teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:9/1749 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

第29回椎の実会例会のご報告

 投稿者:石橋健正  投稿日:2018年 7月11日(水)01時00分1秒
  通報 返信・引用
  西日本各地に記録的な大雨災害を齎した台風7号が去り、再び強い日差しを取り戻した真夏日、31名の仲間が三田の萬来舎に集いました。久方ぶりに根橋会友がお見えになり、ひと言ご挨拶の後、川又邦雄さんを始め、希望者との指導碁を打って頂きました。加えて今回は4名の女性が参加。顔ぶれは宮武悦子さん(成島真さんのご紹介)、佐護博子さん、鈴木順子さん(共に尾関和子さんの紹介)、中條京子さん(中條満さんの奥様)。共にそれぞれのルートで研鑽を積まれた筋金入りの腕前。質の高い女性陣の参加で夏休み前の例会は華やぎと快い緊張感に包まれました(対戦結果につきましてはどうぞ直接お伺いになってください)。
さて、今回は忽那(くつな)滋一郎さん(59年経卒。中等部3回生)をご紹介しましょう。手入れの利いた白髪、こんがり焼けた肌、スリムな体躯、見るからに若々しい。それこそ青春の日々を体育会水泳部で練習に明け暮れた賜物。「水泳部では遠泳、日本泳法チームに属し、ホームグラウンドは葉山でしたが、シーズンオフは三田の25メートルプールで震えながら泳ぎました(昭和30年代当時、競泳チームは他の競泳用プールを借りていた。早稲田には競泳チームがなく、慶早水上大会は専ら日本泳法の模擬競技が行われた)。春から夏のシーズンを迎え、春は3月頃から伊豆あるいは蓼科の温水プールで約1週間、7月下旬の夏休みは葉山の海で泳法、遠泳を1ヶ月、合宿しました。遠泳は船の櫓を海に入れることから始めます(遠泳に船は不可欠)。ですから舟艇の合宿も兼ねていました。最終日は必ず葉山・江の島間10マイルの遠泳でした。早いのは3時間、遅いのは7時間ぐらいかかりましたでしょうか。ともかく毎年完泳しました。こうした苦楽を共にした仲間とは今も飲み会を続けていますが、掛け替えのない財産ですね。週2回1キロぐらいは泳いでいます」と。囲碁について伺うと「大学入学前に友人から教わりましたが、コテンパンにやられ、地元の碁会所に通うようになり、7~8級ぐらいにはなったでしょうか。ところがその後商社勤めで、落ち着いて勉強する暇はありませんでした。ロスアンジェルス、デュッセルドルフ、香港、ジャカルタとそれこそ目まぐるしい日々を送りました。そこで工夫したのが、ポケットに忍ばせた囲碁の本。フライトやホテル滞在の合間を見つけては、考え込んでいました。今皆さんと何とかお付き合いできるのも当時の独学の賜物かな、と思っています。それと人の打っている碁を見るのが好きですね。一緒に考えるのが楽しい」と。
趣味をあと二つ。まずは釣り。勤務先の仲間と釣り同好会を作り、毎月一回のペースで始まった。専ら海釣り、漁場は三浦半島、鹿島沖。釣果の自慢は70センチ、4キロのヒラメを釣り上げたこと、量では黒鯛4匹、タコ1杯。釣れるのはこよなくうれしいが結構捌くのが大変のよう。もう一つは登山。日本山岳学会会員を中心に初心者クラスが10数名集まり、山梨、群馬、長野あたりの2000メートル級を目指す。ただし1000メートルあたりまでは車とか。楽しみは専ら帰りのマイクロバスの宴会にあるらしい。水泳も今や欠かせない趣味。加えて囲碁、釣り、登山といずれも友との交流抜きには語れない。忽那さんの真骨頂ですね。
さて、忽那という姓の由来を尋ねると即「先祖は伊予水軍でしてね、地元(愛媛)には40代目の当主が現存します。地元には結構忽那姓がおりましてね、ごく自然に『くつな』と呼び合っていますよ」と。
伊予水軍の末裔ですか。納得ですね。迷うことなく水泳部に入り、水と親しみ、海に遊ぶ。忽那さんの身体には伊予水軍の血が連綿と脈打っているんですね。

さて、8月はお休み(夏休み)です。9月の例会は11日(火)ですが、第2回大会を予定しております。また別途ご案内を差し上げますので、お繰り合わせの上、多数のご参加をお待ちしております。
では、暑さに負けず、大いに英気を養い、元気に再会いたしましょう。
 
 
》記事一覧表示

新着順:9/1749 《前のページ | 次のページ》
/1749