新着順:47/636 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

中澤佑二もSOS 横浜F・マリノスの新たな練習場は劣悪な環境

 投稿者:東京新報  投稿日:2017年 9月 8日(金)04時36分54秒
  通報 編集済
  新横浜公園のグランドが横浜Fマリノスに専有されて困っていると
地元のサッカークラブから相談が寄せられました。
現在、賃料や横浜市との契約関係を調査していますが、かなり杜撰な内容みたいです。
みなとみらいを閉鎖する時に代替地の用意を怠った横浜市やマリノス側にも問題があります。
横浜政財界のF会長にケンカを売るような行動をしたマリノスのK元社長にも責任があります。
泉区の自宅周辺で充電が面倒で走行距離も弱い日産リーフ乗り回している場合では無いのでは?

マリノスの内部崩壊問題






中澤佑二もSOS 横浜F・マリノスの新たな練習場は劣悪な環境
http://news.livedoor.com/article/detail/11101106/


 横浜F・マリノスは、今季から約8年使用したマリノスタウンを離れ、練習場を新横浜公園内の施設に移した。マリノスタウンは、岡田武史元監督(元日本代表監督)の提案で、スペインのバルセロナFCのクラブハウスを参考にしており、日本一といわれるサッカー練習場を中心としたスポーツ施設だった。地元住民からも好評で、新たなファン獲得にも一役買っていたのだが、それだけの施設だけに維持費も年間6億円を超え、スポンサーに頼らない経営体制を目指すマリノスは、昨年の5月に移転を発表していた。しかし今、その新しい移転先があまりにもショボすぎると話題になっている。

「中澤佑二選手のブログに、クラブハウスの休憩所のソファで仮眠をとる選手たちの画像がアップされました。たびたび練習環境の改善を訴えている中澤選手ですが、『こんなところで昼寝してもいいんですか!? いい~んです``σ( ̄^` ̄;)』と、今回は冗談を交えつつの、クラブに対しての訴えになりますね。その10分前のブログには、バランスボールなどの練習器具が散らばった中で選手たちが横たわる画像もアップされています。ファンは『かわいそう! これじゃ疲れとれないよ!』『天井低いね。マリノスタウンは綺麗だったなぁ』『歌舞伎町のサウナみたい』と、名門クラブの実情に悲しさを覚えているみたいです」(スポーツライター)

 環境レベルが下がったのは、クラブハウスだけではない。新しい練習場の“日産フィールド小机”は、名前からするとマリノスの持ち物のようだが、実際は使用料を払えば誰でも使える市の公共施設だ。もちろん、グラウンドの状態も決して良好とはいえない。

「パッと見ではそう悪いようには見えないんですが、グラウンドは1面しかありません。フェンスは約2メートルで簡単に越えられそうですし、ナイター施設もなく、使用時間の制限もあるんです。さらには、もともとは遊水池の機能を持った公園なので、台風の時期になると水没することもあります。せっかくの天然芝が台無しですよね。レストラン、カフェ、コンビニ、4面グラウンド、練習場にして2,000席を超える観戦スタンドがあったマリノスタウンから比べたら、どうしてもファンは不安になってしまいますよね」(同スポーツライター)

 水没などコンディション最悪の場合、回数が限られているとはいえ、日産スタジアムを使うこともできる。1面しかグラウンドがないクラブも、Jリーグにはほかにもある。いくら名門とはいえ、まだまだプロ野球人気に差をつけられているJリーグだ。

 今まで贅沢をしてきたF・マリノスの決断は、来シーズンどのような結果を招くだろうか。
 
》記事一覧表示

新着順:47/636 《前のページ | 次のページ》
/636