エム・ダブリュー東京代表取締役社長に就任した。
 05年5月、今度は経営再建中の大手スーパー、
 ダイエーの代表取締役会長兼CEOに就任。
 社長兼COOに就任した樋口泰行とともにスーパー未経験の
 二人で再建を目指し、自らCMにも出演。
 06年10月に樋口が退任して西見徹が社長に就任すると、
 同時にCEO、COO制度が廃止されたため会長専任となり、
 07年5月には代表権を持たない副会長に就任。
 08年2月には「消費者行政推進会議」のメンバーに選ばれた。
 なお同年に放送されたNHKのドラマ【 トップセールス 】は
 林の半生を参考にして制作されたものだと言う。
 08年3月にダイエー副会長を退任、
 5月に日産自動車執行役員に就任すると6月に
 執行役員を退任して東京日産自動車販売代表取締役社長、
 並びに東日カーライフグループ取締役会長に就任した。
 09年4月には東京日産社長執行役員となったが、
 同年8月、東京日産社長及び東日会長を辞任。
 中田(鄭)宏市長の辞任に伴う横浜市長選に無所属
 (民主党推薦、国民新党支持)で立候補し、当選。
 同市初の女性市長となった。

─────────────────────
事務所経費がかなり怪しい

林文子 後援会一覧表(収支報告書参考)

http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/1856.pdf(平成21年度)

http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/9400/H231129/0238kanri_yo/08_7991.pdf(平成22年度)

http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/9400/H241127/0238kanri_yo/10_7991.pdf(平成23年度)

 資金管理団体 横浜に愛の風を・市民の会 代表者:林文子 会計責任者:山口理香

 横浜市中区弁天通4-53-2 ?045-228-9780


http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/9400/H231129/0338sonota_yo/25_8173.pdf(平成22年度)

 横浜に愛の風を 代表者:山口理香 会計責任者:安楽淳子

 横浜市中区弁天通4-53-2 ?045-228―9780

 事務所費等経常経費:67,620円

http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/9400/H241127/0338sonota_yo/26_8173.pdf(平成23年度)

 23年度事務所費等の経常経費ゼロ

http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/9400/H241127/0326sonota_ha/24_8536.pdf(平成23年度)

 林文子さんを応援する市民の会 代表者:岩崎幸雄 会計責任者:岩倉憲男

 横浜市中区弁天通4-53-2 ?045-228-9780

 23年度事務所費等の経常経費ゼロ


http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/9400/H241127/0326sonota_ha/25_8548.pdf(平成23年度)

 林文子さんを囲む異業種人の会 代表者:宝田博士 会計責任者:岩倉憲男

 横浜市中区弁天通4-53-2 ?045-228―9780

 23年度事務所費等の経常経費ゼロ

http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/1632.pdf(21年度)

平成22年度分 検索不能

http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/9400/H241127/0326sonota_ha/27_8001.pdf(23年度)

 林文子と新しい横浜を創る会 代表者:八代比呂美 会計責任者:三枝雅樹

 横浜市中区弁天通4-53-2 ?045-228-9780

 事務所費等の経常経費ゼロ


http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/9400/H241127/0326sonota_ha/26_8528.pdf(平成23年度)

 林市長を激励するセントラルベイ有志会 代表者:林
リン
兼正 会計責任者:陳祐國

 横浜市中区山下町156番地 株式会社萬珍楼本社内 ?045-664-4000

 代表者も会計責任者も中国人、事務所費等の経常経費:9,716円


http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/9400/H231129/0301sonota_a/46_8137.pdf(平成22年度)

 あやの会 代表者:山岸久美 会計責任者:石河世津子

 横浜市神奈川区栄町17-4

 コーポレートヨコハマポートサイド507号室 ?045-451-5530

 事務所費等経常経費:26,737円

http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/9400/H241127/0301sonota_a/49_8137.pdf(平成23年度)

 あやの会 代表者:山岸久美 会計責任者:石河世津子

 横浜市中区弁天通4-53-2 ?045-641-6650

 事務所費等経常経費:44,809円


http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/121130/2432600009.pdf(平成23年度)

 YOKOHAMA21ふみの会 代表者:安楽淳子 会計責任者:小菅尚志

 東京都港区三田2-10-6 ?03-5476-8011

 家賃を含む経常経費ゼロ

参考

http://30min.jp/place/929683

 横浜市中区翁町1-30-10

 有限会社友兼商事  045―641-6650

http://www.agcompany.com/annai/ag_company.htm

 東京都港区三田2-10-6

 エージー株式会社 代表取締役:安楽淳子


http://www.iwasaki.ac.jp/about.html

 横浜市神奈川区鶴屋町2-17

 学校法人岩崎学園 理事長 岩崎幸雄

 http://hoiku.iwasaki.ac.jp/kosodate/isyh/index.html

(岩崎学園新横浜保育園 平成22年4月1日開園)

 http://hoiku.iwasaki.ac.jp/nursery/outline.html

(岩崎学園東戸塚保育園 平成19年4月1日開園)
 
