新着順:18/796 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

強要罪で告発された横浜市・山中市長に対するパワハラ規定存在せず

 投稿者:東京新報  投稿日:2021年10月 9日(土)22時11分55秒
  通報 編集済
  強要罪で告発された横浜市・山中市長に対するパワハラ規定存在せず
https://sakisiru.jp/11722






横浜市役所の総務局長によると、横浜市には市役所職員に向けたハラスメント防止策は実施されているものの、市長がパワハラをした場合については規定がないという。局長は「市長は市民の皆様の付託を受け選挙により選出をされた自治体の長である。ハラスメントの行為者として責任を問い処分する規定は市役所内部にはない」と説明した。市長が職員にパラハラをすることは想定されておらず、パワハラをしても何も処分されないということだ。つまり、山中市長がいつでも“パワハラができる状態”に置かれている。

また横浜市立大学理事長に対して、任命権を持っていることも明らかにされた。言い換えれば、山中市長は現職の理事長が気に入らなければ、クビにできるということだ。
 
》記事一覧表示

新着順:18/796 《前のページ | 次のページ》
/796