新着順:15/755 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

コロナ渦でも横浜市はカジノ募集開始

 投稿者:東京新報  投稿日:2021年 1月15日(金)10時09分2秒
  通報 編集済
  横浜市がいよいよカジノ事業者募集開始。
在日韓国人三世横浜市議太田正孝が反対しても必ずやるカジノ。
マカオやラスベガスみたいになるとダマスコミは煽るが
規模からしても、そこまでの懸念は不要と思われます。
むしろ、パチンコや競馬狂いの中毒者の方が酷い現状がありますから。

コロナ渦で窮地に立たされついる企業等に、もっと実効性の高い、政策を打つべきだと思います。

飲食店などには、テイクアウトでもある程度やっていける仕組み作りやコロナ渦だからこそ、
横浜の味を全国に広める施策などを実施して欲しい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


横浜市のIR誘致 事業者公募を1月中開始へ
テレビ神奈川


横浜市が、カジノを含む統合型リゾート=IRの運営事業者の公募を、1月中に始める見通しであることが、複数の関係者への取材で分かりました。

横浜市のIR誘致をめぐっては、反対する市民団体が住民投票を行うための条例制定を求め、署名を集めて直接請求を行いましたが、1月8日の市議会本会議で、自民・公明会派の反対多数で否決されました。

これを受け市は事業者を公募する手続きを進めていて、複数の関係者によりますと、来週以降、遅くとも1月中には公募を始める見通しだということです。

これまでに横浜市で参入に前向きな意思を示していた事業者は、「ウィン・リゾーツ」「ギャラクシーエンターテインメント」「ゲンティン・シンガポール」「SHOTOKU」「セガサミーホールディングス」「メルコリゾーツ&エンターテインメント」の6社です。

事業者の選定にあたっては、公募で正式に提案された事業内容を、有識者による選定委員会が審議し、最終的には市が決定することになります。

tvkニュース

最終更新:1/14(木) 18:38

 
》記事一覧表示

新着順:15/755 《前のページ | 次のページ》
/755