新着順:7/636 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

日本ボクシング連盟の山根明会長も在日韓国人

 投稿者:東京新報  投稿日:2018年 8月 4日(土)19時58分25秒
  通報 編集済
  日本ボクシング連盟の山根明会長も在日韓国人

山根会長についての1980年の官報
 住所 大阪市淀川区十三東四丁目七番二号
 文甲明(山根明、文沢明)
 昭和十四年十月十二日生

 1989年の団体名鑑によれば、この住所の「山根明様方」が
 「奈良県アマチュアボクシング連盟」の連絡先
 「会長: 岩城孝侑、理事長: 山根明」

 奈良県連会長の後任でもある息子の山根昌守氏も
 同時に帰化している記録があるという。
 文昌守(山根昌守、文沢昌守、金昌守)昭和三十九年九月二十七日生


2018.07.31の記事では



日本ボクシングを率いるのは在日同胞出身である山根明会長(79)だ。



1990年代に日本ボクシング連盟賞罰委員長を務めるなど
日本ボクシングに大きな影響力を発揮してきた山根会長は、釜山に兄弟がいる。



世界チャンピオンを育成するエリートボクシングと生活体育の底辺拡大に貢献し
日本ボクシングを一次元引き上げたという評価を受けている。



最近、オリンピックとユースオリンピックで日本男女選手が表彰台に上がる姿を
よく見ることができる。



特に2011年から男女国家代表チームを率いて韓国で転地訓練を行い
韓日ボクシングパートナーの道を取りまとめてきた。



生活状況の良くない韓国ボクサーが小銭を集めて日本に転地訓練に来れ
食事と寝床を用意するなど子供のように扱った。

引用:http://specificasia.blog.jp/archives/1071838769.html


在日韓国人三世横浜市会議員もヤ◯ザみたいな事件起こしてましたね。

https://9321.teacup.com/sinpo/bbs/2642




 
》記事一覧表示

新着順:7/636 《前のページ | 次のページ》
/636