新着順:131/767 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「危機感足りなかった」 研修医20人で会食 横浜市立市民病院で研修医の感染2人目

 投稿者:東京新報  投稿日:2020年 4月 6日(月)18時56分59秒
  通報 編集済
  磯子区の在日韓国人三世横浜市議が反社と密接交際する横浜市だから
研修医のレベルもこの程度。

コロナウィルス対策で必至に努力している医療関係者や
日常的に生命維持の為に活躍する透析病院のスタッフや
消防局員や横浜市役所の現場職員がこれでは報われない。
緊急時に市民の為に、現実的に行動し、
活動する議員や役人をきちんと見定める事も大切。

反日極左セクト議員や、意味のない内容で
市民を不安に貶める在日韓国人三世議員、
市民対応を軽視する役人などにも注視すべき。


「危機感足りなかった」 研修医20人で会食、5人でカラオケ5時間… 横浜市立市民病院で研修医の感染2人目
4/4(土) 21:30配信 カナロコ by 神奈川新聞
「危機感足りなかった」 研修医20人で会食、5人でカラオケ5時間… 横浜市立市民病院で研修医の感染2人目
横浜市立市民病院(資料写真)

 横浜市立市民病院(同市保土ケ谷区)で、新たに20代男性研修医の新型コロナウイルス感染が明らかになった。同病院関係者の感染は2人目。感染経路は3月下旬に同僚の研修医20人で開いた会食とみられ、その場には1人目の感染者の20代女性も含まれていた。

【写真】従業員感染で一時休業 イオンスタイル東戸塚

 同病院は感染症指定医療機関の一つで、新型ウイルス感染者らを受け入れる立場。市役所での会見で同病院幹部は「危機感が足りていなかった」と陳謝した。

 市によると、20人の会食があったのは3月27日。前日の26日には、黒岩祐治知事が夜間を含む週末の外出を自粛するよう県民に緊急メッセージを発していた。

 男性研修医は27日の前後にも、同病院の医師や研修医、放射線技師、看護師と計4回にわたり会食やカラオケに参加。研修医5人でのカラオケは5~6時間に及んだという。病院は会食などへの参加について明確に禁じていなかった。

 感染が判明した研修医2人の濃厚接触者は、現在も同病院に勤務する医師や研修医らだけで30人以上という。いずれも検査結果は陰性だったが、自宅で経過観察中。同病院の医療体制について、幹部は「大きな影響はない」としている。

神奈川新聞社

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200404-00000011-kana-l14



 
》記事一覧表示

新着順:131/767 《前のページ | 次のページ》
/767