 

広島東洋カープのマエケンこと、前田健太投手が離婚間近と言う情報

 投稿者:tomocci  投稿日:2014年10月 6日(月)21時10分8秒
編集済
  広島東洋カープのマエケンこと、前田健太投手が離婚間近と言う情報が出て来た。
原因は、妻のフリーアナウンサーの成嶋早穂のでしゃばりぷりに嫌気が差したとの事。
メジャー進出へほぼ動くとの推測もあり、動向が注目されている。


【フライデー2011年2月25日】
相原ななが広島・前田健太投手とスキャンダル
http://matome.naver.jp/m/odai/2131761242532936001/2131761413732955503

■前田健太投手と“お泊り愛”の相原なな 「本気でした」 「エロ写メお願いされた」

広島カープの若きエース、"マエケン"こと前田健太投手(23)との密会が報じられた
タレントの相原なな(23)が3日、本紙の直撃に衝撃告白した。(種井一司)

先月25日発売の写真週刊誌「フライデー」(講談社)で発覚した前田と相原の"お泊り愛"。
互いに独身だけに、堂々の交際宣言が飛び出すかと思いきや…マエケンのブログを発端に
騒動は一気に泥沼化した。3日、本紙は渦中の相原を直撃すべく都内の所属事務所を
張り続けた。待つこと3時間…帽子にマスク姿の相原が現れた。取材を申し込むと、相原は
一瞬ためらいの表情を見せたものの、「ここではちょっとまずいので…」と本紙記者を事務所に
招き入れ、インタビューに応じた。

――やつれた印象だが
相原 今回の報道がショックで4kgやせました。食べても吐いちゃう毎日で。病院に行って胃の
薬と睡眠薬を処方してもらっています。今は人を信じることができません。

――原因は前田投手との一連の騒動にあると
相原 はい。凄くショックでした。彼のブログを見て初めて本命の彼女がいることを知りました。
何より彼女への釈明をわざわざ大勢の人が見るブログで書く必要ありますか?彼女に対する
罪滅ぼしなのかもしれませんが、私にとっては公の場で"二股宣言"されたようなものですよ。

――彼とのなれそめは
相原 昨年の冬に知人の紹介で知り合いましたが、実は2人で会ったのは写真に撮られた
あの日だけなんです。それまでは携帯のメールでやりとりしていました。1日に50回メールした
こともあります。

――メールの内容は
とにかく彼のメールは絵文字が多くて。よく「会いたい?」というメールが来ましたね。
何度か写メールも送ったことがあって「エロいやつ?」とお願いされ、たまたま番組で
着ていたバニーガールの写メを送ったこともあります。彼は「ヤバイ?」と喜んでました。

――直接会った印象は
相原 手を繋いだり、腕を組んだり、キスもしましたし、ホテルも…「彼女はいない」と言っていたし、
その時は告白されませんでしたけど、いずれ付き合えればいいなあと心から思いました。彼も
「次は東京で」と言ってくれましたし…。

――それがフライデーされてどう変わった
相原 フライデーの発売前日、24日の朝7時に彼から電話があって「載るん?」と聞かれました。
その時は何のことかわからなかったけど、3時間後に事務所から電話があり今回のことを
知りました。パニックになりました。

――彼の対応は
相原 お互いに写真を見ていないので、彼は最初「皆で飲み会していたことにしよう」と提案して
きました。でも、その後ツーショット写真があることがわかり…私的にはそれを機に彼に
「付き合おう」と言ってほしかった。でも彼は逆に「絶対、真剣交際って言うたらアカンで!」って。

――直後に彼が問題のブログをアップした
相原 そうです。私に何の告知もなしに、いきなり「大切な人を――」というブログをアップしたんです。
その時、初めて彼に本命の彼女がいることを知りました。彼にすぐに「削除して」と言いましたが
「無理だ」と。ショックでした。その後は彼に連絡しても折り返しは来なくなりました。

――前田選手には何を言いたい
相原 とにかく本人の口から直接謝ってもらいたい。ブログで二股宣言された私の気持ちも考えて
ほしい。今にして思えば交通費も彼は「出したる」と言いながら、結局出してくれなかったし
(ここでようやく笑み)。ホテルの予約もホテル代も全部私持ち。別にどうでもいいんですけどね。
今にして思えば。やっぱりそういうことだったのかなあって。彼から奢ってもらったのは150円くらいの
ミネラルウォーターだけです。

2011年3月4日発行 東京スポーツ一面より
 

/8