新着順:88/767 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

【藤代哲夫市議と懇談しました】横浜にも中学校給食があったら「いいね!」の会

 投稿者:東京新報  投稿日:2020年 8月19日(水)10時49分11秒
  通報
  中学校完全給食に向けた前向きな発想が横浜の未来を拓きます。

ハマ弁は、完全給食への過程に過ぎないですから。

最低限、子供に安心して食べさせられる食材を!
安かろう悪かろうと言う考えは排除して頂きたい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

藤代哲夫市議と懇談しました
http://9syoku045.blogspot.com/2020/08/blog-post_18.html?m=1


8月16日、市会こども青少年・教育委員会副委員長の藤代哲夫市議(自民党)と懇談しました。デリバリー給食はスタートで「今後課題を整理し発展させたい」とのお話を伺えました!

藤代市議は「食育は一番大事」とのこと。給食、家庭弁当、業者弁当などから何を食べるか生徒自身が選ぶ事も食育との話でしたが、会からは「選択できない環境の子もいる。等しく学ぶ環境が必要」と全員制給食の良さをお伝えしました。

会からは、世田谷区と足立区では中学校から中学校に給食を運ぶ「兄弟方式」が実施されていると紹介。藤代市議はメモを取り、「調べてみます。親子(小→中)や兄弟の調査も進めたら良いと思う」とのこと!よりよい給食へと発展させるために頑張って欲しいなと思います。

他に会からは、中学校に栄養教諭を配置すること、中学校建て替え時に給食室を盛り込むことなどの検討をお願いしました。いずれも丁寧にお話を聞いてもらえて嬉しかったです。

 
》記事一覧表示

新着順:88/767 《前のページ | 次のページ》
/767