新着順:4/628 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

殺人看護師久保木愛弓・日本史上最悪の大量殺人か

 投稿者:東京新報  投稿日:2018年 7月11日(水)09時17分4秒
  通報 編集済
  横浜市の行政による医療法人管理能力は大丈夫なのか?

医療機関の不自然な死亡事案になぜ、気付かなかったのか?

今の教育長鯉渕信也は健康福祉局長時代に在日韓国人三世横浜市議の社会福祉法人Mを優遇したとの事。

それを裏付ける様に社会福祉法人Mへの監査も杜撰なのが納得出来ます。

役人の議員優先で物事を動かし、市民への対応は後回しする横浜市の体質はいつまでも変わらないのでしょうね。

在日韓国人三世横浜市議には最近、暴行傷害で被害届が出ているそうで・・・。


殺人看護師久保木愛弓・日本史上最悪の大量殺人か
激裏GATE PRESS

 横浜・大口病院での連続不審死。
 病床数は85という規模にも関わらず
 2016年7月から9月末までに48人、
 1日4~5人というハイペースで死亡。

 多い日は1日8人、4階の患者ばかりが
 亡くなっていたが事件が明らかになった
 9月23日以降はぴたっと死亡患者が減っており
 内部犯行が濃厚といわれていたが
 勤務していた看護師久保木愛弓が逮捕。


 4階の17床の死亡数

 2016年7月
 1週目 4人死亡
 2週目 4人死亡
 3周目 4人死亡
 4週目 4人死亡

 2016年8月
 1週目 4人死亡
 2週目 4人死亡
 3周目 4人死亡
 4週目 4人死亡
 5週目 2人死亡

 2016年9月
 1週目 4人死亡
 2週目 4人死亡
 3周目 4人死亡
 4週目 4人死亡
 5週目 0人死亡


 患者が自分の担当の時間に死なないように、
 担当交代する直前に毒入れて死ぬタイミングを調整。
 20人以上殺したと自供しているが、実数は
 さらに増えると思われる。日本最狂のサイコパス、
 事件の究明が急がれる。



 
》記事一覧表示

新着順:4/628 《前のページ | 次のページ》
/628