新着順:8/636 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

サンデー毎日 2018・9・9「カジノは街を滅ぼす!」

 投稿者:東京新報  投稿日:2018年 8月27日(月)07時31分53秒
  通報 編集済
  横浜市はコンテンツもバリューも山ほどあるのでカジノは不要です。

カジノは地方でキラーコンテンツが無い地域に設置すべきであり、
政府も地方活性化の為にもっと深く国民に理解を得られる様にすべきである。

砂漠の真ん中のラスベガスや、外貨獲得の手段が他に無かったマカオとは横浜市は違い、他の手法があります。

田中康夫公式サイト/「不毛なカジノ是非論争を超えて」まとめサイト
http://tanakayasuo.me/mice

=========================================

サンデー毎日 2018・9・9「カジノは街を滅ぼす!」

横浜港運協会の藤木幸夫会長は昨年来、「カジノは街を潰す」と警鐘を鳴らし続けています。
7月18日には協会主催の公開講演会を開催し、「山下ふ頭開発基本計画」で
横浜市が謳う「ハーバーリゾートの形成」にカジノは不要と高らかに宣言。

記事全文
http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2018/08/4f0a426ff3f4d0532d27a42cd27d20a1-1.pdf

============================================



横浜市長、観光成長の観点も「IRの判断材料」
http://www.tomocci.com/hayashifumiko.html
産経新聞  8/24(金) 7:55

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)に参入する意欲のある事業者に対して、計画案などの情報提供を依頼している横浜市の林文子市長は記者会見で「ご提供いただいた情報は報告書にまとめ、IRの判断材料の一つとする。とても重要」との見解を示した。

 事業者から提供される情報で重視する点について、林市長は「これから経済成長していくためには観光、文化芸術」とし、「いろんな形で観光というものを成長させていきたいと考えているので、そういう観点からも見ていく」と述べた。

 林市長は、改めてIR誘致は「白紙の状態」としたうえで、「極めて冷静に捉えていきたい」と強調した。



 
》記事一覧表示

新着順:8/636 《前のページ | 次のページ》
/636